ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで

AGAコラム

更新日 2018.2.21
公開日 2015.4.1
プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで

※ 2018.2.21 一部内容更新

20代、30代、40代と歳を重ねるにつれ出現してくる頭髪の悩み。現在の髪の状態に関わらず、男性なら誰もが気にしてしまう問題ではないでしょうか?外見的な若さにも頭髪の印象は大きな影響を与えますから、日々鏡で見ていると気持ちまで老いてしまいそうです。

なんとか改善することができたら、こんなに嬉しいことはありませんよね。 今回は、AGA対策に効果的な治療薬であると言われる、プロペシアとミノキシジル。発毛、育毛を目指すにあたって、これらが頭皮や頭髪にもたらす作用の違い、併用について、入手の際の注意点などをご紹介します。

 

 

 

 プロペシアとミノキシジルの違い

AGA_美人の髪型の画像

 

プロペシアとミノキシジルという2つの治療薬。薄毛に対抗するという目的は同じですが、効果やアプローチは全く違います。特徴や作用をしっかりと理解し、より自分に適した対策を選びましょう。

 

有効成分のフィナステリドが配合された、服用するタイプの薬です。AGAを発症する最大の原因とも言われる男性ホルモンの一種DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制してくれます。 薄毛の『原因』に直接働きかけ、薄毛の進行スピードを遅くするための治療薬です 。

 

■厳選AGA調べ■
  クリニック名   価格

  ヘアジニアス

  3,980円

  AGAINメディカルクリニック

  4,200円(初回)

  AGAスキンクリニック

  4,200円(初回)

  新宿メディカルクリニック

  6,500円

  AGAヘアクリニック

  7,500円

  TOMクリニック

  6,600円

 

もともとは高血圧の治療のための血管拡張剤として開発され、臨床試験によって発毛効果が認められました。頭皮の血流を高めることによって毛根に栄養を行き渡らせ、毛髪の再生を促します。 頭皮に塗布するタイプ、内服するタイプがあります。

頭皮に塗布するタイプの外用剤は、ロゲインなどCMでも有名なリアップなど、ドラッグストアでも購入できる商品もあります 。 いずれも、厚生労働所やFDA(米国食品医薬品局)を始め、多くの国々で認可を受けている信頼性の高い治療薬です。プロペシアで原因となる男性ホルモン(DHT)を抑え込み、ミノキシジルで頭皮を活性化して発毛へと導きましょう。

 

■厳選AGA調べ■
 クリニック名  治療薬名  料金/月
 表参道ウィルAGAクリニック  オリジナル内服薬
 (ミノキシジル含む)
 15,000円(税抜)
 新宿メディカルクリニック  ミノキシジル外用  5,500円(税抜)
 AGAヘアクリニック  MINOX
 (ミノキシジル配合内服薬)
 10,000円(税込)

 

 プロペシアとミノキシジルの併用はできるか

AGA_悩みの画像

 

結論から言いますと、併用可能です。逆に日本皮膚科学会は、ミノキシジルとプロペシアの併用を強く推奨しています。薄毛で気になりだしたら、医師に相談してみてください。 前述しましたが、プロペシアは、薄毛の進行を抑制する薬、ミノキシジルは、新しく髪を生やす発毛薬です。この両方を使うことで、薄毛を抑えながら同時に髪を増やすことができ、効率がよくなるのです。

 

 

見て分かるほどに頭髪が薄くなってしまった方や、いわゆるハゲの状態までAGAが進行してしまった方には、プロペシアにミノキシジル併用した対策をおすすめします。 プロペシアで原因は抑えられても、眠ってしまった毛根を刺激しめざめさせないことには、毛髪の回復には結びつかない可能性が高いからです。

もちろん、医薬品に副作用が出る場合があるので、注意は必要ですが、新しく髪を生やすにはミノキシジルを併用したほうが効果が得られることが多いでしょう。 AGA治療薬ミノキシジルには、1~10%ほど有効成分ミノキシジルが含まれています。この成分は、頭皮のかぶれや痒みといった副作用を引き起こす可能性があるので、肌が弱い方は特に医師に相談するようにしましょう。

 

■厳選AGA調べ■
 クリニック名  治療薬名  料金/月
 表参道ウィルAGAクリニック  オリジナル内服薬
 (ミノキシジル含む)
 15,000円(税抜)
 新宿メディカルクリニック  ミノキシジル外用  5,500円(税抜)
 AGAヘアクリニック  MINOX
 (ミノキシジル配合内服薬)
 10,000円(税込)

 

ちょっと抜け毛の量やボリュームが気になり始めた、部分的に薄毛が心配…。でも、ミノキシジルやプロペシアは副作用があるから、少し不安…。 そのような方はまずはクリニックに相談しに行きましょう。インターネットで情報を調べ、不安になるくらいなら病院の先生に聞いてみるのが一番なのではないでしょうか。それでも不安な方には育毛剤という選択肢もあるかもしれません。

 

育毛剤について知りたい方はこちら

 

 

 服用から効果が出始めるまでの期間

AGA_カレンダーの画像

 

薄毛対策をスタートさせて一番気になるのが、『いつ頃効果が現れるのか?』という点ですよね。特に脱毛が進行している場合は、早く効果を実感したい!という思いでいっぱいだと思います。 ちなみにプロペシアは、メーカとしては3ヶ月以上の継続使用を推奨していますが、実際に3ヶ月で劇的な効果があるケースは少ないようです。

半年ほどで効果が出ることが多いようです。 一方でミノキシジルはと言いますと、同じくこちらも最低3~4ヶ月は見込んでください。すぐに効果が無いと判断して、継続を中止してしまわないことが肝心です。

 

また、個人差がありますが、始めて1ヶ月程度は髪が抜ける現象が起こります。これは初期脱毛と言って乱れたヘアサイクルが正常に戻りかけている証拠でもあります。ここで止めてしまっては元も子もありません。ミノキシジルもプロペシアと同様に、根気強く使い続けることが必要です。

このようにプロペシアとミノキシジル、どちらも年単位で使い続けていくのが改善への着実な道であると言えそうですね。 個人差はありますが、2つの効果がきちんと発揮されたときに自分の思い描く髪型に近づくことができると言えるでしょう。

 

髪の毛のヘアサイクルが関係しています。
出典:http://www.kao.com/jp/haircare/thining_01.html

 

このように、髪の毛は、成長期→退行期→休止期の順で回っています。成長期に髪が生えて伸び、退行期に髪の成長が止まり、休止期に徐々に抜けていきます。この退行期と休止期の期間を合わせるとだいたい3か月~半年程度なので、その期間は、いくらAGA対策をしても効果が実感できる可能性が低いと考えられるのです。

 

 

 プロペシアとミノキシジルの入手方法

AGA_入手の画像

 

プロペシアやミノキシジルの入手方法としては、病院で医師の処方を受ける方法と、個人輸入代行サイトを通して購入する方法の2つがありますが、厳選AGAでは、病院での処方を強く推奨しています。病院であれば、医師に診てもらいながら自分に合った指導やアドバイスを受けられるといったメリットがあるからです。

個人輸入で薬を買ったほうが安いかもしれませんが、誤った処方をしてしまったり、飲む期間を判断できなかったりするので、クリニックに相談してしまうのが一番安全で安心なのではないでしょうか。

 

■厳選AGA調べ■
  クリニック名   価格

  ヘアジニアス

  3,980円

  AGAINメディカルクリニック

  4,200円(初回)

  AGAスキンクリニック

  4,200円(初回)

  新宿メディカルクリニック

  6,500円

  AGAヘアクリニック

  7,500円

  TOMクリニック

  6,600円

 

 

 まとめ

まとめの画像

 

プロペシアとミノキシジルの違いについてみてきました。 どちらも薄毛の悩みの解決となる1つの手段になりますが、誤った使用をしてしまうと副作用が起こりやすいなど、かえって危険です。使用を考えている方はクリニックで医師に相談することをおすすめします。