ホーム >> AGAコラム >> 女性の薄毛 >> 【薄毛治療を考えてる人はストップ‼】女性のハゲには種類がある!?

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

【薄毛治療を考えてる人はストップ‼】女性のハゲには種類がある!?



髪の毛が薄いと見た目年齢を上げてしまうため、女性にとって薄毛は切実な悩みのひとつです。

髪の毛は、誰でも1日に80本から100本近くは抜けるものと言われています。

新陳代謝によっておこなわれる正常な範囲の抜け毛は、本来心配する必要はありませんが、シャンプーをしたときに髪の毛が抜けていくのを見るたびに不安になり、それがストレスとなって、さらに抜け毛が増えてしまうこともあります。

抜け毛や薄毛の原因は人によって様々なので、生活習慣を整えても薄毛が改善されない時は、精神的に落ち込んで悩む前に専門の医療機関で相談するとよいでしょう。

薄毛は病気です

薄毛の画像

薄毛は遺伝だからと、あきらめることはありません。

適切な治療や、日頃のケアで髪の毛や頭皮の若返りは可能です。

FAGAはびまん性脱毛症ともいい、頭全体が広範囲にわたって均等に脱毛します。

特に頭頂部の地肌が透けて見えるようになりますが、自分では常に見ることができないため、気がつかないことも多いようです。

男性の薄毛をAGA「男性型脱毛症」と呼ぶのに対して、女性の薄毛をFAGA「女性男性型脱毛症といいます。

FAGAは、ストレスやダイエットなどによる栄養不足、ホルモンの分泌異常など様々な原因でおこります。

男性にも女性にも男性ホルモンは分泌されますが、女性は更年期頃を境に女性ホルモンの分泌が徐々に減少していき、髪の毛に元気がなくなります。

女性ホルモンのエストロゲンは育毛効果があるため、エストロゲンが順調に分泌していれば薄毛で悩むことはありません。

更年期以後は、エストロゲンを増やす方法を取り入れることが大事です。

FAGAの治療には、ミノキシジルや育毛剤が用いられることが多いようですが、治療方法は人によって違ってくるので、専門の機関を受診し自分に合った治療をしましょう。

ポニーテールやアップヘアを長年していると、髪の毛が引っ張られて毛根がダメージを受け、牽引性脱毛症になることがあります。

年齢に関係なく、髪の毛を引っぱると負担がかかり、前髪の生え際などが薄くなってしまうのが牽引性脱毛症です。

髪をくくらないようなヘアスタイルにしたり、緩やかなまとめ髪にすることで進行をおさえることができます。

また、ブラッシングのし過ぎや、力強くとかすなどブラッシングの方法に問題があることもあります。

円形脱毛症とは、髪の毛だけではなく体毛が抜け落ちます。

眉毛やまつ毛も抜けることもあり、女性にとっては美容上も気になりますが、原因はストレスや自己免疫疾患といわれています。

脱毛が数カ所の場合は2~3ヵ月で元に戻りますが、広範囲の場合は治りにくくなることがあり、患部がくっついて全頭脱毛になることもあります。

内服薬や外用剤などを用いての治療が一般的ですが、ドライアイスを押し当てる療法や、紫外線照射などの治療法があります。

フケが原因によるひこうせい脱毛症は、シャンプー剤が合わなかったり、生活習慣の乱れによっておこります。

脂漏性脱毛症は男性ホルモンの過剰分泌や洗髪後のシャンプー剤が残っていたり、シャンプー剤が合わなかったりして皮脂が過剰に分泌され、皮脂が毛穴をふさぎのが原因です。

分娩後型脱毛症は、出産後のホルモンや体調の変化で起こりますが、ほとんどの人は、半年から1年で脱毛は治まります。

そもそも髪の毛って何からできているの?

薄毛の画像

髪の毛の主成分は、ケラチンと呼ばれるたんぱく質です。

たんぱく質はアミノ酸が多数つながった物質で、肉や魚大豆製品に含まれますが、身体を構成する大切な栄養成分です。

髪の毛は3層構造になっており、中心にはメデュラ、次にコルテックス、その次にキューティクルがあります。

メデュラは、たんぱく質と脂質からできており、コルテックスは髪の90%近くを占め、メラニン色素も含まれます。

キューティクルは、髪の毛の保護をしており、脂質成分が含まれています。

髪の毛の主成分であるケラチンは、以下のようなアミノ酸からできています。

シスチン、アルギニン、ヒスチジン、リジン、チロジン、トリプトファン、フェニール・アラニン、メチオニン、セリン、スレオニン、グルタミン酸、アスパラギン酸です。

たんぱく質は体の重要な材料ですが、ダイエットなどで制限すると、必要なアミノ酸が 身体の先端の髪の毛や爪先まで届きににくくなります。

そのため抜け毛や切れ毛が多くなることがあります。

髪の毛は成長期、移行期、休止期を経て抜け落ちますが、その過程は長く、生え変わるのに5~7年かかります。

髪の毛は1本1本が休止期に入る時期が違います。

そのため人間は通常抜け毛が目立つことはありませんが、ほとんどの動物は、全身の毛が同時に抜け変わります。

年齢による髪質の変化はあるの?

薄毛の画像

産後の抜け毛に、分娩後脱毛症がありますが、原因は出産によるホルモンの分泌の変化や、体力の低下、出産や育児によるストレスです。

ほとんどの人は、時がたつと自然に元に戻ります。

20代では女性ホルモンの分泌が盛んなため、髪の状態も回復しやすいものの、30代になると産後の回復が遅れることもあり、髪の毛が乾燥しやすくなり、抜け毛が続くこともあります。

妊娠や出産以外にも過度なダイエットや、アレルギーによる皮膚疾患や、内臓の病気が原因で薄毛になる場合もあります。

更年期前後から女性ホルモンのひとつエストロゲンが減少し、薄毛だけでなく、抜け毛や白髪などの様々な症状が目立つようになります。

40代から50代にかけての更年期前後は、髪の毛の状態が悪くなるだけでなく、白髪や薄毛も気になり始めます。

40代頃になると子育てもひと段落し、運動不足などから新陳代謝が衰え、頭皮や髪の毛の基礎代謝にも影響します。

頭皮や髪の健康だけでなく、ストレスの解消や更年期障害の予防と改善のためにも日常的に運動を取り入れるようにしましょう。

加齢により、次に生えてくる髪が細くしか育たないので、髪の生えかわるサイクルは同じでも毛が薄くなったと実感するようになります。

髪は加齢とともに変化していきますが、体の老化と深く関わっており、ほとんどの人が年齢とともに髪の毛が細くなったと感じているようです。

その他にもハリやコシがなくなったとか、パサつきやすくなったなどの悩みを抱えているようです。

60代以降になると加齢による髪質が大きく変化し、50代に比べ白髪や薄毛が目立つようになります。

60代以降はかなり個人差があるようで、髪の分け目や頭頂部が透けて見える人から、ツヤツヤの黒髪を維持している人もいます。

加齢による髪質の変化は、自然現象とも言えます。

あまり気にしてストレスをためるより、適度な運動をして血液の循環を良くし、十分な睡眠をとって代謝を良くすることが、加齢による抜け毛や薄毛を防ぐ方法といえるようです。

女性ホルモンとは卵巣から分泌されるホルモンで、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲストロンがあります。

女性ホルモンの分泌のピークは20代です。

30代で徐々に減少し、40代後半から50代後半の更年期にかけてはグンと下降します。

加齢に伴ってホルモンの分泌量が減ると、ハリやツヤがなくなり白髪が目立つようになるなど、髪質にも変化が表れてきます。

自分でできる頭皮のチェック方法

薄毛の画像

薄毛とは、生えかわる毛がだんだんと細くなり、地肌が透けて見えるようになる状態のことを言いますが、加齢などによって新しく生えてくる髪の毛は、だんだん細くなってきます。

髪の毛が薄くなったと感じるのは、髪の毛の生え替わるサイクルは同じでも、1本1本が細くなっているからです。

女性のほとんどはつむじあたりから薄くなっていき、男性のように髪の毛が全部なくなるようなことはありません。

1,額の生え際の少し下に中指を当てて強く5秒押してから離し、2分後に押したところを確認して額に指の跡が残っていたらむくんでいる証拠です。

2,頭頂部あたりの頭皮を親指と人差し指でしっかりつまめたら大丈夫ですが、痛かったり動かなかったら頭皮が凝り固まっているサインです。

3,手でこぶしを作り、指の第二関節を両耳の上にしっかりと押しあてて、皮膚を動かすように後ろに回して痛たいと感じたら凝っています。

毎日のように帽子をかぶっていると、どうしても地肌が汗で蒸れてしまい、細菌が繁殖しやすくなります。

するとダメージを受けた髪の毛は抜けやすくなります。

帽子と同じように、ウイッグをつけっぱなしだと、頭皮に悪影響を与えてしまいます。

長髪の方がハゲやすいと言われますが、実際短い髪の毛の方が通気性が良いので、ハゲにくいようです。

白髪は、ハサミで切るようにしましょう。

たばこを吸うことで活性酸素が増え、薄毛の原因となってしまいます。

薄毛の対策をしよう

薄毛を改善するには、頭皮の状態が良くなるような生活習慣を心がけることも大事です。

正しい頭皮と髪の毛のケアをすることで、新しい髪の毛が生えてくる可能性は十分あります。

髪の毛が抜けるということは、次に新しく生えてくる準備でもあるのです。

ヘッドスパとは、頭皮と髪の毛の温浴のことです。

ヘッドスパの専門店では、トリートメント剤やコンディショナー、シャンプー、オイルなどを使って、ヘッドマッサージをおこないます。

健康な頭皮なら毛穴にたまったカラー剤やヘアケア剤などが排出されますが、頭皮が弱っているとマッサージ剤の成分が頭皮や髪の毛に合わず、毛穴に入り込んでしまいトラブルを起こすことがあります。

体調があまりよくないときは、自分で頭皮の緊張をほぐして血流を良くしましょう。

疲労やストレスで、頭皮が固くなって血流が悪くなると、髪の発育が止まってしまいます。

頭全体のコリをとることが、薄毛予防の為に効果的な方法です。

セルフヘッドスパのやり方は、オリーブオイルなどを手につけて、指の腹をしっかり押し当てて、頭皮を動かすようなイメージで頭頂部や耳の周りを、気持ちの良い程度にもみほぐします。

自分でおこなうシンプルなヘッドスパの効果は、頭皮が健康になり髪につやが出るだけでなく、頭と顔の筋肉がほぐれ眼精疲労や肩こりが解消されます。

生まれながらに髪の毛が細く量も少ない人もいますが、血の巡りを良くする運動や食事を心がけると、急激に薄毛が進行するということはありません。

薄毛や抜け毛の予防も生活習慣病と同じで、良質な睡眠と、バランスのとれた食事、適度な運動が大切です。

薄毛対策は、まずは生活習慣を見直すことが一番です。

また、普段の食生活も見直し、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

髪に毛の成分の基本はたんぱく質ですが、肉ばかり食べていては血流が悪くなり、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

薄毛や抜け毛対策には、まず髪を育てる食材を摂取することが大切ですが、その前に髪の毛にダメージを与える食材をセーブすることが大事です。

白砂糖は酸性食品なので、取り過ぎるとカルシウム不足となり、自律神経が乱れてしまい、血流障害がおきます。

毛細血管に血が巡らなくなると、髪の毛の末端まで栄養が行き届かなくなります。

また、脂質の摂り過ぎや炭水化物のもよくありません。

過食をせず、色々な食材をまんべんなく摂取するようにしましょう。

<女性の薄毛の遺伝について>

女性の薄毛は、頭のてっぺんのつむじあたりから、徐々に地肌が見えるようになります。

一般的に母方の家系が薄毛であれば髪の毛が薄くなると言いますが、女性の薄毛の遺伝性は解明されていません。

女性の遺伝に関しては男性よりも影響が少なく、男性のように髪全体がなくなることはありません。

髪の毛や地肌を清潔にしようと思うあまり、薄毛の人はシャンプー剤などを多く使って洗い過ぎる傾向があるようです。

ていねいに洗うほど皮脂が洗い落とされ、今度は失った皮脂を補うために栄養が使われ、髪の毛に栄養が行き届かないようになり、薄毛になってしまいます。

季節の変わり目は抜け毛が多く、特に夏から秋にかけては1日に100本以上も抜けます。

抜け毛を気にして悩むことがストレスとなり、ストレスがストレスを呼んで心因性の脱毛症になることもあります。

毛穴が詰まると抜け毛の原因になるので、ていねいにシャンプーをして、十分なすすぎをすることが大切です。

薄毛や抜け毛予防には頭皮をいつも清潔な状態に保っておくことが大事ですが、洗浄力の強いシャンプーで毎日洗うと、本来頭皮に必要な常在菌まで洗い流してしまいます。

洗いすぎるとフケの原因となり、頭皮の皮膚疾患が続くと薄毛になってしまうことがあります。

シャンプーに界面活性剤などの化学物質が含まれていると、頭皮や髪の毛にに悪影響を与えてしまうため、アミノ酸活性剤を使用したものを用いて優しく洗いましょう。

薄毛予防のシャンプーのコツは、次のような順序で洗うことです。

シャンプーの前に、荒い目のくしでサッと髪をとかし、ほこりを取ってからぬるま湯で頭皮と髪の毛を手ぐしで流しておきます。

シャンプーは、ワンプッシュ程度のできるだけ少ない量を手に取って、後頭部、側頭部、頭頂部、前頭部、額の生え際の順に洗いますが、爪を立てないように指の腹で洗うようにします。

ムースやスタイリング剤をつけた日や、汗を特別多くかいた日などは2度洗いをすると、汚れがきれいに落ちますが、2度目はシャンプー剤を少なめにしておきましょう。

髪をすすぐときは、シャンプーの成分が残らないようにしっかりすすぐようにします。

熱いお湯でのシャンプーは、頭皮に必要な皮脂分まで落としてしまので気を付けましょう。

*シャンプー剤を使って毎日洗わなくても、ぬるま湯で洗うだけでも汚れの大部分はとれるので、さほど汚れていない日は洗髪の仕方を使い分けるとよいでしょう。

髪を良く乾かさずに寝たり、ブラッシングせずに寝ると、髪が傷んでしまうので寝る前のブラッシングは大切です。

抜け毛や薄毛の予防には正しいブラッシングが大事ですが、洗髪後すぐの濡れている髪はキューティクルがはがれるので、乾かしてからブラッシングしましょう。

ブラシによっても抜け出は違ってきます。

ナイロン製は、頭皮を傷つけることもあるため、豚毛や猪毛がおすすめです。

また、不衛生なブラシはせっかくシャンプーした後に、雑菌が頭皮につき、抜け毛の原因になってしまうこともあるので、いつも清潔な状態を保つようにしましょう。

ブラッシングをするときに、ショートヘアなら頭頂部から毛先まで真っ直ぐにとき下ろしても大丈夫ですが、ロングヘアの場合は、下から少しずつとかしながら上にいき、最後に、 全体をブラッシングすると髪の毛にダメージを与えません。

ドライヤーをあてると髪が傷み、抜け毛や薄毛の原因になると思い込んでいる人は意外と多いようですが、実はそうではありません。

洗髪後の髪を自然乾燥させると乾ききるまでに頭皮が蒸れることがあり、臭いや雑菌の繁殖の原因になってしまいます。

適切な方法でドライヤーをあてる方が、髪の毛のためには効果的なのです。

ドライヤーの使い方のポイントは、ドライヤーをあてる前に、タオルで水分をていねいに取っておくことです。

いきなり濡れた髪の毛をドライヤーで乾かすのは、ドライヤーをあてる時間が長くなってしまうので、髪の毛や頭皮に負担をかけてしまいます。

しかし、タオルドライが大事とは言え、無造作にゴシゴシこすると枝毛や切れ毛の原因になってしまうので、吸湿性のよいタオルで髪の毛をはさんで、軽くたたくような感じで乾かします。

ドライヤーを使うときは、髪から20㎝以上離して用い、頭全体をまんべんなく乾かしていきましょう。

仕上げに冷風をあてるとキューティクルが整います。

髪の毛の中には水分が含まれており、この水分を保護するキューティクルがはがれて、髪の繊維がさけてしまうのが枝毛ですが、髪の毛が薄いと、ボリューム感を出すために逆毛を立ててセットしたくなりますが、逆毛を立てると髪は痛み、枝毛だけでなく切れ毛や抜け毛の原因となってしまいます。

髪に毛の流れにそったヘアスタイルがベストです。

東京ビューティクリニック

★発毛満足率99.4%
★最寄駅から3分以内
★カウンセリング完全無料

_

薄毛の悩みは加齢によるものと思いがちですが、実はそうではありません。

むしろ、20代~40代にかけての比較的若い年齢層が、薄毛の不安に悩んでいるようです。

仕事や子育てなど様々なストレスと戦い、忙しい日々を送る世代は、ホルモンも乱れがちになります。

これといった原因も思い当たらず、抜け毛などのトラブルが気になる場合は、専門の機関で早めにカウンセリングをお受けることをおすすめします。

東京ビューティクリニックでは、20代~40代の若い世代の来院が多く、無料カウンセリングを受けることができます。

「薄毛は遺伝だから」とあきらめないでください。

適切な治療を施すことで必ず髪は生えてきます。

当院の薄毛治療による発毛の実感率は99,4%です。

1受付で問診票の記入をします

2薄毛治療専門医師が頭髪、頭皮の状態と身体全体の健康状態を問診します。

3毛根、頭皮の状態を詳しくチエックします。

(以上の初回カウンセリング約60分は無料です) 薄毛の治療法は個人によって違うため、症状ごとに多様なメニューで対応することが可能な専門のクリニックの受診が効果的です。

育毛剤を用いたり、食生活の改善など生活習慣を見直すだけでは、いったん進行し始めた薄毛の進行を食い止めるには難しいものがあります。

最先端の治療で、少しでも早く薄毛の悩みから脱出しましょう。

まとめ

薄毛の画像

女性は、ヘアスタイルひとつで10歳近くも若返ると言います。

それほど髪の毛と若さには関係性があるのです。

女性は頭頂部から薄くなるびまん性脱毛症が多く、頭頂部は 自分では見えないため気づくのが遅れがちです。

エスカレーターなどで上から見ると、頭頂部の薄毛は意外と目立つものです。

ウイッグや帽子で隠しても、根本的な治療にはなりませんが、専門的なクリニックで適切な治療を受けることで、解決が望めます。

毎日髪の毛のことで悩むと、ストレスがストレスを生む結果となり、よけいに薄毛が進行します。

ほんの少しの勇気で薄毛が解消でき、若さを得られることができるのなら、髪の毛の悩みは早めに解決しましょう。

東京ビューティークリニック

★発毛満足率99.4%
★最寄駅から3分以内
★カウンセリング完全無料
★初診料&血液検査費無料

_

ヘアメディカル

★たった2分で予約完了
★最寄りから徒歩5分
★カウンセリング無料<

_