ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> 【医師監修】プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

【医師監修】プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで


カテゴリ
医師監修の画像

西垣 匠 医師

AGAスキンクリニック アイランドタワー院長

Profile

2009年3月、大阪医科大学卒。同4月 順天堂大学附属順天堂医院にて臨床研修開始。2011年4月、同病院麻酔科勤務開始、2012年3月に退職。2013年3月よりAGAスキンクリニックでの勤務を経て、2016年2月、AGAスキンクリニック新宿アイランドタワー院の院長を務める。

ミノキシジルとは

もともとは高血圧の治療のための血管拡張剤、血圧降下剤として開発され、臨床試験によって発毛効果が認められました。

毛の成長期を延長させ、休止期を短縮することで、増毛を促します

頭皮に塗布するタイプ、内服するタイプがあります。

頭皮に塗布するタイプの外用剤は、CMでも有名なリアップなど、ドラッグストアでも購入できる商品もあります 。

いずれも、厚生労働所やFDA(米国食品医薬品局)を始め、多くの国々で認可を受けている信頼性の高い治療薬です。

参考:ミノキシジルの内服薬ミノタブとは?

ミノキシジルは、頭皮の血行や毛母細胞の働きを促進することで、髪の成長を早めるという効果があります。

AGA治療で有名なプロペシアは、あくまで脱毛作用を抑制する効果しかないので、発毛という観点においては、ミノキシジルが必要となります。

ミノキシジルの費用は、どこで買うか(クリニックで処方してもらうか、市販で買うか)によって変わってきます。

それぞれのメリットと一緒に価格を見ていきましょう。

クリニックでミノキシジルが処方される場合、内服薬と外用薬を選べるというメリットがあります。

市販の場合、大正製薬のリアップやアンファーのメディカルミノキ5がありますが、どちらも頭皮に直接塗布する外用薬です。

また、クリニックの先生とミノキシジルの濃度や副作用についてなど、相談できるため、安心して使用することができます。

■厳選AGA調べ■
地域 クリニック名 価格/1カ月
全国展開 AGAスキンクリニック 14,000円~
東京 新宿メディカルクリニック 5,500円
遠隔処方OK AGAヘアクリニック 10,000円

市販で購入するメリットとしては、通院する手間が省けることと、費用を抑えやすくなることです。

病院に通院するとなると、月に1〜2度病院へ行かなければなりません。

また、病院の料金体系にもよりますが、診察料がかかったり、他の薬の費用もかかることがあり、意外と高くなることがあるのです。

メディカルミノキ5なら、ネットで簡単に購入可能ですし、クリニックで処方される薬と同等の効果があります。

リアップもメディカルミノキ5も1本だいたい7,000円程度で購入が可能です。

■厳選AGA調べ■
商品 コース 値段
リアップX5 単品 7,612円
メディカルミノキ5 単品 7,800円
3本セット 21,060円(1本:7,020円)
4本セット 27,000円(1本:6,750円)

参考:リアップの詳細記事はこちら

ミノキシジルとプロペシアの違い

AGA_美人の髪型の画像

ミノキシジルとプロペシアという2つの治療薬。

薄毛に対抗するという目的は同じですが、効果やアプローチは全く違います。

特徴や作用をしっかりと理解し、より自分に適した対策を選びましょう。

有効成分のフィナステリドが配合された、服用するタイプの薬です。

AGAを発症する最大の原因とも言われる男性ホルモンの一種DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制してくれます。

薄毛の『原因』に直接働きかけ、薄毛の進行スピードを遅くするための治療薬です 。

ミノキシジルとプロペシアの併用はできるか

AGA_悩みの画像

結論から言いますと、併用可能です。

逆に日本皮膚科学会は、ミノキシジルとプロペシアの併用を強く推奨しています。

薄毛で気になりだしたら、医師に相談してみてください。

前述しましたが、プロペシアは、薄毛の進行を抑制する薬、ミノキシジルは、髪を生やす発毛薬です。

この両方を使うことで、薄毛を抑えながら同時に髪を増やすことができ、効率がよくなるのです。

どんな人におすすめか

見て分かるほどに頭髪が薄くなってしまった方や、いわゆる薄毛の状態までAGAが進行してしまった方には、プロペシアにミノキシジルを併用した対策をおすすめします。

もちろん、医薬品に副作用が出る場合があるので、注意は必要ですが、新しく髪を生やすにはミノキシジルを併用したほうが効果が得られることが多いでしょう。

AGA治療用ミノキシジルには、1~15%ほど有効成分ミノキシジルが含まれています。

この成分は、頭皮のかぶれや痒みといった副作用を引き起こす可能性があるので、肌が弱い方は特に医師に相談するようにしましょう。

ちょっと抜け毛の量やボリュームが気になり始めた、部分的に薄毛が心配…。

でも、ミノキシジルやプロペシアは副作用があるから、少し不安…。

そのような方はまずはクリニックに相談しに行きましょう。

インターネットで情報を調べ、不安になるくらいなら病院の先生に聞いてみるのが一番なのではないでしょうか。

それでも不安な方には育毛剤という選択肢もあるかもしれません。

服用から効果が出始めるまでの期間

AGA_カレンダーの画像

薄毛対策をスタートさせて一番気になるのが、『いつ頃効果が現れるのか?』という点ですよね。

特に脱毛が進行している場合は、早く効果を実感したい!という思いでいっぱいだと思います。

ちなみにプロペシアは、メーカとしては3ヶ月以上の継続使用を推奨していますが、実際に3ヶ月で劇的な効果があるケースは少ないようです。

半年ほどで効果が出ることが多いようです。

一方でミノキシジルはと言いますと、同じくこちらも最低3~4ヶ月は見込んでください。

すぐに効果が無いと判断して、継続を中止してしまわないことが肝心です。

初期脱毛について

また、個人差がありますが、ミノキシジルを始めて1ヶ月程度は髪が抜ける現象が起こります。

これは初期脱毛と言って乱れたヘアサイクルが正常に戻りかけている証拠でもあります。

ここで止めてしまっては元も子もありません。

ミノキシジルもプロペシアと同様に、根気強く使い続けることが必要です。

このようにミノキシジルとプロペシア、どちらも年単位で使い続けていくのが改善への着実な道であると言えそうですね。

個人差はありますが、2つの効果がきちんと発揮されたときに自分の思い描く髪型に近づくことができると言えるでしょう。

どうして3か月以上使わなければならないのか

髪の毛は、成長期→退行期→休止期の順で回っています。

成長期に髪が生えて伸び、退行期に髪の成長が止まり、休止期を経て、新たに出てきた成長期早期の産毛に押し出されて古い毛が抜けていきます。

この退行期と休止期の期間を合わせるとだいたい3か月~半年程度なので、その期間は、いくらAGA対策をしても効果が実感できる可能性が低いからかもしれません。

ミノキシジルとプロペシアの入手方法

AGA_入手の画像

プロペシアやミノキシジルの入手方法としては、病院で医師の処方を受ける方法と、個人輸入代行サイトを通して購入する方法の2つがありますが、厳選AGAでは、病院での処方を強く推奨しています。

病院であれば、医師に診てもらいながら自分に合った指導やアドバイスを受けられるといったメリットがあるからです。

個人輸入で薬を買ったほうが安いかもしれませんが、個人輸入の場合、偽薬のリスクもあります。

ですので、クリニックに相談してしまうのが一番安全で安心なのではないでしょうか。

■厳選AGA調べ■
地域 クリニック名 価格/1カ月
全国展開 AGAスキンクリニック 18,200円~
東京 新宿メディカルクリニック 12,000円〜
大阪 脇坂クリニック 15,000円〜

まとめ

ミノキシジルとプロペシアの違いについてみてきました。

どちらも薄毛の悩みの解決となる1つの手段になりますが、誤った使用をしてしまうと副作用が起こりやすいなど、かえって危険です。

使用を考えている方はクリニックで医師に相談することをおすすめします。

ミノキシジルとプロペシアの併用ならAGAスキンクリニックのオリジナル発毛薬、Rebirthがおすすめです。

このRebirthはプロペシアが主成分のフィナステリドとミノキシジルが配合された発毛薬で、さらに髪の毛に栄養も与え、薬作用の相乗効果にも期待できます。

また、発毛に有効な成分の吸収力を高める成分も配合してあります。

このRebirthに配合されている成分はUSP基準最高ランクに認定されたものばかりで出来ています。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_