ホーム >> AGAコラム >> 女性の薄毛 >> 薄毛の女性も安心!薄毛でも似合う髪型・ヘアスタイルを長さ別にご紹介

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

薄毛の女性も安心!薄毛でも似合う髪型・ヘアスタイルを長さ別にご紹介



『最近、今までの髪型が似合わなくなってきた・・・。

』と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?従来では薄毛は男性特有の悩みとして印象強かったですが、近年女性でも薄毛で悩む方が増加してきています。

女性の薄毛に関する悩みは年齢比例し増加し、若いころには毛髪の量など全く気にならなかった女性も、30~900代を迎えるにつれてこのような薄毛に対する悩みを抱える人が増えてくるといえるでしょう。

また、働く女性の増加によって増えているストレスや、食生活の乱れなども頭皮の健康にとっては厳しい状況を生み出しています。

最近では20代の女性にも、薄毛の悩みを抱える方が増加しているようですね。

薄毛に悩む女性の方々へ厳選AGAでは第一に医師による治療をオススメいています。

無料でカウンセリングを行ってくれる女性専用のクリニックなどもあるのでお話だけでも聞きに行ってみてはいかががでしょうか。

また薄毛になってみて初めて実感する事ですが、髪のボリュームは「見た目の年齢」に大きな影響を与えてしまう為、

美容院や理容院などに求める利用者の声に『薄毛に似合う髪型を教えて欲しい!』と希望する若い女性も増えてきているのです。

そこで今回は薄毛に悩む女性に一刻も早く薄毛を目立たなくする為の応急処置、「ヘアスタイルの見直しと工夫」をご紹介致します。

ちょっとしたコツをつかめば、薄毛でも似合う髪型は多くあり、気になる部分を上手にカバーすることも可能ですので是非一度試してみては如何でしょうか?

薄毛を隠す簡単アレンジ

AGA_悩む少女の画像

もちろん、女性ならみんなヘアアレンジが得意というわけではありません。


「そういうのが苦手だから、手間いらずの髪型で通してきたのに…」
「不器用だし、難しいアレンジは無理」
「毎日忙しくて、そんなに手間はかけられない」

最近気になり始めたという程度の薄毛なら、ドライヤーを使ったテクニックを駆使しなくても、ちょっとした工夫で簡単に薄毛が目立たなくなります。

 

まずはスタイリング剤を使わず、頭皮にもやさしい簡単アレンジを試してみましょう。

こだわりの分け目がある。

もしくは、何となく同じ分け目で何年も過ごしている。


当てはまる方はいらっしゃいませんか?
長く同じ分け目を続けていると、徐々にその部分の頭皮が硬化していき、毛根の成長を妨げます。

 

特に毎日ぎゅっと引っ張りながら結んでいる方は要注意!
それだけで、若い女性でも分け目が薄くなってきてしまいますよ。


イメージチェンジのつもりで、思いきって変えてみてください。

女性髪型の画像

出典:《耳かけアレンジ》

長く同じ分け目でいるほど頑固な生え癖がついているので、急に変えてもぴょんと立ってしまって難しいかもしれません。


しかしその立ち上がりをうまく利用すれば、生え際をボリュームアップするための強力な味方になります。


新しい分け目の方向へ、根気よく丁寧にブラッシングして落ち着かせましょう。


ピンやバレッタでさりげなく留めておくのもいいですね。

そして新しい分け目が定着したからといって、再びそのままにするのはやめましょう。


長期間続けば、前の分け目が薄くなった時と同じ状態になってしまいます。

1週間や1ヶ月など、自分で期間を決めて定期的に変更してくださいね。

頭頂部やサイドの髪をすっきりとトップにまとめた、好感度の高いスタイル。


前髪はあるんだけどつむじが…という方に最適です。

女性髪型の画像

出典:《ローポニーテール》

ショートヘアだと長さが足りないかもしれませんが、ロングやミディアムヘアの方ならバッチリです。

女性髪型の画像

出典:《ポンパドール》

爽やかで清潔感があるので、会社やオフィスでもぴったりです。


鏡を見ながら、薄毛カバーに最適かつあなたに似合うベストポジションを探してください。

ターバンは全く使ったことがない…という人も多いのではないでしょうか。

簡単でテクニックいらず、そしてオシャレ上級者に見えるターバンは、前髪やサイドの生え際もしっかり隠せるお役立ちアイテムです。

 

女性髪型の画像

出典:《ターバン①》

女性髪型の画像

出典:《ターバン②》

ダークカラーならどんなファッションにも合わせやすいですし、逆にポイントになるような色や柄を楽しむのも素敵ですね。


レース使いのエレガントなタイプは、パーティーやフォーマルな場面でも活用できます。

ぜひ貴方も、これを機会にトライしてみてはいかがでしょうか。

 

ここで、薄毛の女性ができる、簡単なアレンジ方法をまとめておきましょう。

  • 分け目を変える
  • 前髪をかきあげる
  • ターバンでオシャレに!

効果的なブロー方法

AGA_女性指さすの画像

もともとヘアセットが得意な方や、自然な流れをつけたヘアスタイルを楽しみたい方は、ドライヤーを使ったブロースタイリングにも挑戦してみましょう。

髪の生えている向きとは逆に、コームやブラシを使って持ち上げるようにドライヤーをあてましょう。


引っ張りすぎないように優しく行うのがポイントです。

よりしっかりとクセづけたい時に便利なアイテム。


スタイリングのキープ力もぐっと高まります。


毎日のセットが面倒で…という場合はパーマをかけるという手段もありますが、パーマ液はどうしても頭皮へのダメージが0というわけにはいきません。

 

ホットカーラーやヘアアイロンは、使いすぎると髪にはダメージとなりますが、頭皮への影響がほぼないのが嬉しいですね。


どうしてもパーマをかけたい!という場合は、担当の美容師さんに相談しながら慎重に行いましょう。

ためしてガッテンで話題になった、「わずか1分で薄毛を隠せるブロー」をご紹介します。


トップにボリュームを出すだけで随分印象が変わりますから、つむじ周りの薄毛が気になる方は、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、濡れている髪で行うと非常に時間がかかってしまいます。


乾いた状態の髪からスタートしてくださいね。

つむじに両手の指を開いて差し入れ、根元の髪をしっかりと起こします。

つむじの根本を左右交互に倒しながら、乾くまでドライヤーをあてて乾かします。

下から上へ軽くしごくように髪を引っ張りながら、往復くらいを目安に行ってください。

完全に乾いたら、立ち上がりをつぶさないよう手ぐしで自然に仕上げます。

出典::http://trendnews1.com/tameshite/

スタイリング剤は最低限に!

AGA_注意の画像

ブローで作ったスタイルをキープするためには、スタイリング剤で固定するのが普通です。

しかし、その選び方や使い方を間違えていませんか?
しっとりとした重いテクスチャのスタイリング剤はNG!


コシの弱くなった髪を重くし、ますますぺたっとボリュームダウンさせてしまいます。


立ち上がりの固定にはジェルやワックスではなく、スプレーをセレクトしてくださいね。

さらに頭皮への負担を軽減するために気をつけたいのは「使う量」です。


髪の毛をしっかりと立ち上げたい、長時間キープさせたいと思うと、ついついスタイリング剤を大量につけすぎてしまいがち…ではないでしょうか。


そもそもスタイリング剤は、頭皮につけることを前提としたものではありません。


頭皮に付着したスタイリング剤が皮膚に刺激を与えたり、皮脂と混じり合って毛穴を詰まらせたりするトラブルも多いんですよ。


ですからスタイリング剤はあくまで少なめに、頭皮を避けてつけましょう。

そしてシャンプーの前には、ぬるま湯でスタイリング剤をできる限り洗い落とすこと。


最後にシャンプーで落とすことはもちろん必要ですが、密着したスタイリング剤を強引に洗い流すと頭皮に負担をかけ、さらなる薄毛の原因にもなりかねません。


デリケートな洗濯物を扱うように、予洗い&手洗いモードで臨んでくださいね。

薄毛にベストな前髪は?

前髪の薄毛には、なんといっても厚めのフルバングが基本です。


頭頂部には普通に髪があるけれど、前髪の生え際が気になる…という方には特にオススメ。

女性髪型の画像

出典:《フルバング》

しっかりと厚みのある前髪なら、生え際の薄さは全く目立ちません。


トップからこめかみ付近を目安に、扇形を描くような前髪を作ってもらいましょう。


まっすぐに下ろすと目元が強調されて可愛いく、軽く流すと大人っぽいニュアンスになります。

しっとりと艶やかな色っぽさを演出したい時には、思いっきりアンシンメトリーに分けた前髪にしちゃいましょう。

「6:4」といった中途半端な分け目は、薄毛隠しにはかえって逆効果! 「8:2」か「1:9」くらいのイメージで大胆に分けましょう。

 

流し方を工夫すれば、前髪だけでなくつむじもカバーすることができますよ。

【長さ別】おすすめヘアスタイル

薄毛カバーに最適なスタイル、ショートヘア。


ロングやミディアムに比べてレイヤーの自由度が高く、分け目をフリーにすることもできるため、スタイリングによるボリュームアップが簡単です。


前髪やつむじが気になる方はもちろん、全体的なボリュームダウンにお悩みの方にもオススメですよ。

マッシュショートはスタイリッシュかつ、トップも前髪もカバーしやすい優秀ヘア。

女性髪型の画像

出典:《カジュアルマッシュ》

レイヤーで動きをつけたショートは、年齢を問わない人気スタイル。

女性髪型の画像

出典:《大人気ショートヘア》

シャンプーやドライヤーで乾かす所要時間が短く、髪や頭皮に負担をかけにくいのもメリットですね。

 

 

ショートよりフェミニン、ロングよりお手入れが楽なミディアムヘア。


スタイリングのボリュームもキープしやすいので、全体をふんわり仕上げることも難しくありません。


頭頂部をカバーするなら、トップにレイヤーを入れてもらうとスタイリングが簡単ですよ。

華やかな裾カールに視線集中!のキュートヘア。

女性髪型の画像

出典:《ミディアムヘア》

ゆるいカールをつけるとやさしい雰囲気。

さりげなくボリュームもアップします。

女性髪型の画像

出典:《大きめカール》

フルバング&ハーフアップは、前髪もトップも両方隠せるお助けヘア♪

女性髪型の画像

出典:《エレガント風》

最も女性らしく、アダルトにもフェミニンにも雰囲気を演出できるロングヘア。


長い髪だけは諦めたくない…というこだわりを持つ方も多いのではないでしょうか。

軽く流した厚めバングとゆる巻きで、最強のモテヘアができ上がり♪

女性髪型の画像

出典:《ゆる巻きロングヘア》

トップのボリュームアップに最適な、変形夜会巻きアレンジ。

女性髪型の画像

出典:《ボブ風ヘア》

ロングヘアの難点は、そのままだと髪自体の重みがあるため頭頂部のボリュームが出しにくいところです。


しかし、ヘアアクセサリーやアレンジを使ったバリエーションが最も多いのは、大きなメリットでもありますね。

 

髪型だけでなく頭皮ケアも

AGA_女性水飲むの画像

ヘアスタイルチェンジで若返った気持ちをバネに、育毛ケアにも着手しましょう!
一般的に女性の薄毛は、男性よりも改善が容易であると言われます。


急激に進行することも少ないですから、ヘアスタイルで上手にカバーしながら、ストレスをためることなくマイペースで取り組んでいけるといですね。

でも…何から始めればいいの?という方へのアドバイス。

今までは生えている髪の仕上がりだけを重視して選んできたという人は、頭皮の健康や育毛を重視したシャンプーに変えてみてはいかがでしょうか。

こだわりを持って作られている製品ほど、店頭ではなくネットで販売されている場合が多いですから、恥ずかしさを感じることなく気軽に入手できます。


男性と女性では、薄毛の原因も体質も大きく異なりますから、共用はできません。

他にも良質な睡眠、バランスのとれた食生活、ストレスをためない、バスタイムはゆっくり湯船につかって血行促進する…など、薄毛の改善に有効だと言われる条件はたくさんありますが、一言でまとめれば「全身の健康状態を良好に保つ」ということです。


髪は体調のバロメーターと考えて、今までより健康に注意した生活を送りましょう。

気になる箇所にピンポイントで働きかけるなら、頭皮マッサージなどもオススメですよ。

まとめ

気づいた時にはショックの大きい女性の薄毛ですが、スタイリングやアレンジの簡単なコツ、ヘアスタイルのチョイスでかなり目立たなくできるものなんですね。

自分でも気づかなかった、意外な魅力を発見できるかもしれませんよ。

今なら無料相談を行っているクリニックもあります!薄毛は進行性、思い立ったらすぐ行動しましょう。

東京ビューティークリニック

★発毛満足率99.4%
★最寄駅から3分以内
★カウンセリング完全無料
★初診料&血液検査費無料

_

ヘアメディカル

★たった2分で予約完了
★最寄りから徒歩5分
★カウンセリング無料<

_