AGAコラム

公開日 2017.8.10
薄毛治療定番!ミノキシジルの飲み合わせの注意点
カテゴリ AGA・薄毛の治療
Bottle-2032980_640

AGAの薬物療法では、ミノキシジルやプロペシアが使用されます。ミノキシジルは血行を促進させることで薄毛を治療する薬ですが、その飲み合わせには十分注意しなければなりません。ここでは、ミノキシジルの飲み合わせの注意点や副作用、禁止事項などをご紹介します。

 

 

 

 AGAとは

AGA_画像名の画像

 

ミノキシジルは、AGAの治療に用いられる薬の一つです。プロペシアと並び、多くのクリニックで処方されています。その効果を説明する前に、まずはAGAについて説明します。AGAについて知っておくことで、ミノキシジルの効果について、より理解を深めることができます。

 

 

AGAとは、男性型脱毛症とも呼ばれている薄毛の原因の一つです。AGAの症状は、いくつかのパターンに分けられます。 少しずつ進行していくのですが、生え際から後退する場合や頭頂部から薄くなっていく場合などがあり、その症状によってIからVIIまでに分類されています。一般的に、無治療の場合は5年に1度ずつ進行するともいわれているため、できるだけ早く治療を開始することが大切です。

 

AGAを完治させることはできませんが、進行を抑えることは可能です。進行を抑えるために、AGA治療を受けることをおすすめします。 後述しますが、AGAは遺伝性だと考えられており、発症を防ぐ方法はありません。また、現時点ではAGAを完治させることもできないのです。

 

そのため、自分がAGAになり、完治させることができないということを知り、絶望感を抱いてしまう場合もあるでしょう。このようなストレスは薄毛の悪化を招くともいわれています。

 

 

脱毛症には、他に円形脱毛症や粃糠性(ひこうせい)脱毛症などがありますが、AGAとは原因が異なります。他の脱毛症とは違い、遺伝が関与しているため、親族にAGAの患者がいる場合はAGAになる可能性が高くなるのです。もちろん、親族にAGAの患者がいるからと言って、必ず自分もAGAになるとは限りません。

 

適切なヘアケアや生活習慣の改善など、頭皮や髪によいことを習慣づけることが大切です。そして、AGAになったら、できるだけ早く治療を開始しましょう。 AGAは、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化し、それが髪に悪影響を与えることで発症するとされています。このジヒドロテストステロンは、テストステロンが5αリダクターゼの影響で変化したものです。

 

 

AGAの治療方針は、「AGAの進行を遅らせる」というものです。AGAの進行を完全に止めて、生えていない部分から髪を生やすということはできないのです。ただし、1年以上治療を続けることで、AGAの進行を止めることができるともいわれています。また、HARG療法など一部の治療法では、発毛力を復活させることができると可能性があります。

 

AGAの治療ガイドラインでは、ミノキシジルとプロペシア、植毛による治療が推奨されています。なお、薬局では育毛剤が販売されていますが、これらの治療よりも高い効果は期待できません。また、クリニックによっては独自の治療法を導入していますが、継続的な効果については不明です。 以上のことを踏まえると、AGAに気づいた場合はミノキシジルやプロペシアによる治療を受けた方がよいと考えられます。

 

 

 ミノキシジルはどんな薬?

AGA_画像名の画像

 

AGAの治療ガイドラインで推奨されているミノキシジルは、どのような薬なのかご紹介します。

 

 

ミノキシジルは、血管を拡張させる作用によって高血圧の薬として使用されていました。ミノキシジルの副作用に発毛効果が認められたため、アメリカで薄毛の治療薬として用いられ、それが日本でも主流になったのです。なぜ、ミノキシジルが薄毛に効果が期待できるのかご紹介します。 髪は、頭皮にある毛球から作られます。

 

毛球には、毛乳頭と毛母細胞があり、これらが髪の生産に関わっています。食事で摂取した栄養は、毛細血管を通って毛乳頭へと行き渡ります。毛乳頭は、栄養や酸素を毛母細胞へと送り、それによって毛母細胞が細胞分裂をして髪が作られるのです。 ミノキシジルが持つ血管拡張作用によって毛細血管が拡げられると、毛乳頭が栄養や酸素を取り込みやすくなります。

 

そのため、髪の成長が促されるのです。また、ミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけて髪の成長を促すともいわれています。 説明したとおり、ミノキシジルは発毛力を高めるものであり、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生産に影響を与えるものではありません。そのため、ミノキシジルの使用だけでAGAの進行を完全に止める効果は期待できないのです。クリニックでは、プロペシアとの併用が推奨されています。

 

 

ミノキシジルはAGAだけではなく、FAGAにも使用できるというメリットがあります。FAGAは、女性男性型脱毛症といい、女性のAGAです。女性はプロペシアの服用ができないのですが、ミノキシジルは問題なく服用できます。 なぜ、プロペシアを女性に適用できないのかと言うと、プロペシアは男性ホルモンに働きかけるため、胎児の生殖器官の発育に支障をきたす恐れがあるからです。

 

また、妊娠の有無にかかわらず、女性はプロペシアに触れることすら厳禁とされています。 なお、脂漏性皮膚炎にともなう脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症などにはミノキシジルを適用できません。これらは頭皮に雑菌が感染することや皮脂の過剰分泌、乾燥が原因であるため、これらの原因を解消しなければ改善は期待できないのです。

 

 

ミノキシジルには、内服薬と外用剤があります。それぞれの違いをご紹介します。

 

内服薬

ミノキシジルタブレットいう名称で、ミノキシジルの内服薬が処方されています。内服薬は身体の内部から作用するため、外用剤よりも高い効果が期待できます。ただし、それだけ副作用も強く現れる可能性があるので、使用には細心の注意を払う必要があります。なお、ミノキシジルタブレットは、クリニックでしか入手できません。厳密には、個人輸入も可能ですが、その際には偽物を購入しないよう注意が必要です。

 

外用剤

外用剤は、頭皮に直接塗るタイプの薬です。ミノキシジルの外用剤は、ミノキシジルローションとして処方されます。内服薬とは違い、頭皮に塗るだけのため、場合によっては高い効果を得られません。たとえば、角質が厚くなっていたり、皮脂が過剰分泌されていたりしていると、ミノキシジルの有効成分がしっかりと浸透しない可能性があります。

 

しかしながら、生え際や薄毛が気になる部分に塗って作用させることができるというメリットもあります。 外用剤と内服薬には、メリットとデメリットがあります。そのため、どちらが良いとは一概には言えません。ライフスタイルや他の薬の服用など、様々なことを考慮したうえで、適切なものが処方されます。

 

 

ミノキシジルの適切な服用量は個々で異なります。飲み過ぎると副作用が現れてしまう可能性があるため、医師に指導されたとおりに服用することが大切です。特に、低血圧気味の方は注意が必要です。服用のパターンはいくつかありますが、2.5mgを1日1錠、5mgを1日1錠、2.5mgを1日2回1錠ずつといったパターンが挙げられます。

 

内服薬は、飲み忘れると効果を得られないため、ライフスタイルに合わせて適切な処方のパターンを提案してもらいましょう。たとえば、仕事の都合上、薬を飲むタイミングが一定ではない場合、状況によっては薬を飲み損ねることがあります。薬を飲み忘れるということは、AGAの進行を許してしまうということなので注意が必要です。

 

 

ミノキシジルは、元々高血圧の薬であるため、血圧を下げることによる副作用が現れる可能性があります。どのような副作用が現れる可能性があるのかみていきましょう。

 

血圧が低下すると、心臓が血流を増加させます。それにより、頭痛やめまい、動悸や息切れなどの症状が現れます。服用を続けると、少しずつ副作用が現れにくくなることが多いようです。

 

もともと、低血圧の方がミノキシジルを服用すると、血圧が危険なところまで下がってしまう可能性があります。血圧が低下することで、生命維持に関わる臓器への血流が低下します。この状態が続くと、やがて臓器の機能低下を招くとされています。

 

多毛

薄毛の治療に用いるきっかけとなった副作用で、男性よりも女性の方が現れやすいといわれています。

 

血管が拡張すると、皮膚から血液が透けて見えることがあります。それにより、顔が赤くなる症状を「赤ら顔」といいます。

 

ED(勃起不全)や性欲減退などの副作用が報告されています。ただし、ミノキシジルによるものとは証明されていません。これらの症状は精神的な要因で起こることがあります。そのため、薄毛に悩むことで引き起こされている可能性もあるのです。

 

ミノキシジルの服用を始めると、普段よりも多くの髪が抜けることがあります。なぜ、このようなことが起こるのかは解明されていませんが、一時的なものであるため心配はいりません。 ミノキシジルは、薄毛に対して高い効果が期待できますが、それだけ副作用も強いので注意が必要です。

 

どのような副作用が現れるのか確認しておき、異常がみられた場合は医師に報告しましょう。状況によっては、服用を中止することが大切です。

 

 

 ミノキシジルの飲み合わせに注意

AGA_画像名の画像

 

ミノキシジルだけではなく、全ての医薬品には飲み合わせの注意点があります。飲み合わせの注意点を守らずに服用すると、重篤な副作用が現れる可能性があるので、事前に確認することが大切です。ここでは、ミノキシジルの飲み合わせについて解説します。

 

 

ミノキシジルは、血管拡張作用によって血圧を低下させる薬であるため、血圧を低下させる薬とは併用できません。併用してしまうと、血圧が低下しすぎてしまう恐れがあります。高血圧であるために、血圧を下げる薬を服用している場合は、主治医に相談しましょう。 高血圧の薬は個々で服用の量が異なるため、ミノキシジルによる血圧低下との調整が難しく、基本的にはミノキシジルの服用を諦めることになります。

 

他の薬との併用は禁止されていませんが、基本的に避けるべきとされています。外用剤のミノキシジルを使用している場合、他の外用剤や育毛剤などが浸透しにくくなる可能性があります。効果が下がる可能性があり、併用を避けるべきとされているのであれば、併用しないのに越したことはないでしょう。

 

 

アルコールとミノキシジルを併用すると、血圧が下がりすぎる可能性があります。アルコールには、血管拡張作用があります。そのため、飲酒によって血圧が低下します。特に、顔が赤くなる方は血管拡張作用が強く現れているということなので、ミノキシジルの併用は特に注意が必要です。 また、アルコールを飲み続けると、血圧が下がるのではなく逆に上昇することが判明しています。

 

ミノキシジルの血圧低下作用と打ち消そうとアルコールを過度に飲むことは危険なので、絶対に避けましょう。 アルコールは、アルコール代謝酵素によって分解されます。しかし、大量にアルコールを摂取したり、日常的にアルコールを摂取していたりすると、アルコール代謝酵素だけではアルコールを分解できなくなります。すると、薬の成分を分解する薬物代謝酵素がアルコールの分解をサポートするようになります。

 

その結果、服用した薬の成分を分解する薬物代謝酵素が不足し、薬の成分の血中濃度が上昇したり、なかなか濃度が下がらくなったりするのです。 薬の血中濃度が上昇すると、血圧が下がりすぎたり、他の様々な副作用が現れたりする可能性があります。

 

 

AGAの治療には、ミノキシジルとプロペシアが用いられることが多いです。ミノキシジルは、プロペシアであれば併用できます。プロペシアは、AGAを引き起こすジヒドロテストステロンの生産に関わる5αリダクターゼの働きを阻害する薬です。つまり、ジヒドロテストステロンの生産を抑える効果が期待できます。

 

ジヒドロテストステロンの生産を抑えることができれば、AGAの進行を抑えることができます。プロペシアの内服を1年続けると、約半数の方にAGAの改善がみられ、2年、3年と徐々に改善率が上昇します。ただし、プロペシアは軽度~中度のAGAに対してのみ効果が期待できる薬で、重度のAGAには高い効果が期待できません。

 

副作用には、食欲減退や性欲減退、ED、抑うつ症状、全身倦怠感などがあります。なお、妊娠中や授乳中の女性が服用すると、胎児の生殖機能に問題が生じる恐れがあるため服用が禁止されています。なお、肌に触れることも厳禁とされているので、プロペシアとミノキシジルを併用する場合、自宅に女性がいるのであれば認識を共有しておきましょう。

 

このプロペシアとミノキシジルを併用することで、相乗効果によってAGAに対して高い効果が期待できるのです。少しでも早くAGAの進行を止めたいのであれば、プロペシアとミノキシジルの併用の可否について医師に尋ねましょう。

 

 

ミノキシジルは、次のような方の服用が禁止されています。

 

薬は、薬疹などの過敏症状を引き起こすことがあります。このような場合に服用すると、なんらかのトラブルが起こる恐れがあるので使用できません。

 

20歳未満を対象とした臨床試験が行われておらず、効果や安全性について確認できていないため、20歳未満の方は服用できません。

 

ミノキシジルは、主にAGAに対して効果が期待できる薬であり、他の脱毛症の改善効果は期待できません。AGAだと思い込み、ミノキシジルを使用し続けた結果、脱毛症が悪化してから気づくということもあるでしょう。

 

円形脱毛症はAGAとは全く異なる症状と原因の脱毛症です。髪が急激に抜け落ちるタイプの円形脱毛症もあります。

 

血圧を下げる降圧剤とミノキシジルを併用すると、血圧が下がりすぎてしまう可能性があります。

 

心臓が血流を増加させるため、心臓に負担がかかります。また、薬の分解に腎臓が働くため、腎臓の機能障害が起きていると、成分の血中濃度が上がりすぎる可能性があります。

 

甲状腺機能障害にともなう脱毛の可能性があるため、まずは診断を受けることが大切です。

 

 

 処方薬と市販薬の違い

AGA_本を読んで考える男性の画像

 

ミノキシジルを含む薬には、処方薬と市販薬があります。処方薬と市販薬には、どのような違いがあるのかご紹介します。

 

 

処方薬は、「医療用医薬品」といい、医師によって使用または処方される薬です。市販薬は、「一般用医薬品」といい、ドラッグストアなどで購入できます。医療用医薬品と一般用医薬品の違いは次のとおりです。

 

医師の管理のもとで使用され、病気の治療および予防に使用するため、安全性と有効性が確認されたものとなっています。人体に影響を及ぼす劇薬や毒薬も医療用医薬品に分類されます。

 

医師を介さずに一般人が入手できるため、安全性を第一に考えて審査されます。軽度の症状を改善したり、生活の質を向上したりすることを目的とする薬が該当します。 医療用医薬品は有効性が高い薬ですが、取り扱いが難しく、一般人が自己判断で使用することができません。用法用量を間違えることで、重篤な副作用が現れる恐れがあります。

 

一般用医薬品は、軽度の症状の改善などを目的としているうえに、取り扱いやすい薬です。AGAを改善したいのであれば、医師に医療用医薬品を処方してもらい、予防や薄毛が少し気になる程度であれば一般用医薬品を利用するといった使い方がよいでしょう。 ただし、AGAは進行性であるため、薄毛が気になる程度であっても医療用医薬品による治療を受けることが大切です。

 

 

ミノキシジルを含む医療用医薬品は、ミノキシジルを含む一般用医薬品と比べて、成分濃度が高くなっています。一般用医薬品に含まれるミノキシジルは、最大5%となっています。医療用医薬品のミノキシジルは、6%以上の成分濃度となっているため、それだけ高い効果が期待できます。 前述したように、それだけ副作用も現れやすいので、医師の指示に従って使用することが大切です。

 

 

医療用医薬品の種類によっては、海外からの個人輸入で入手できる場合があります。ミノキシジルも個人輸入できる薬の一つです。個人輸入をするうえでの問題点は、偽物を購入してしまう場合があるということです。 ミノキシジルの配合が少なかったり、不純物が混ざっていたりする場合があります。

 

あるいは、ミノキシジルが全く含まれておらず、得体の知れない成分が含まれていることも考えられます。このような偽物のミノキシジルの服用を続けると、どのようなトラブルが起こるかわかりません。 個人輸入で偽物を購入してしまうリスクのことを考えると、ミノキシジルの内服薬はクリニックで処方してもらう方がよいでしょう。

 

個人輸入で薬を販売しているサイトは多数存在しますが、どのサイトも本物のミノキシジルの薬を販売しているとは限りません。実際に使用しても、本物かどうか確認することはできないので、クリニック以外のルートでミノキシジルの内服薬を手に入れることはリスクが高いといえるでしょう。

 

 

 ミノキシジルを含む市販薬

AGA_サプリメントの画像

 

ミノキシジルを含む外用薬は市販されていますが、ミノキシジルを含む内服薬は市販されていません。ミノキシジルを含む外用剤には、「リアップ」があります。リアップは、どのような薬なのか、副作用などとあわせてご紹介します。

 

 

薬は、医療用医薬品を経て一般用医薬品へと転用されるケースが多いのですが、リアップは日本で初めて医療用医薬品を経ずに一般用医薬品として販売された薬です。大正製薬が販売元で、用途にあわせていくつかの種類が販売されています。 大正製薬は大手販売メーカーであり、リアップは効果と安全性が保障されています。

 

なおリアップには、ミノキシジル1%配合のものと、5%配合のものがあります。当然、5%のものの方が1%のものよりも高い効果が期待できます。

 

 

リアップの効果とは、すなわちミノキシジルの効果のことを指します。先にお話ししたとおり、毛細血管を拡張させることで毛乳頭への栄養の供給を高め、毛母細胞に直接働きかけることで発毛を促します。

 

 

リアップの効果が現れるまでに、どれぐらいの期間がかかるのかご紹介します。ミノキシジルを5%含むリアップX5を用いた試験によると、使用から約4週間で改善傾向がみられたとの報告があります。 8週間後には、被験者の1割以上、さらに12週間後には6割近くもの被験者に改善傾向がみられたとされています。

 

使用から約6ヶ月後には、9割以上の方になんらかの改善がみられたといわれています。 リアップは、使用し続けなければ効果が発揮されません。少なくとも1ヶ月、できれば6ヶ月は使用し続けることをおすすめします。なお、使い続けなければ効果を発揮しないのは、他の育毛剤にも同じことがいえます。

 

 

全体の数%程度ですが、リアップを使用したことでなんらかの副作用が現れたとの報告があります。現れたと報告がある副作用には、接触皮膚炎や湿疹、脂漏性皮膚炎などがあります。ここでいう皮膚の炎症は、すなわち頭皮の炎症を指します。頭皮に炎症が起こると、頭皮環境が乱れ、薄毛を促進させてしまう恐れがあります。 そのため、リアップを使用していて、このような副作用が現れた場合は、すぐに使用を中止することが大切です。

 

 

ミノキシジルの内服薬をすでに使用しているのであれば、リアップを使用する前に医師に相談する必要があります。外用剤は、内服薬ほど強い副作用は現れないといわれていますが、外用剤と内服薬を併用すると、外用剤単体で使用した場合よりも成分の血中濃度が上昇するため、強い副作用が現れる可能性があります。

 

 

リアップを使用する場合、次のような方は医師に相談が必要です。

 

リアップでも同じ症状が現れる可能性があります。

 

リアップは血圧に影響を及ぼす可能性があります。

 

心臓や腎臓に影響を及ぼすおそれがあります。

 

むくみをひどくするおそれがあります。

 

AGAは遺伝性が強いため、家族にAGAの患者がいない場合、他の原因が疑われます。

 

65歳以上の高齢者がリアップを使用すると、なんらかの症状が現れる可能性があります。

 

脱毛は甲状腺機能障害が原因で起こることがあります。 事前に医師に相談することで、本当に使用しても問題ないかどうかを知ることができます。

 

 

 育毛によい生活習慣

AGA_基礎知識の画像

 

どれだけミノキシジルを服用、外用していても、髪に悪い生活を送っていては、AGAの改善が期待できません。髪は、食生活や睡眠など様々な習慣の影響を受けます。健康な髪を育てるために、どのような生活をおくることが望ましいのかをご紹介します。

 

 

食生活は髪の健康に関与していますが、食生活を改善したからと言って、AGAが治るとは限りません。むしろ、補助的な役割しかないため、食生活を改善しても、薬などによる治療を受けなければAGAの改善は期待できないのです。補助的な役割であることを認識したうえで、髪の成長によい食生活について確認しましょう。 健康な髪の成長には、各種ビタミンが必要不可欠といわれています。

 

頭皮の新陳代謝を促すことで、頭皮の環境を整える働きがあるといわれています。逆に、ビタミンAが不足すると頭皮が乾燥し、粃糠性脱毛症や脂漏性脱毛症などを招く恐れがあります。ニンジンやレバー、うなぎなどに多く含まれています。

 

血行を促したり、皮脂の分泌をコントロールしたりすることで、頭皮の環境を整える栄養素です。レバー、うなぎ、じゃがいもなどに多く含まれています。

 

健康な髪の生産に必要なコラーゲンを生産したり、鉄分を速やかに吸収するようサポートしたりします。また、頭皮の老化を招く活性酸素を取り除く抗酸化作用もあります。いちご、キウイなどに多く含まれています。

 

ビタミンCと同じく抗酸化作用を持つ栄養素です。ゴマやナッツ類に多く含まれています。

 

髪の材料となるアミノ酸の代謝やコラーゲンの生産をサポートする成分です。それにより、頭皮と髪の健康を保ち、薄毛を防ぐとされています。また、白髪予防の効果も期待できます。レバーや卵黄、アーモンドなどに多く含まれています。 これらの栄養を含む食品をしっかりと摂ることが大切です。

 

しかし、ライフスタイルによっては、どうしても摂ることが難しい場合もあるでしょう。そのような場合は、サプリメントで摂取することをおすすめします。ただし、ビタミンAとビタミンEは過剰摂取に十分注意が必要です。 ビタミンAを過剰摂取すると、頭皮が乾燥して薄毛が悪化する恐れがあります。

 

また、他にも頭痛や吐き気などの症状が現れる可能性もあるので注意しましょう。ビタミンEの過剰摂取は、頭痛や胃もたれなどの症状が現れる可能性があります。

 

 

入眠から3時間の間に成長ホルモンが分泌されます。それも、熟睡しているときに多く分泌されるといわれています。 成長ホルモンは、タンパク質の合成を促すとされており、髪の成長や脂肪の燃焼、脳の疲労回復などさまざまな役割を果たしています。この成長ホルモンが十分に分泌されていないと、髪の成長に悪影響が及ぶのです。

 

十分に睡眠をとることで、髪の成長を促すことができます。ここでいう十分な睡眠とは、睡眠時間だけではなく、熟睡するという意味になります。熟睡するためには、睡眠環境を整える必要があります。就寝前にスマホやテレビの画面を見ると、寝つきが悪くなります。リラックスできる環境を整えましょう。

 

 

間違ったヘアケアは、頭皮の環境を悪化させ、薄毛の進行を促してしまいます。まずは、自分に合ったシャンプーを探しましょう。脂性肌の場合は脂性肌のシャンプーを、乾燥肌の場合は乾燥肌のシャンプーを選んでください。 また、シャンプーをしていて頭皮に刺激を感じる場合は、洗浄力が強すぎると考えられます。泡立ちがよい弱酸性または中性のシャンプーを選びましょう。

 

泡立ちが悪いシャンプーを使うと、髪同士をこすり合わせてしまい、髪のキューティクルが剥がれる恐れがあります。キューティクルは髪を守るものであるため、髪がダメージを受けやすくなります。 次に、正しいシャンプーの方法をご紹介します。次のようにシャンプーしましょう。

 

(1)ブラッシング ブラッシングで髪についたホコリを落としましょう。

 

(2)予洗い ぬるま湯で髪の汚れを落とします。

 

(3)シャンプー シャンプーをしっかり泡立てて、全体的につけていきましょう。そして、爪を立てないように注意しながらマッサージします。しっかりと泡立てたら、一度すすいでください。

 

(4)二度目のシャンプー 1回のシャンプーでは、頭皮の汚れをしっかりと落とせない場合があります。もう一度シャンプーをしましょう。

 

(5)すすぐ シャンプーが頭皮に残ると、雑菌が増殖する原因となります。それによって脂漏性皮膚炎など脱毛の原因となる症状が引き起こされる場合もあるので、十分にすすぎましょう。

 

(6)リンス、トリートメント 髪がパサつく場合には、リンスやトリートメントを使いましょう。髪がパサつくということは、髪の水分量が少なくなっているということです。このような状態では、ダメージを受けやすくなります。リンスやトリートメントには、空気中の水分を髪に吸着させ、髪の水分の蒸発を防ぐ働きがあります。リンスやトリートメントも、しっかりとすすぎましょう。

 

(7)ドライ 濡れた髪は、キューティクルが開いているため、髪同士をこすり合わせるとキューティクルが剥がれてしまいます。髪を乾かすときには、タオルで髪を挟み込み、優しく水分を吸収させてください。タオルドライの後は、自然乾燥させましょう。キューティクルは70℃以上で変性するため、ドライヤーを当てると髪が痛みやすくなります。どうしてもドライヤーを使う場合は、できるだけ髪から離しましょう。

 

 

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させて血流を悪化させる作用があります。血流が悪くなることによって、毛乳頭への栄養の供給が滞り、健やかな髪の成長が阻害されてしまうのです。また、タバコの煙に含まれる一酸化炭素は、酸素の代わりにヘモグロビンと強力に結びつくため、ヘモグロビンが酸素を運べなくなります。

 

酸素も髪の成長に必要であるため、喫煙が薄毛に繋がると考えられているのです。 禁煙することが難しい場合は、タバコの本数を減らしたり、別の嗜好品に変えたりといったように対策しましょう。また、禁煙外来に通うことで、一人で悩みながら禁煙するよりも楽に禁煙できる可能性があります。

 

 

カラーリング剤に含まれている化学薬品や人工着色料は、頭皮に刺激を与えます。それにより、カラーをすることで頭皮に炎症が起こり、脱毛が促されることがあります。これは、パーマでも同じことが言えます。炎症が治まれば、再び発毛しますが、頭皮へのダメージはできるだけ避けた方がよいでしょう。

 

できるだけカラーやパーマを控えることが大切ですが、どうしても行いたいのであれば、パーマやカラーの後に正しくケアをするようにしましょう。カラーやパーマの後の髪は、刺激に対して非常に敏感になっています。そのため、シャンプーをする際には、普段以上に頭皮への刺激に注意が必要です。頭皮への刺激が少ないアミノ酸系シャンプーを使うとよいでしょう。

 

 

 まとめ

AGA_3人の男性の画像

 

ここでは、AGAの治療薬であるミノキシジルの飲み合わせや副作用、飲むことができない方などについてご紹介しました。ミノキシジルは、AGAの治療薬として推奨されている薬です。クリニックで処方されるミノキシジルタブレットは、外用剤よりも高い効果が期待できます。 ミノキシジルを飲むと必ずAGAが改善するとは言い切れませんが、1ヶ月程度で改善傾向がみられる方もいるように、高い効果が期待できます。

 

プロペシアと併用すれば、より高い効果が期待できるでしょう。ミノキシジルを飲むうえで、次のようなことに注意が必要です。

 

  • 高血圧の薬との併用は厳禁
  • 外用剤との併用は医師に相談が必要
  • 心臓や腎臓に障害がある場合は飲めない
  • 甲状腺機能障害がある場合は飲めない

 

また、ミノキシジルを含む外用剤「リアップ」を利用する場合は、自分がAGAかどうか診断を受けた方がよいでしょう。AGAだと思ってリアップを飲み続けた結果、一向に改善がみられず、実は別の脱毛症による薄毛だったことが発覚する場合もあります。飲み合わせや副作用などの注意点について確認したうえで、医師の指示に従って使用しましょう。

 

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中


mensPC公式サイト
 

 

↓関西・名古屋・九州その他の方は↓

AGAスキンクリニック

【期間限定キャンペーン!8月31日まで!!】
今なら、
初診料  5,000円 → 0円
血液検査20,000円 → 0円



AGAスキンPC公式サイト