AGAコラム

公開日 2017.9.5
更新日 2017.10.11
頭皮にかゆみが出ている人が選ぶシャンプー
Shampoo1

※ 2017.10.11 一部内容更新

一日中かゆくてたまらない、頭皮のかゆみ。 頭皮の乾燥や肌に合っていないシャンプーの使用等が主な原因になりますが、かゆみを抑えるためにはどのような対策が必要なのでしょうか。 人によって頭皮の問題はデリケートに思っている人もいれば、一方ではかゆみに対して「一時的なもの」「そのうち治る」と思っている場合も多いようです。

 

しかし頭皮のかゆみは、放置しておくと頭皮環境を悪化させかねない程大きな問題に発展する危険性があります。 そこで本コラムでは、頭皮のかゆみに対してどのようなアプローチが良いのかを調べてみました。 後半ではおすすめのシャンプーも紹介しています。 興味のある方は参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 頭皮のかゆみ対策

AGA_画像名の画像

 

頭皮のかゆみには何かしらの原因があるものです。 その原因に応じた対策が求められるのですが、具体的にどのような対策があるのか探ってみるとしましょう。

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

参考:頭皮の炎症はこうして起きる!各症状原因と対策・ケア方法

 

 

乾燥肌の人はどうしても頭皮が乾燥してしまいがちですので、かゆみが生じやすいとも言えます。 乾燥肌で悩んでいる人は頭皮用の化粧水や、保湿成分の高いシャンプーを使用してみると良いでしょう。 肌が乾燥しているということは、潤いが足りないことを意味しています。体質的な問題もあれば、使っているシャンプーが合っていないといった問題があるかと思いますが、工夫次第で改善することが出来ます。

 

近年では頭皮用の化粧水も販売されていますので頭皮に塗布することによって頭皮の潤いをキープし、かゆみを抑えることが出来ます。 乾燥した肌は様々な刺激に対して敏感になってしまいます。例えば何かが頭皮に触れた際、潤いのある頭皮であればクッションのように衝撃を吸収出来るはずが、乾燥しているとダメージを受けてしまいます。 その際たるものが紫外線です。 紫外線もまた、頭皮にとっては刺激です。

 

潤いのある頭皮であれば紫外線を受けても紫外線を吸収出来ますが、乾燥していると紫外線さえ刺激になり、かゆみを生じることになってしまいますので、頭皮への潤いを心がけることで改善出来るでしょう。 また、肌が乾燥している人が控えるべきことがあります。それは安易に水で濡らすことです。頭皮のかゆみに対し、ついつい水を頭皮にかけて何とかしようと考えている人は多いことでしょう。

 

実は乾燥肌の人は安易に水を頭皮に付けることは行うべきではありません。 一時的には頭皮は水分を吸収して潤うでしょう。ですがすぐに乾燥してしまいます。むしろ余計かゆみが増す可能性の方が高いので、かゆみには水ではなく頭皮用の化粧水を使用しましょう。

 

頭皮用の化粧水と言われてもピンと来ない人の方が多いでしょう。 そもそも化粧水とは顔に付けるものであって、頭皮のためのものではありません。ですが頭皮も顔も肌であることは同じです。 そのため頭皮のかゆみに悩んでいる人向けに、各メーカーから様々な頭皮用化粧水が登場しています。ドラッグストアで購入出来るタイプのものもありますし、昔のヘアトニック等も品質が改善されていることも多いです。

 

頭皮の乾燥が原因でかゆみに悩まされている人は、頭皮に潤いをもたらしてくれるそれらの頭皮用化粧水を塗布してみると良いでしょう。 肌に潤いを与える目的で、頭皮用のローションやヘアトニックでも代用出来るので、こちらを求めてみると良いでしょう。

 

 

乾燥とは逆に、脂性の人でかゆみに悩まされている人もいるのではないでしょうか。しっかりシャンプーもしているし、出来ることはしているもののふと気が付くと頭皮がベタベタしている。 頭皮の脂でベタベタになれば体が汗をかいてかゆくなるのと同様、かゆみも出てきます。脂性の人の場合、改善策は二つあります。

 

頭皮は脂性ではない人でも常にある程度の脂があるものです。頭皮はとてもデリケートな部分です。 髪の毛にせよ頭皮の脂にせよ、頭皮そのものを守る役割があるからこそなのですが、シャンプーによって脂を落としてしまうと、頭皮が「肌を守るバリアが無い!もっと脂を出そう。」と、誤った動作をしてしまうのです。 つまり、頭皮の脂はある程度残しておいてよいものなのです。

 

ですが石油系界面活性剤が用いられているシャンプー等ですと洗浄力が高すぎるので、本来落とす必要のない頭皮の脂まで落としてしまいます。 その結果頭皮を守るバリア機能が失われ、頭皮が脂を過剰分泌してしまう恐れがあるのです。 つまり、自分は脂性だと思っていたものの実は脂性ではなかった人がこちらのパターンです。

 

石油系界面活性剤が用いられているシャンプーは安価でありつつ洗浄力もとても高いので、市場にも多く出回っています。 ですがかえって皮脂の過剰分泌を招く場合もありますので、そんな方はシャンプーを変えてみると良いでしょう。

 

もちろん石油系界面活性剤シャンプーを使ってなくとも、普段から皮脂の分泌が多めの方もいます。体質的に脂性が強い方は注意が必要かもしれません。 そのような人はライフスタイルの改善が大切です。脂が多い人は普段のライフスタイルを改善すると皮脂の分泌を抑えられる場合もあります。 例えばコレステロールの高い料理を使った食生活が基本となっているケースです。

 

人間は食事によって栄養を摂取します。つまり、普段の食事で摂取したものから肉体が作られるのです。 脂分の多い食事ばかりであれば当然体全体の脂分が増えます。頭皮の脂だけではなく、汗がドロドロしたり以前と比べて匂うと感じるようであればそういった食生活に問題があるでしょう。 また、食生活だけではなく運動不足の影響も考えられます。

 

人間は普段生活している中である程度はエネルギーを代謝するのですが、運動不足に陥ると本来は体の外に出ていくべきエネルギーまで体の中に留まってしまいます。 特に目立つのが食生活と運動不足の両方の問題を抱えている人です。脂分が多い食事ばかりなので体の中に脂が増える。一方、運動もしていないのでそれらを体の外に排出する機会が少なくなる。

 

まさに悪循環そのものですが、結果、頭皮の脂が増えてしまい、かゆみの原因となるのです。 体質的な問題もあるにせよ、自分は脂が多いなと感じている人は一度食生活を含めてライフスタイルそのものを改めてみると良いでしょう。

 

 

頭皮のかゆみは髪の毛の長短で決まるものではないのですが、長髪の方で頭皮のかゆみに悩まされている人は比較的多いようです。 短髪と比べると長髪の人は髪の毛が長い分、短髪の人よりもしっかりとシャンプーをしなければなりません。また、頭皮そのものにも気を使わなければなりません。 例えばですが少し動いて軽く汗をかいたとします。短髪の人であればハンカチ等で軽く拭うだけですぐに汗を除去出来ます。

 

一方、長髪の人は髪の毛が長いこともあり、汗をかいてもいつしか髪の毛に汗が吸収されるのでそのままにしておいても大丈夫だろう…と考えたり、髪の毛が多い分誤魔化しが効くので頭皮に対しての意識が希薄になりがちです。 長髪だからかゆみが生じるのではなく、長髪にすることによって頭皮そもののへの意識が遠のいた結果、かゆみを生むことになるのです。

 

長髪でかゆみに悩まされている人はとにかくシャンプーを見直すべきでしょう。 先にお話しした通り石油系界面活性剤が入っているシャンプーは使わないようにするだけではなく、普段のシャンプーの際にすすぎが大切になってきます。 むしろすすぎ不足が頭皮のかゆみを生むのです。髪が長いので泡立ちも多く、シャンプーをしっかり行っていると思っている人は多いでしょう。

 

ですがそれは「洗う」を一生懸命行っているのであって、すすぎに関しては適当に行っている人が多いのです。 確かにシャンプーは頭皮と髪の毛を洗う行為です。とても大切なのですが、しっかりと洗えば洗う程、髪の毛や頭皮全体にシャンプーが付着することになります。にもかかわらず、すすぎがしっかりと行われていないと頭皮にはシャンプーの成分が残ってしまいます。

 

それがかゆみやフケの原因ともなるのです。すすぎが大切と言われているのはそのためです。すすぎによって頭皮や頭髪に付着したシャンプーを洗い流すのです。短髪の人であれば髪の毛が短いのでシャンプーもすぐに洗い流せるでしょう。 ですが長髪の場合、シャンプーが髪の毛の至る所に残っているのです。軽くシャワーを浴びた程度ではなかなか落ちません。

 

シャンプーはどうしても「洗う」という点ばかりに一生懸命になってしまい、すすぎに対してあまりこだわりを持っていない人もいることでしょう。 しかしシャンプーに関してはすすぎもまた、洗いと同じくらい大切なのです。 ましてや長髪の場合、すすぎ不足になりやすい状態でもあるのです。人一倍すすぎに気をつけましょう。

 

 

こちらはどちらかといえば女性に多いものかと思いますが、近年はお洒落に気を遣う男性も増えていますので、男性にとっても無縁ではないでしょう。 カラーリングやパーマを美容院にてしっかりと行うのであればさほど気にすることはありません。プロの美容師であれば頭皮に溶剤を付着させることなく、髪の毛だけを狙ってカラーリング出来るからです。

 

問題は自分で染めたりパーマをかける場合です。近年はドラッグストアはおろかコンビニでも毛染め剤が販売されていますので、自分でやろうと思えば容易に入手出来ます。 しかも使用方法も簡単です。溶剤を溶いて髪の毛に塗る。そして時間が経過したら洗い落とす。これだけで毛は染められますし、パーマの場合は形作りが多少手間ではありますが、こちらも同じように溶剤を使うことで自ら行える時代になりました。

 

美容院で髪の毛を染めるとなれば一回当たり一万円近くかかることでしょう。ですがドラッグストアやコンビニであれば1,000円でお釣りがくる価格で毛染め剤を入手出来ますので、安易に自分で毛染めを行う人も多いと思います。 しかしながら、頭皮の事を考えるとこれが大きな問題なのです。 自分の頭皮を肉眼で見ることは出来ません。

 

どうしても鏡越しになってしまいますので、毛染め剤が頭皮に付着し、ダメージとなってかゆみになるのです。

 

対策はカラーリングを行うのであれば美容院で染めることに尽きます。 ただ、自分で髪の毛を染めてみたい人もいるでしょう。そこで気を付けるのがシャンプー同様、すすぎなのです。頭皮に付着してしまうのも出来れば避けたいのですが、自ら染める以上、「頭皮に垂らさないように」は難しいでしょう。 すすぎに注意することはとても大切です。

 

カラーリング後はシャンプー同様、シャワー等ですすぐことになりますが、この際シャンプー以上に丹念にすすぐようにしましょう。すすぐことによって頭皮に付着している溶剤を洗い流すのです。 実は自らのカラーリングで多いのが毛染め中の塗布よりも、むしろすすぎ不足によって溶剤が残ってしまい、毛を染めてからかゆくなるケースです。

 

これはすすぎによって防ぐことが出来ますので、自らで毛染めを行うのであればしっかりとすすぎましょう。 それらが面倒だと感じるのであれば、やはり初めから美容院で毛染めをお願いした方が無難です。

 

 

とうひのかゆみの原因は何らかの病気の可能性もゼロではありません。 その他にもシラミ。 昔に比べて現代では見る機会も減りましたが、子供などシラミに感染するケースはあります。 シラミに寄生されると頭皮から吸血され、その際にアレルギー反応などによりかゆみが発生するのです。 また、水虫の可能性もあります。

 

水虫は足だけではなく、肌であれば色々なところに影響を及ぼします。もちろん頭皮にも出る例もあるのです。 他にも乾癬やアトピーが原因のケースも考えられるでしょう。

 

シラミや病気が原因による頭皮のかゆみの対策方法は、自らであれこれ考えるのではなく、すぐに病院に行くべきです。 皮膚科などで、医師に診察してもらうべきです。 自己判断の勝手な対策ではかえって症状の悪化を招くケースも考えられますので、高度で専門的な知識を持った医師に診察してもらう方が無難でしょう。

 

 

頭皮のかゆみで悩んでいる。でも今までのどれもピンとこない…という人は、ストレスや睡眠不足といったライフスタイルが原因の可能性があります。 ストレスや睡眠不足は体の様々な部分に悪影響を及ぼすものですが、頭皮にもまた、悪影響をもたらします。

 

睡眠不足やストレスによる頭皮のかゆみの場合、対策方法はライフスタイルそのものの改善です。 忙しい現代人にとって睡眠時間は削るものだという人もいるかと思いますが、睡眠は頭皮のかゆみのみならず、人間の身体機能保全という観点からもとても大切なものですし、ストレスの緩和ももたらしてくれるものです。 そのため、睡眠を取るだけで頭皮のかゆみを含めて体調は大きく異なるのです。

 

理想を言えば、睡眠時間を確保した上で自分自身の生活を構築することですが、忙しいと睡眠時間が短くなるものです。 また、忙しい訳ではなくともついつい自分の時間に没頭したがために睡眠時間が短くなってしまうケースもあり得るでしょう。 その場合はせめてストレスだけでも解消すべきです。 ストレスは感じないことが大切なのではなく、感じたら解消することが求められています。

 

現代はストレス社会とも言われているだけに、何かを行えばどうしてもストレスも蓄積されていくでしょう。仕事、人間関係…。様々なシチュエーションでストレスと直面することになるかと思いますので、ストレスを感じないよう生活を送るのは簡単ではありません。 ですが溜まったストレスの消化であれば決して難しいことではないはずです。 自分の趣味の時間を意識して取ったり、大声を出したり体を動かしたり。

 

ストレス解消の方法は人それぞれかと思いますが、ストレスを解消することによって体の機能を低下させるものがなくなりますので、かゆみだけではなく、身体そのものが健康になるでしょう。 また、ストレスを消化することによって安眠も手に入りますので、睡眠不足が改善される可能性もありますので、ストレス解消を心がけてみるのも良いでしょう。

 

 

 シャンプーの選び方

AGA_基礎知識の画像

 

 

頭皮のかゆみの原因と対策をいくつか挙げてみたのですが、特に鍵を握るのはシャンプーです。 なぜならシャンプーは毎日行うものだからです。生活習慣改善などは常日頃からの心がけ次第なのですが、シャンプーは実際に自分自身が使う製品の特賞によって変わってくるものだからです。 シャンプーは頭皮のかゆみと密接に関わっているものなので、とても重要なポイントがいくつかあります。

 

では、自分に合っていないシャンプーだなと思った時、どのように対処するのが良いのでしょうか。

 

参考:若はげ対策として今すぐできる3つの方法

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

 

 

使用しているシャンプーが自分に合っていないのではないかと思ったら、まずは使用しているシャンプーの成分をチェックしてみましょう。 どのようなシャンプーであれ容器には使用されている成分が明記されていますので「何が入っているのかよく分からない」は有り得ません。 自分が使っているシャンプーの容器をチェックすれば、どのような成分が含まれているのか明記されています。

 

たくさん成分が表示されていますので、特定の成分だけを「これが合わない」と決めるのは難しいでしょう。 ですがメインとなる成分の特徴を覚えておくことで、次に購入するシャンプーの判断材料にはなりますし、今の時代インターネットを使えば基本的なことはわかります。

 

 

容器には成分が明記されています。 一度ご自分で使用しているシャンプーに使われている成分がどのような効果をもたらしてくれるのか、調べてみると良いでしょう。 そもそも成分を見ただけでは、果たして一体何を意味するものなのかまでは分からないのではないでしょうか。 聞いたこともないようなカタカナが羅列されているので、それらが何由来の成分であるのかさえわからないことも多いでしょう。

 

例えば安価なシャンプーで見られるのがラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸アンモニウムラウリル硫酸塩といった成分。これらはアルコール系界面活性剤です。天然成分の物もあれば石油から作られるものもあります。 これらの成分は肌への刺激が強いので敏感肌の人にとっては「合わない」と感じるでしょう。

 

側鎖アルキルベンゼンスルホン酸Na、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸Na、スルホン酸Na。これらも石油系の界面活性剤になりますので、敏感肌の人にとっては配合されているシャンプーは少々辛いでしょう。

 

お勧めは低刺激のアミノ酸系シャンプーです。 ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルアラニンNa、ラウラミノプロピオン酸Na、ラウリミノジプロピオン酸Na、ラウロイルアスパラギン酸Na といった成分になります。

 

あまり馴染みがないかとは思いますが、これらの文字を見ればアミノ酸系のシャンプーになりますので比較的低刺激シャンプーと覚えておきましょう。

 

 

シャンプーの効果については口コミをチェックしてみるのも有効です。 口コミは個人の主観になりますが、SNSテイストの口コミであれば投稿者が他にどのような投稿を行っているのかが見えますので、どのような体質の人なのかなんとなく分かります。 自分と似たような体質の投稿者の口コミであれば判断材料としても十分なのではないでしょうか。

 

インターネットを駆使すれば口コミを集めることは決して難しいことではないだけに、口コミをチェックすることでシャンプー利用者が実際にどのように感じたのかがよく分かるでしょう。

 

但し、先にも出たように口コミはあくまでも主観になりますので、効果について責任を負ってくれるものではありません。 口コミを信じてシャンプーを購入してみたものの、それでも自分には合わない…というケースもあるでしょう。 それでも自己責任となりますのですぐに口コミを鵜呑みにするのではなく、あくまでも参考程度に留めておくと良いでしょう。

 

それでも多くの人から絶賛されているシャンプーの場合、言い換えれば「様々な体質の人から絶賛されている」になりますので、自分自身にも合う可能性は高まります。

 

 

実際の所、自分に合う合わないは成分のチェックも大切なのですが極論してしまえば「使ってみなければ分からない」です。 自分の頭皮に使ってみて初めて肌に合うかが分かるのですが、シャンプーの厄介な点はコスメのようにテストが容易ではない点です。 コスメ等であればドラッグストアはもちろんですが販売店で試すことが出来ます。

 

そこで自分の体質に合うかどうかある程度判断出来るのですが、さすがにシャンプーを試すのは難しいでしょう。 そこで以下の二つの方法をお勧めします。

 

製品よりも小さい、一回使い切りのサイズを販売しているシャンプーもあります。お出かけ用にも便利な一度きりのものは、お試し品としても申し分ありません。 料金も廉価に設定されていますので、気軽に利用出来るでしょう。また、試供品があるものもあります。これらのように、まずは手軽に使ってみることで自分に合うか合わないのか分かります。

 

使い心地だけではなく、シャンプーを使った翌日には自分がどのような状態になっているのかも分かります。但し、難点としてはすべてのシャンプーで試供品や一度の使い切りサイズが用意されている訳ではない点です。 どのシャンプーにも用意されていれば「購入する前に使うべき」ですが、すべてのメーカーに用意されているものではありません。

 

こちらはネット通販で販売されているシャンプーに見られるものです。 製品によって返品可能期間は異なるのですが、効果がない、納得いかないと感じたら使用したものであっても返金に応じてくれるのです。 予め返金すると連絡を入れて返送する。それだけで購入代金が戻ってきますので、これらのシャンプーを利用してみるのも良いでしょう。

 

肌に合えば返品する必要はありませんし、合わないなと思ったら利用期間内であれば返品することも可能です。 何よりの利点は先の試供品同様、自分自身で実際に使うことが出来ますので、理屈ではなく、試した上で合うか合わないのかを判断出来ます。 また、試供品とは異なり、返品期間までは使えますので継続使用による反応のチェックも可能です。

 

 

 おすすめのシャンプー

AGA_画像名の画像

 

 

 

シャンプーの大切さ理屈ではいろいろと分かったものの、実際にどのシャンプーが良いのでしょうか? どれを選べばいいのか分からないと悩んでいる人に、いくつかお勧めのシャンプーを挙げてみるとしましょう。

 

 

AGA_画像名の画像

 

 

育毛剤でお馴染みのチャップアップはシャンプーも販売しています。 育毛剤の開発で得たノウハウをシャンプーにも活かしているだけあって、「美容師やスタイリストが使ってほしいシャンプー」にて1位を獲得。 人気の秘密は何と言っても頭皮環境にこだわりを持って作られている点にあります。

 

チャップアップシャンプーは頭皮のかゆみになる原因を徹底的に排除しています。 石油系界面活性剤、サルフェート、合成着色料、パラベン、鉱物油。頭皮に負担を与えるこれらの成分は一切使用されていません。 その一方で独自配合した植物系成分22種類とオーガニック成分10種類配合。頭皮のかゆみとは無縁の頭皮環境を作り出してくれるでしょう。

 

チャップアップシャンプーは5種類のアミノ酸系洗浄成分が含まれています。石油系界面活性剤が含まれていないだけではなく、弱酸性でもあります。 頭皮に刺激を与えることなく頭皮の洗浄を可能にしています。そしてノンシリコンシャンプーです。 シリコン入りシャンプーは髪に艶を出してくれる一方で、一部では毛穴にシリコンを詰まらせてしまうとも言われています。

 

もちろん毛穴のつまりもかゆみの遠因ですが、ノンシリコンシャンプーですのでその点も問題ありません。 一方で、ノンシリコンシャンプーは髪がきしんだり、指通りが悪くて艶が出ないなど頭皮には良いものの、髪の毛そのものにはあまり…という声があったのも事実ですが、チャップアップシャンプーではそれらも独自配合によって解決しているのです。

 

チャップアップシャンプーの開発は毛髪診断士と美容師が携わっています。 製造メーカーが化学式であれこれ研究したのではなく、実際に髪の毛と携わる髪の毛のプロが開発に携わっていますので、頭皮環境はもちろんですが頭髪も含めて綺麗な状態を保てるように配慮されているのです。 頭皮のかゆみを抑えるだけではなく、髪の毛が綺麗になり、ボリュームアップまで見込めるのはそのためです。

 

例えば含まれている成分を見てもローズマリー葉エキスやカミツレエキス、セージ葉エキスといった、育毛剤でもお馴染みの成分まで配合されているのです。 育毛剤を開発しているチャップアップにとって、頭皮環境の研究はおてのものなので、シャンプーにも含まれているのです。

 

さらにチャップアップシャンプーは水にもこだわりを持っています。 刺激物を除去し、高純度の水だけを使用していますので頭皮の性質に合わせやすいのです。 育毛剤のチャップアップとの同時使用はもちろんですが、チャップアップシャンプー単体での使用であっても高い効果をもたらしてくれるでしょう。

 

 

AGA_ウーマシャンプーの画像

 

「最後に行きつく」とまで豪語するほど自信を持っているのがウーマシャンプーです。 他のシャンプーではなかなか結果が出なかった人でもウーマシャンプーであれば結果が出る。そんな強い自信を感じ取ることが出来るシャンプーです。 ヘアサイクルに合わせた頭皮ケア。これがウーマシャンプーの信条でもあります。

 

ウーマシャンプーはネット通販で購入出来るのですが、ドラッグストア等でも販売されていますので入手が容易です。 身近になってきているとはいえ、まだまだネット通販に抵抗があるという人にもお勧めです。

 

ウーマシャンプーはアミノ酸系洗浄成分によって作られていますので、石油系界面活性剤のように過剰な洗浄力で本来頭皮に必要な脂分まで除去してしまうことはありません。 頭皮や髪に負担をかけず、皮脂の汚れだけに狙い撃ち出来ます。

 

また、アミノ酸系シャンプーは泡立ちが悪いので洗っている感が出なくて… という人も多いようですが、ウーマシャンプーは比較的泡立ちも良いシャンプーなので他のアミノ酸系シャンプーがとっつきにくいと感じていた人にとってもお勧めなのです。

 

ウーマシャンプーのこだわりと言えば商品名にもなっているように馬油が含まれている点です。馬油は人間の皮脂に近い性質を持っています。頭皮環境を整えるとともに、人間の体では生み出すことが出来ない不飽和脂肪酸を豊富に含んでいますので頭皮のかゆみを生まない頭皮環境を作り出してくれるでしょう。 もちろん馬油だけではありません。

 

一般の海藻よりもおよそ10倍のフコイダンを含むガゴメ昆布や年齢によって衰えた頭皮に活力を与えてくれるアミノ酸BCAA、肌荒れを防ぐ成分であるグリチルリチン酸2K、毛髪の主要成分であるケラチンを含んだ加水分解ケラチンが凝縮されており、清潔感のある頭皮環境を作り出してくれるのです。

 

つまる所、頭皮のかゆみはいわば頭皮の負担でもありますが、ウーマシャンプーは頭皮に負担をかけるようなものはありません。 鉱物油、香料、着色料は一切含まれていません。無添加の安心設計です。 また、品質管理基準クリアの証でもある「ISO9001:2008」を取得している工場にて製造されています。 利用者のことを十分に考えた製造をと心がけているのです。

 

ウーマシャンプーの最大の魅力と言っても良いのがこちらです。 30日間使用して満足出来なかった場合、商品代金は全額返金してもらえるのです。初回購入で公式サイトからの購入者に限るとはいえ、30日間使用した上で返金が可能です。 あまり効果が出ないなと思ったら返金することも出来るので、「試しに」購入して使用することも出来ます。 効果はもちろんですが、実際に使用することが出来ますので、体質等への相性も確認出来ます。

 

 

BUBKAシャンプーの画像

育毛剤として人気のBUBKAから、チャップアップ同様育毛剤の働きをより助けるべく生まれたのがBUBKAシャンプーです。 もちろんBUBKAシャンプー単体での購入も出来ます。「スカルプシャンプーの常識が変わる」とまで豪語している程、自信を持った一本です。

 

BUBKAといえば育毛剤の方が有名で、シャンプーまで製造しているとは思っていなかったという人も多いのではないでしょうか。 もちろんBUBKAシャンプーは育毛剤で得たノウハウがしっかりと活かされています。 例えば頭皮に良いとされる和漢漢方エキスは14種類ですが、センブリエキスやローズマリー葉エキスといった育毛剤の方にもみられる成分が含まれています。

 

育毛剤もまた、頭皮環境に訴えるものです。頭皮に良いものである以上、シャンプーで使われているのも当然です。 センブリエキスやビルベリー葉エキスによって血行改善、ローズマリー葉エキスやクララ根エキスによって毛髪環境の改善。 そしてアロエベラ葉エキスやオタネニンジン根エキスによってかゆみやフケを防いでくれるのです。

 

BUBKAシャンプーはコンディショナー不要で使用出来るそうです。 本来であればシャンプーの後にコンディショナーを使用し、毛髪環境を整えます。 ただしBUBKAシャンプーは、先に挙げた有効成分のおかげで改めてコンディショナーを必要としないと言われています。 BUBKAシャンプーは総量無料で単品で3,990円。

 

シャンプーの価格として考えると高いと思うかもしれませんが、コンディショナー不要である点を考えると決してコストパフォーマンスが悪くはないことに気付かされるでしょう。

 

BUBKAシャンプーが生まれた背景に、せっかく育毛剤を開発しているものの、満足のいくアミノ酸系シャンプーがなかったことから、「それなら自分たちで理想のアミノ酸系シャンプーを」との思いで生まれたのです。 先にも触れましたがアミノ酸系シャンプーは頭皮には良いものの、髪の毛がパサパサになってしまったり指通りが悪くなってしまったり。

 

それらを補完するのがリンスやコンディショナーですが、リンスやコンディショナーも頭皮環境に良いとは言えないのではないか。そのような思いから生まれたのがBUBKAシャンプーです。 コンディショナーいらずで、更には髪の毛にも良い成分が多数配合されています。頭皮環境を考えて生み出されたのがBUBKAシャンプーです。 育毛剤のBUBKAとの組み合わせはもちろんですが、BUBKAシャンプー単体での利用ももちろん効果的です。

 

 

 まとめ

AGA_画像名の画像

 

いかがでしたでしょうか。 本コラムでは頭皮のかゆみとその対策をシャンプーの観点から解説して来ました。 頭皮のかゆみで悩んでいるのであれば、自分自身で何かしらの対策を講じなければなりません。 何もしなければかゆみは消えてくれません。では何をするのか。その点がよく分からないので「何かしたいとは思っても、何をすれば良いのか分からない」という人も多かったのではないでしょうか。

 

シャンプーも含め、頭皮のかゆみで悩んでいるのであれば様々な方法がありますので、試しに実践してみると良いでしょう。 かゆみに対してあまり真剣に考えていない人もいるかもしれませんが、かゆみが悪化すれば抜け毛や薄毛にも繋がりかねません。 抜け毛治療同様、かゆみも早い段階で気付いた方が負担も少ないですし、改善も容易です。

 

積極的に対策を行うべきですが、自分自身の勝手な判断で間違った対策をしていては、いつまでも改善出来ないでしょう。 不安な方は一度髪の毛の専門家に相談してみることをおすすめします。 本サイト厳選AGAでも全国の病院を検索出来るので、興味のある方は探してみてはいかがでしょうか。

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

業界最大手、発毛実感率99.4%
【期間限定キャンペーン!10月31日まで!!】
今なら、
初診料 5,000円 → 0円
血液検査20,000円 → 0円


AGAスキンPC公式サイト

 

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中


新宿メディカルPC公式サイト