ホーム >> AGAコラム >> 育毛剤 >> M字ハゲに効く!薬用育毛剤プランテルの効果を追及!

AGAコラム

公開日 2017.12.6
更新日 2017.12.8
M字ハゲに効く!薬用育毛剤プランテルの効果を追及!
2013-08-06_19.29.23

※ 2017.12.8 一部内容更新

男性型脱毛症に悩まされている方は多いですが、プランテルは中でもM字ハゲに対して効果を発揮することを強みとしています。なぜプランテルにはM字ハゲを改善する効果があるのでしょうか。今回の記事では、薄毛になってしまうメカニズムを踏まえたうえで、薬用育毛剤であるプランテルの有効成分によってどのように薄毛にアプローチするのかに迫りたいと思います。

 

 

 プランテルとは

プランテルの画像

プランテル

M字ハゲが気になる方におすすめ!


公式サイトを見る→




 

 

 

それでは早速ですが、プランテルとはどのようなものなのかについて解説していきたいと思います。選ばれている理由は何なのでしょうか?

 

プランテルは一言でいうと「薬用育毛剤」と呼ばれる商品です。薬用とは、医薬部外品に対して用いられる言葉であることから、プランテルも医薬部外品であるということになります。 医薬部外品は、厚生労働省によってその効果や効能が認められている成分を、一定量以上の濃度で配合している商品のことを言います。

 

医薬品との違いは、医薬品が病気の治療を目的としているのに対し、医薬部外品はある症状の防止を目的としている点にあります。 発毛剤と育毛剤との違いも同じで、発毛剤が積極的に発毛に対するアプローチをするのに対し、育毛剤は今生えている髪の毛が強く育つようにアプローチすることで、結果として薄毛の予防につなげることを目的としています。

 

プランテルの特徴として、M字ハゲを改善することに特化しているということがあげられます。なぜそのようなことをおこなっているかというと、生え際こそが他人の視線の注がれる「ホットスポット」だと考えられているからです。 男性型脱毛症にもいくつかのタイプがありますが、前頭部(おでこと頭の境目)から生え際が後退していくタイプの薄毛のことを、M字ハゲと呼んでいます。

 

一方、頭頂部から薄毛になるケースをO字ハゲと呼んでいます。 薬用育毛剤プランテルは、M字ハゲの根本的な原因に向き合うことで、生え際の髪の毛を強く育てることを可能とし、M字ハゲに悩んでいる人から支持されているのです。

 

 プランテルの育毛効果

プランテルの画像

プランテル

M字ハゲが気になる方におすすめ!


公式サイトを見る→




 

 

 

プランテルは男性型脱毛症の中でも特に、M字ハゲの改善に特化した薬用育毛剤だということでした。では、プランテルにはどのような育毛効果があるのでしょうか。

 

薬用育毛剤プランテルには、5α-リダクターゼと呼ばれる還元酵素の働きを阻害する働きがあります。5α-リダクターゼには、男性ホルモンであるテストステロンを還元し、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへと変化させる働きがあります。 このジヒドロテストステロンが男性ホルモンの受容器である「アンドロゲンレセプター」に反応することで、抜け毛が進行してしまうことが分かってきているのです。

 

ということは、抜け毛を予防するためには5α-リダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの産生を防止すればよいということになります。 実は、5α-リダクターゼには1型の5α-リダクターゼと、2型の5α-リダクターゼの2種類があります。1型の5α-リダクターゼは主に全身の体毛や側頭部、後頭部などの頭皮に分布しています。

 

一方、2型の5α-リダクターゼは頭頂部や前頭部の毛包部や毛乳頭に分布していることが分かっています。 つまり、男性型脱毛症の特徴であるM字ハゲやO字ハゲは、2型の5α-リダクターゼの働きによって引き起こされると考えられているのです。薬用育毛剤プランテルは、2型の5α-リダクターゼの働きを阻害するという特徴があるため、M字ハゲやO字ハゲの改善に特化しているという訳なのです。

 

男性型脱毛症が進行している人の多くに、ヘアサイクル(髪の毛が生まれてから抜け落ちるまでの周期)の乱れがみられます。私たちが一般的に「髪の毛」と呼んでいるのは、頭皮の外側にある「毛幹」と呼ばれる部分のことを指します。 一方、頭皮の中には「毛根」と呼ばれる部分があります。

 

毛根の先端には毛母細胞と毛乳頭とをふくむ(毛球)と呼ばれる部分がありますが、髪の毛が成長するときには、この毛球にある「毛乳頭」から「毛母細胞」に対して、髪の毛を成長させるたり、髪の毛の成長を止めたりするようにシグナルが出されるのです。 毛乳頭から毛母細胞に対して髪の毛を育てるようにシグナルが出されると、毛母細胞は分裂を繰り返し、それによって毛幹部が毛根から押し出されることとなるのです。

 

これが、髪の毛の成長するメカニズムという訳なのです。 一般的に髪の毛は1日につき0.3mmから0.5mmほど伸びるとされており、1ヶ月に換算するとおよそ1.2cm、1年に換算するとおよそ15cm伸びる計算となります。また、髪の毛は永遠に伸び続ける訳ではなく、一定の期間が来ると抜け落ちて、また生え換わります。その周期のことをヘアサイクルと呼んでいるのです。

 

ヘアサイクルは通常であれば、4年から6年の周期となっています。ヘアサイクルの大部分は髪の毛が成長する期間となっています。その「成長期」が過ぎると髪の毛の成長が止まる「退行期」を迎え、その後、休止期がきて、頭皮の下から生えてきた新しい髪の毛に押し出されるようにして抜け落ちることとなるのです。 ところが、男性型脱毛症になっている人の場合、この髪の毛の成長期の極端に短くなっているケースがみられるのです。

 

通常であれば毛根がしっかりと成長してから退行期を迎えるのですが、毛根がしっかりと育たないうちに髪の毛が抜けてしまうのです。 毛根部にはまだ新しい髪の毛が生えてきていないため、成長しきらないで髪の毛が抜け落ちてしまった部分からは、しばらくの間、髪の毛が生えてこないこととなってしまうのです。

 

そのため、細くて短い抜け毛が目立つようになってきたら要注意という訳なのです。 薬用育毛剤プランテルには、乱れてしまったヘアサイクルを正常に戻すことによって、髪の毛が太く、強く成長する手助けをしてくれるのです。薄毛の改善にはヘアサイクルを立て直すことが欠かせません

 

 
プランテルの詳細を見る
 

 

参考:気になるプランテルの使い方とは?

 

 プランテルの主要成分

星空の画像

 

プランテルの育毛効果については、実際に使用した人の口コミを見ることでより詳しく分かったことと思います。それでは次に、プランテルの主要成分とその働きについて見ていきたいと思います。

 

薬用育毛剤プランテルには、M字ハゲの改善を目的としていますが、その目的を達成するために重要な成分として、ヒオウギエキスがあげられます。ヒオウギエキスはヒオウギ(檜扇)と呼ばれる植物の根っこの部分から抽出されたエキスです。 ヒオウギエキスにはテクトリジンやイリジン、ベラムカンジンなどといった成分が含まれていますが、これらの成分は「フラボン配糖体」と呼ばれています。

 

フラボン配糖体とは簡単に言うと、フラボノイドと糖が結合した化合物ということになります。 豆腐に含まれていることで有名なイソフラボンもフラボノイドの一種であり、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きがあることから、女性用の育毛剤に配合されているケースもよく見受けられます

 

ヒオウギエキスに含まれているテクトリジンやイリジン、ベラムカンジンといったフラボン配糖体にも、イソフラボンと同じような働きがあります。 ヒオウギエキスには、M字ハゲの原因となってしまう2型の5α-リダクターゼの働きを阻害する働きがあるため、ジヒドロテストステロンの産生を防止し、抜け毛を減らすことができるという訳なのです。

 

薬用育毛剤プランテルには、センブリエキスも配合されています。センブリは漢方にも用いられることがあるのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。センブリエキスはリンドウ科のセンブリという植物から抽出したエキスのことです。 センブリエキスには血液の循環を促進したり、毛細血管を拡張したりする効果があることで知られています。

 

血液は全身に酸素と栄養を運んでいるため、血行がよくなれば栄養状態もよくなるという訳です。センブリエキスを配合したプランテルを頭皮に噴射することによって、頭皮環境を改善して、髪の毛が生える土壌を作ることが可能となるのです。

 

グリチルリチン酸2Kは、グリチルリチン酸ジカリウムと呼ばれることもある、グリチルリチン酸とカリウムから成る塩(えん)のことを指します。漢方薬のカンゾウ’(甘草)に含まれていることがよく知られています。グリチルリチン酸2Kには抗炎症作用があることから、頭皮のかゆみや炎症を抑えて、頭皮環境を改善する効果が期待されています。

 

セファランチンとはあまり意味馴染みのない成分ですが、タマサキツヅラフジ(玉咲き葛藤)という植物から抽出されたエキスで、末梢の血管を拡張する効果があります。そのため、円形脱毛症の治療に用いられることもあります。

 

薬用育毛剤プランテルには、センブリエキスとグリチルリチン酸2K、そしてセファランチンを独自の黄金比率で配合しており、髪の毛を育てる力と抜け毛を予防する力という、2つの力を発揮することが可能となっているのです。

 

参考:M字と闘う薬用育毛剤!プランテルについて徹底解剖

 

 プランテルの副作用

考える人の画像

 

薬用育毛剤プランテルには抜け毛を予防し、髪の毛を強く育てるための有効成分がたくさん含まれています。ところで、プランテルを使用するうえで、何か副作用が起こる可能性はないのでしょうか。 プランテルは厚生労働省によって認可された医薬部外品であり、石油系の添加物などは一切使用していないため、副作用の危険性は極めて低いと言うことが可能です。

 

ただ、人によっては肌質に合わないこともあるでしょう。 プランテルの安全性を示しているのが、購入してから30日間以内であれば、全額返金保証が付いています。品質に絶対の自信があるから、このようなことがおこなわれているという訳なのです。ただし、全額返金保証は、あとに紹介する自動お届けコースを選択した場合のみに適用されます。

 

参考:M字ハゲといえばプランテル!気になる育毛剤の効果を徹底解説!

 

 プランテルを購入

ここまで読んで、プランテルに興味を持ったという方もいらっしゃることと思います。では、プランテルはどこで購入できるのでしょうか。また、価格はいくらくらいなのでしょう。

 

プランテルは公式サイトから1本8,200円(送料640円)で購入することが可能です。また、自動お届けコース(定期便)で購入する場合、1本6,980円で購入することが可能となっており、さらに送料も無料となっています。休止や中止はいつでも大丈夫ということなので、興味のある方は自動お届けコースを選択した方がよいでしょう。

 

プランテルの効果をさらに高めたい場合は、製薬会社と共同開発した「M-CAREシャンプー(エムケアシャンプー)」を利用するという手があります。通常のシャンプーには髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまう化学的成分が含まれています。せっかく薬用育毛剤を使うのであれば、シャンプーも育毛効果を高めるものにしたいですよね。

 

M-CAREシャンプーは1本あたり3,980円、2本セットだと7,160円、3本セットだと9,980円で購入することが可能です。また、プランテルと同様返金保証が付いています。初回購入に限り、30日以内であれば全額返金保証が付いています。 他にもプランテル育毛サプリというサプリメントがあります。

 

身体の外からだけでなく、身体の内側から育毛効果を高めるという働きがあるので、プランテルやM-CAREシャンプーと併用することで、より効果的に薄毛を改善する効果が期待できます。プランテル育毛サプリは90粒(1ヶ月分)で8,700円となっています。

 

 
プランテルの詳細を見る
 

参考:M字ハゲ支持率NO1育毛剤!プランテルの効果と口コミ大特集!

 

 まとめ

ノートの画像

 

薬用育毛剤プランテルについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。プランテルにはヒオウギエキスが含まれており、その効果によってM字ハゲの原因となる2型の5α-リダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの産生を防ぎ、抜け毛の数を減らす効果が期待されています。

 

また、センブリエキスやグリチルリチン酸2K、セファランチンを独自の黄金比率で配合しており、頭皮への血液循環をよくしたり、頭皮の炎症を抑えたりすることで頭皮環境を良好に保ち、髪の毛が健康に生えるための土壌を整えてくれる働きがあります。

 

さらに、プランテルと併用してM-CAREシャンプーやプランテル育毛サプリを併用することによって、プランテルの育毛効果を最大限にまで高めることが可能となっています。安全性や効果に対する自信のほどは、全額返金保証が示していると思います。薄毛が気になり始めたら、一度試してみてはいかがでしょう。

プランテルの画像

プランテル

M字ハゲが気になる方におすすめ!


公式サイトを見る→