ランキング常連!人気育毛剤の効果とは?おすすめ育毛剤徹底比較|厳選 AGA

ホーム >> AGAコラム >> 育毛剤 >> ランキング常連!人気育毛剤の効果とは?おすすめ育毛剤徹底比較

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

ランキング常連!人気育毛剤の効果とは?おすすめ育毛剤徹底比較


カテゴリ

最近髪の毛が薄くなってきた…歳かな?ストレスかな?と薄毛に悩んでいる人は多いでしょう。

市場にはたくさんの育毛剤が販売されていますが、正直たくさんありすぎてどれを選べばいいのか迷いますよね。

それぞれ成分や値段も異なり、自分の症状にはどれがベストなのかわかりません。

今回は、そんなみなさんに今話題の人気の育毛剤を目的別に一挙ご紹介していきます。

育毛剤を選ぶ前に知っておくべきこと

画像名の画像

「育毛剤」といってもたくさんの種類があります。

豊富にある育毛剤の中からあなたの薄毛の状態に合ったベストなものを選ぶのは容易ではありません。

薄毛の症状を止めるには、まずAGAの根底にある頭皮環境を整えることが先決です。

そもそもAGAとは「男性型脱毛症」のことで、成人男性によくある額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなる状態のことです。

AGAの原因はたくさんありますが、遺伝子や男性ホルモンが主な原因とされています。

実際、AGAに悩まされている人で何らかの治療をしているのは全体の約50%しかおらず、多くの人は放置しているというのが現状です。

AGAは進行するものなので、放っておけばどんどん状態が悪化します。

人によってAGAの進行パターンは異なり、アジア人に多いのが頭頂部から薄くなっていく「0型」、欧米人に多いのが前頭部の生え際が後退していく「M型」です。

必ずしもどちらか一方になるとは限らず、両方同時に進行していく場合もあります。

手遅れにならないためにも、早期発見が治療の第一歩なのです。

そこで、AGAの症状をストップさせ、解消するために育毛剤が1つの有効な手段になります。

育毛剤とは?

画像名の画像

いくつか種類はあるものの、育毛剤は現在ある髪の毛を太く丈夫にし、頭皮環境を整えることで抜け毛を防止して髪の毛の成長を促します。

よく「育毛剤」と「発毛剤」を混合する人がいますが、2つの目的は異なります。

育毛剤は「育毛」という言葉通り髪の毛を育てるの対して、発毛剤は髪の毛がない箇所から新たな髪の毛を生成します。

目的が異なれば当然、成分や効能も違います。

次に、育毛剤に含まれる主な成分について書いていきます。

育毛剤の目的は髪の毛を育てることなので、髪の毛への栄養、頭皮を健康に保つため血行促進の効果がある成分がベースとなります。

人間の健康に欠かせないのがビタミンです。

その中でもビタミンEは、血管を拡張させる作用があるので、血液の流れを改善してくれます。

しかも、ビタミンEは体内で作り出すことができないため、食事や健康食品として体に取り入れなければいけません。

「若返りのビタミン」とも呼ばれるこのビタミンEは、抗酸化作用で活性酸素を除き老化を防いでくれるので、特に女性の方には嬉しいですね。

ビタミンEを多く含む食品

  • アーモンド
  • 抹茶
  • マヨネーズ
  • ひまわり油
  • あゆ

などです。

ビタミンEを含む食品は、基本的にカロリーが高い傾向があるので、取りすぎには気をつけましょう。

また、過剰摂取により骨粗しょう症を引き起こす恐れがあります。

イチョウ葉エキスに含まれる「フラボノイド」という成分には、血管を拡張してくれたり、動脈硬化の改善、血糖値を正常に保ってくれるなど非常に多くの効果があります。

血行促進効果により、認知症や神経症、冷え性などの改善も期待できます。

ニンジンエキスといっても、私たちが普段食べるようなニンジンではなく「高麗人参」の抽出液の薬用人参です。

サポニン」という成分が含まれており、血液改善、たんぱく質の合成促進などの作用があります。

育毛に非常に効果的な成分です。

ニンジンエキスの効能はとても多岐に渡り、約2000年前から薬草として使われています。

ニンジンエキスの効能

  • 強心作用
  • 止血
  • 血液改善
  • 疲労回復
  • 免疫力向上
  • 経細胞神の活性化

などがあり、まさに万能型の薬草です。

健康だけにとどまらず、保湿やニキビ予防など美容製品としても重宝されています。

独特の味で有名な高麗人参は、好き嫌いが大きく分かれる食品だと思います。

そんな時に便利なのがサプリメントなどの健康食品です。

サプリメントでニンジンエキスを摂取すれば、味が苦手な人でも効率的に栄養を摂取できます。

亜鉛

薄毛の原因の1つに亜鉛の不足が挙げられます。

薄毛対策に亜鉛は欠かせない重要成分なのです。

髪の毛の主な成分は十種類以上のアミノ酸から成る「ケラチン」というたんぱく質でできています。

ケラチンは体内で作られるもので、外からは摂れません。

魚などから摂ったたんぱく質が体内でアミノ酸に分解されて、そのアミノ酸がケラチンに合成されます。

亜鉛だけを摂れば薄毛が改善されるわけではありませんが、健康な髪の毛を作って薄毛を改善するために絶対的に必要なものなのです。

亜鉛の摂取方法は何も食事だけじゃなくサプリメントでもいいでしょう。

上記でも述べたように、亜鉛だけでは薄毛対策にはなりません。

そこで重要なのがいかに亜鉛の吸収率を上げて薄毛対策につなげるかということです。

要するに、バランスですね。

ビタミンA、B群、C、E、ミネラル、たんぱく質が亜鉛の吸収率を高めてくれます。

ここからはそれらの栄養素を多く含んだ食事を紹介します。

1. ニンジン 非常に豊富なカロテンが含まれているニンジンは、抗発がん作用や免疫賦活作用で有名です。

また体の中でビタミンAに変えられ、髪の健康に、視力維持、肺などの呼吸器系統を保護する役割もあります。

2. トマト トマトの赤い色はリコピンといわれる色素です。

活性酸素を減らす働きがあるため、頭皮や髪の毛の老化を防いでくれます。

またトマトは緑黄色野菜で、ビタミンAになるβ-カロテンを多く含んでおり、抗発ガン作用があります。

視力維持や肺などの呼吸器系統を保護する役割もあり、まさに健康的な野菜の代表例といえるでしょう。

3. 赤ピーマン 一般的にピーマンといえば緑色のものをイメージする人が多いと思いますが、赤ピーマンは緑ピーマンを熱したものなので、基本的には同じです。

緑のピーマンにはビタミンCが多く含まれていますが、赤ピーマンにはなんと約2倍です。

またカロテン量も約3倍と、色が異なるだけで栄養レベルがこんなにも違います。

1. カキ 食品で最も多くの亜鉛が摂れる食べ物の1つです。

三大栄養素であるたんぱく質も多く含まれており、「タウリン」、「グリシン」、「グルタミン酸」などのアミノ酸もたくさんあります。

カキは、冷え性、老化予防や月経トラブル改善、健康的な肌を保つなど女性に嬉しい効能があります。

また暑い夏場に起こりがちな貧血予防にもなります。

血流が悪くなると足先だけじゃなく頭皮にも栄養が届きにくくなるので、カキは積極的に摂取したい食品です。

2. ヨーグルト ヨーグルトを始めとし、チーズや牛乳などの乳製品には多くの亜鉛が含まれています。

乳酸菌が腸の働きを助けてくれ、ヨーグルトは牛乳よりも栄養価が高く代表的な健康食品です。

たんぱく質やカルシウムはもちろんのこと、美肌効果のあるビタミンA、B1、B2、Dも含まれています。

毎日200gのヨーグルトを食べると、ビタミン不足は解消されるといわれています。

また、脳の活性化や体温調整も助けてくれる脂質も含まれています。

1. たまご 一日に2個食べても、たまごにはコレステロールを取り除く作用の「レシチン」という成分が含まれているため、基本的に血液中のコレステロールの血糖値は上がらないとされています。

コレステロールは人間にとって重要な栄養素ですが、体内で合成されるためあまり神経質になって摂取しなくてもいい栄養素なので、バランスを意識することが大切です

2. 肉と魚 脂身の少ない赤身の肉や魚には多くのたんぱく質が含まれています。

一般的に肉よりも魚の方がたんぱく質量が多いとされています。

肉といっても牛、豚、鶏で健康的効果は異なり、一般的に牛肉は脂肪分が多くカロリーが高い、鶏肉はカロリーが少なくヘルシーです。

ただし、牛肉には豊富な鉄分が含まれているので貧血には牛肉がベスト。

豚肉にはビタミンB群が多くあるので、疲労回復に最適で、鶏肉は低カロリーかつ安いので、使いやすい肉です。

豚肉と鶏肉は、しっかりと火を通してから食べないと食中毒菌になる恐れがあるので気をつけましょう。

3. 大豆類 腸を整えたり、疲労回復、貧血改善、ニキビや肌荒れ防止と非常に健康レベルの高い大豆類。

たんぱく質とアミノ酸の組み合わせが非常に優れているため、欠かせない食品です。

カルシウムや鉄も多くあります。

また大豆に含まれる「サポニン」という物質が、体脂肪を減らす効果があり、ダイエットをしている人にオススメです。

参考:健康的な髪の毛に必須な3つの栄養分とおすすめ食品

育毛剤にはいくつかの種類があると述べました。

ここからはAGAのタイプ別にその種類について細かく解説していきます。

頭皮にたくさんの皮脂があると、髪の毛の生える元の毛穴が詰まってしまいます

毛穴が詰まれば、当然ながら髪の毛は生えにくくなります。

少しくらい脂っぽい程度なら大した問題ではないでしょうが、放置すると皮脂が異常分泌するので、薄毛の原因になる可能性があります。

皮脂の分泌を抑制するには皮脂分泌抑制タイプが最適です。

「ドクダミエキス」や「イソフラボン」という成分が一般的です。

参考:頭皮の炎症はこうして起きる!各症状原因と対策・ケア方法

男性ホルモンの過剰分泌は、薄毛を引き起こす原因です。

男性ホルモンを作る5αリダクターゼの働きを抑制するためには「フィナステリド」、「キナエキス」、「オウゴンエキス」や「ヒオウギエキス」という成分を含む育毛剤が理想です。

皮脂が多すぎてもよくありませんが、乾燥しすぎるのも頭皮にはよくありません。

頭皮が乾燥することで、フケが目立つようになったり、細菌が発生する恐れがあります。

乾燥肌の人や空気が乾燥しがちな冬の季節には、十分注意しましょう。

そんな頭皮の乾燥に悩まされている人には、頭皮保湿タイプの育毛剤がオススメです。

「イチョウ葉エキス」や「ローヤルゼリーエキス」という成分のある育毛剤でしっかりと保湿して頭皮環境を調整しましょう。

髪の毛が柔らかくダメージを受けやすい人は、髪の毛に必要な亜鉛やビタミンなどが十分に行き届いていないのが考えられます。

髪の毛が徐々に弱って細くなるのは薄毛のサインなので、しっかりとケアしたいですね。

そんな人にオススメなのが、毛母細胞活性タイプの育毛剤です。

「ペンタデカン酸グリセリド」という毛母細胞を活発にする成分が含まれており、男性ホルモンが薄毛に与える影響に関係なく、毛母細胞にしっかりと栄養を届けてくれます。

太くてしっかりとした健康的な髪の毛を育ててくれます。

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

体に必要な栄養素は血液によって体全体に運ばれます。

髪の毛もその中の1つで、栄養素を運ぶ血液の流れが悪くなれば、単純に頭皮や髪の毛に必要な栄養が届かなくなります。

その結果、髪の毛が健康的に育たなくなり、薄毛につながるのです。

血行不足は、いろいろな原因から起こりますが、その1つに加齢があります。

歳を重ねることで、血管が硬くなって老化することで、血液の流れが悪くなります。

この症状が顕著に現れるのが、冷え性を代表に手先手足や頭皮です。

30代や40代から薄毛に悩まされる人の特徴として、この血流の悪化が大きな原因として考えられています。

頭皮を含む体全体の健康維持のために、血行促進は欠かせない重要ポイントです。

そんな人には、血行促進タイプの育毛剤がいいでしょう。

血行の流れを改善すれば、髪の毛までしっかりと栄養素が届くので、再びコシのある強い髪の毛が生えるようになります。

たくさんある育毛剤の中から、本当に効果のあるものを選ぶにはここで紹介する4つのポイントを押さえましょう。

薄毛や脱毛改善に使うため当たり前ですが、絶対に欠かせないポイントです。

育毛剤によっては期待通りの効果が出なかった場合などに、全額補償制度を設けているものもあります。

本当に効果の高い育毛剤を選ぶには、実際に利用した人の評価やクチコミが大きなカギを握ります。

大々的な宣伝よりも、実際に使って効果を感じられた人の声は本物です。

育毛剤は、2週間や1ヶ月ですぐに効果が出るものではありません。

基本的に継続して使うことで、徐々に効果が出てきます。

どんなに人気があり、効能が高いとネット上で言われているものでも、ベタつきや匂いが気になったりと使い勝手の悪いものでは継続して使えません。

また、噴射するタイプがあり、一見手軽に使えて便利そうですが、噴射すると髪の毛全体が濡れます。

育毛剤は朝と夜に使うのが一般的なので、忙しい朝に毎回髪全体が濡れていたら準備に余計な時間がかかってしまいます。

しかも、このタイプでは必要な箇所にピンポイントで付けられるとは限らないので、結果的にすぐになくなりコストもかかってしまいます。

必要な箇所にピンポイントに付けられるものとして挙げられるのはノズルタイプの育毛剤です。

薄毛の箇所に直接付けられるので、髪の毛全体が濡れることなく時間もかかりません。

その他にも、飲むタイプの育毛剤も手軽に使えてオススメです。

頭皮は肌と同じようにとても繊細なので、できるだけ低刺激のものがベストでしょう。

いくら育毛の効果は高くても刺激が強ければ頭皮が荒れてしまい、結果抜け毛を引き起こしてしまうことがあります。

刺激が少ないというのは、天然成分により作られた肌に優しい無添加のものです。

特に気をつけたいのは、メントール系の頭皮がスーッと気持ちいいものや、匂いがいい香料の強いものです。

体感的に気持ち良さを感じますが、育毛に効果があるとは比例しません。

無添加の育毛剤は、強い成分が配合されていないので副作用の不安も少ないです。

効能だけ高くても、普通の人が買えないような値段では理想的ではないです。

しつこいですが継続して使うものなので、費用は重要です。

人気育毛剤ランキング

リングノートの画像

目的や種類別にオススメの育毛剤を一挙ご紹介します。

値段は税込み価格。

ただ安いだけじゃなく、しっかりと効果が期待できる成分が入っている育毛剤はこの4つです。

BUBKA ZERO

★初回限定価格:16,200円 →5,980円!
(シャンプー+サプリメントプレゼント)
ストレスゼロな使用感を実現!
★M-034の配合量が約10倍も増えました!

_

多くの愛用者がいる人気育毛剤「BUBKA」。

2014年に発売を開始した新しい育毛剤ですが、2016年と比べて「M-034」という保湿成分を1000%増量したので、さらに高い効果が期待できます。

プランテルEX

★なんと13,800円→9,700円!!
★最高濃度のリデンシルが5%も配合!
★特許出願成分のペブプロミンaを配合!

_

人気育毛剤の中で、リデンシルが5%もある「プランテルEX」。

「センブリエキス」、「セファランチン」、「グリチルリチン酸2K」という成分を配合しており、値段以上の価値があります。

ちなみに、スプレー式なので手軽に使えます。

優れたコストパフォーマンスと低刺激の天然植物成分が特徴です。

「Algas-2」という成分が頭皮をしっかりと保湿するので、健康的な頭皮環境を保てます。

モンドセレクション2017で金賞を取っています。

イクオス(IQOS)

★使用者の78%が3ヶ月以内に効果を実感
【お得な購入方法】
・定期コース→5,980円
・育毛剤+サプリ付き→6,980円

_

3,240円という安さは、消費者には嬉しい限りです。

特許取得済みの特殊ノズルで毛穴の奥深くまでしっかりと有効成分を行き届かせることで、育毛だけじゃなく発毛効果も期待できます。

スカルプDが独自に開発した「豆乳発酵液」や「カッコンエキス」が配合されています。

現在では、安い海外製の育毛剤を使う人も増えてきました。

ただ、頭皮への刺激が強かったり、安全面でやはり不安があります。

そんな時は、安心して使える日本製がいいでしょう。

日本製の育毛剤は、効能と安全性両面で優れています。

日本製で最も評価の高い育毛剤といえば「チャップアップ」です。

チャップアップの特徴は、高いレビューに加えて万が一使ってみて効果が出なくても無期限の返金保障制度があります。

返金制度を設けている育毛剤はいくつかありますが、「無期限」はこのチャップアップだけでしょう。

効果とサービス両方で最高レベルの育毛剤です。

7,400円という安さで買える日本製は、チャップアップくらいでしょう。

チャップアップ(CHAP UP)

【16秒に1本売れる育毛剤】
★育毛剤3冠受賞(楽天リサーチ調べ)
★業界唯一の全額返金保証書付き
★育毛剤売上ランキング1位(通販新聞調べ)

_

厳選AGAでも人気第1位はやはりこれですね。

低価格で高い育毛効果があると言われ、満足度が97%と極めて高く、リピート率も高い育毛剤のチャップアップ。

医薬品の効果と医薬部外品のいいとこどりをしたような育毛剤で、育毛効果が期待でき、副作用が少ないといった理想的な育毛剤となっています。

チャップアップは無添加・無香料という点も特徴のひとつで、肌に優しく、肌荒れの心配なども少ないので安心して使えます。

更に返金保証まで付属しますので、これだけの好条件が揃っているのであれば、もう試さない理由もないのではないでしょうか?

チャップアップは脱毛予防の他にも、毛穴に生じている炎症も予防してくれる効果があります。

そのため、炎症により抜け落ちる髪の毛も事前に予防してくれるので、抜け毛が減る効果も期待できます。

チャップアップは多くのメディアからも取り上げられ、「顧客満足度」「おすすめの育毛剤」「最も期待できる育毛剤」の3つの部門で3冠を受賞しております。

更にはAGA治療を専門とする医師からも評価されており、これほど各方面から高い評価を受けている育毛剤は、チャップアップ以外にはないのではないでしょうか。

チャップアップは血流改善にも効果があります。

これにより健康状態も改善されるケースもあり、これを機に忙しさにかまけて乱れてしまった生活習慣を正常な状態へと導き、健康な生活を取り戻してみるのも良いのではないでしょうか。

日本の育毛剤=リアップとイメージする人は多いと思います。

まさに老舗育毛剤という感じですね。

育毛剤というよりは、ミノキシジルを配合した発毛剤です。

ちなみに、日本でミノキシジルの販売が認められているのはこのリアップだけです。

発毛効果がメインですが、太く丈夫な髪の毛を育てる育毛効果もあります。

高い効能を発揮するためにはどうしても副作用の懸念が出てくるので、まずは3ヶ月ほど使ってみて様子をみてみましょう。

最初に発売されたのが1999年で、現在まで9つのリアップが発売されています。

その中でも、2015年に発売された新作「リアップX5プラス」は、従来のミノキシジルに加えて皮脂を抑制する「塩酸塩」、皮脂が酸化するのを抑えて頭皮を保護する「トコフェロール酢酸エステル」などが配合されているオススメ商品シリーズです。

「頭皮に直接付けるのは面倒だ」という人もいるでしょう。

忙しい人にとって、必ず毎朝しないといけないのは嫌になってくるものです。

タブレットタイプの育毛剤なら、水でサッと飲めるので、忙しい人にオススメです。

AGAの代表的な薬のプロペシアと同様の成分「フィナステリド」を配合しているのがフィンペシア。

AGAを引き起こすDHTの生成を抑制するフィンペシアは、短くても3ヶ月から6ヶ月間使用する必要があるので、ある程度の忍耐がいります。

国内の医療機関でもらえるプロペシアは高く、できるだけ安く欲しいという人は、このフィンペシアを使ってみるといいでしょう。

フィンペシアで紹介したように、育毛効果のあるプロペシア。

0.2mgと1.0mgの2種類あり、錠剤なので非常に服用しやすいです。

フィンペシアのように海外から購入するのはなんだか不安という人には、国内で手に入るプロシアがいいでしょう。

医療機関によって料金は異なります。

名前の通りミノキシジルを配合したタブレットタイプです。

通常のミノキシジルと有効成分は同じですが、内服薬の方が血管を通り体全身に成分が行き届くので効果が高いとされています。

また、頭皮に塗るとベタつきなど違和感があるので飲むタイプの方が使い勝手はいいでしょう。

上記は個人輸入業者を利用した値段で、購入方法によって変動があります。

頭皮に塗るのは面倒だけど、付けているという実感が欲しい人には塗るタイプがオススメです。

タブレットタイプだといくら同じ成分でも、どこか頭皮の薬というイメージは湧きにくいものです。

他にはないジェル状の「MONOVO ヘアトニックグロウジェル」は、ワンプッシュで簡単に1回分の量が出てきて、全くベタつきが気にならないと評判が高いです。

有効成分は、血行促進効果のある「センブエキス」、かゆみや炎症を抑える「グリチルリチン酸2K」です。

頭皮の皮脂が気になる人は、脂漏を抑える抗脂漏成分入りの育毛剤がいいでしょう。

皮脂が異常に分泌されると、脂っぽくなり薄毛や抜け毛の原因になることがあります。

マイクロセンサー理論というのが最大の特徴で、細胞ではなく育毛を促進する育毛シグナルに刺激を与えることで、薄毛状態でもしっかりと効果が期待できるというM-1育毛ミスト独自の育毛理論です。

配合成分の「加水分解酵母エキス」が育毛シグナルを活性化させます。

また、無添加なので頭皮だけじゃなく体にも刺激が少ないのが嬉しいポイントです。

吸着除去作用効果のある「活性石ベントナイト」という成分を配合しているこの育毛剤は、頭皮の皮脂や老廃物を綺麗に掃除してくれます。

ジェットスプレータイプも使いやすくて人気の理由です。

長い歴史のあるスカルプケア商品です。

「サリチン酸」、「エチニルエストラジオール」など頭皮環境を健康に保つために必要な7つの有効成分が配合されています。

余分な皮脂の分泌を抑制して、頭皮と髪の毛をしっかりと保護します。

乾燥している冬など、頭皮の乾燥によって起こる炎症を防いでくれるのが保湿剤入り育毛剤です。

頭皮が乾燥するとダメージを受けやすくなるので、ぜひ気をつけたいです。

ミノキシジル以上の効果があるとされる「キャプキシル」という成分を5%配合しています。

しかも、このタイプの中では飛び抜けて安いです。

赤いパッケージもオシャレで、液体自体も非常にサラサラとしていて使いやすいです。

ちなみに全額返金保障制度があります。

有効成分の「セイヨウアカマツ球果エキス」が頭皮の保湿を助けてくれます。

ロータリーポンプ式スプレーボトルでとても使い勝手がよく、低刺激なのもこの薬用ナノアクションDの強みです。

加えて、通常の10,000円が初回購入価格では50%オフの5,000円で買えます。

160mmの極小カプセルにたくさんの有効成分を入れ、毛穴から毛乳頭までしっかり届けます。

10時間持続する発毛効果もあります。

送料と代引き手数料が無料に加えて、もし効果が実感できなければ返金保障制度もあるので、安心して使い始められます。

参考:【厳選AGA】育毛剤の人気ランキングTOP5!

育毛剤の副作用

画像名の画像

どんなに低刺激でも、薬である以上副作用は存在します。

ここでは、育毛剤の一般的な4つの副作用について書いていきます。

薄毛を改善するために使っているのに、使い始めた頃に髪の毛が抜けることがあります。

これは、「初期症状」と呼ばれる副作用の一種です。

育毛剤を使っているのに抜けていくので驚くと思いますが、あくまでも初期症状で髪の毛が抜けたに新しい髪の毛が生えてくるので、心配はいりません。

血管拡張作用のあるミノキシジルには、顔の発汗や頭皮に湿疹が出るという副作用があります。

また、かゆみや肌アレルギーといった皮膚トラブルが起こることがあるので、使う前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。

男性ホルモンの一種である「DHT」を抑える作用があるフィナステリドには、勃起不全や精子の減少などの男性機能低下の副作用が報告されています。

国内の臨床実験では、「1mgのプロペシアで胃部不快感、性欲減退など約5%の副作用が認められた」と報告されています。

参考:知らないと怖いAGA治療薬の副作用と抑え方

参考:薄毛よりも怖いフィナステリドの3つの副作用

参考:ザガーロの費用とその副作用を徹底調査!

女性用の育毛剤は、基本的に刺激が弱いですが、副作用がゼロというわけではありません。

上記で紹介したミノキシジルを配合した女性用の「リアップジェンヌ」では、低刺激で作られていますが、妊娠授乳中の女性や心臓や頭痛に何か問題のある人は、注意が必要です。

参考:薄毛に悩む女性たち。

肌に優しい低刺激のものがベスト

橋と男の画像

薄毛を解消するために欠かせないのが今回紹介した育毛剤です。

発毛剤と混合する人もいますが、育毛剤はあくまでも頭皮環境を整えて毛髪を丈夫に育てるのが目的です。

頭皮が乾燥している人には頭皮保湿タイプの育毛剤を、血行が悪い人には血行促進タイプの育毛剤など、頭皮の状態に合わせて最適の育毛剤を選ぶことが大切です。

また、長期的に使うので、効果の高さだけではなく頭皮に刺激が少なく、使いやすさに優れたものが真の優れた育毛剤と言えるでしょう。

どの育毛剤を使う場合でも、頭皮に優しい低刺激のものを選べば理想的な効果が実感できるでしょう。

チャップアップ(CHAP UP)

【16秒に1本売れる育毛剤】
★育毛剤3冠受賞(楽天リサーチ調べ)
★業界唯一の全額返金保証書付き
★育毛剤売上ランキング1位(通販新聞調べ)

_