ホーム >> AGAコラム >> 植毛 >> 植毛が気になる!植毛の生え際は不自然って本当?

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

植毛が気になる!植毛の生え際は不自然って本当?


カテゴリ

薄毛対策には様々な方法があって、それぞれ魅力的ですが、手っ取り早く改善できる方法といえば「植毛」ではないでしょうか。

しかし、植毛は高額なイメージがあったり生え際が不自然になったりするイメージはありませんか?植毛技術も時代に合わせて進化しているといわれていますが、実際のところ現代の植毛はどのような感じなのでしょうか。

しっかり確認していきたいと思います。

植毛は昔より身近になっている

楽譜の画像

「植毛」というと「ないもの」を「つける」ことになるので、手っ取り早く結果を求めることができても難易度の高いものというイメージが付き物ではないでしょうか。

しかし、技術力の進化により昔と比較すると植毛できる医療機関も増えて、着々と身近になってきているといえます。

現在は質の良い育毛剤や、AGA治療目的で内服薬も多数登場し、薄毛対策は幅広い選択が可能になりました。

もちろん気軽に始めやすくて費用も抑えられるのは育毛剤やAGA治療薬です。

しかし、その中でも植毛への需要は一定数存在しています。

植毛の魅力といえば、毛がある程度伸びている自然な感じをすぐに作り出せることです。

その他の薄毛治療だと、髪の毛が伸びていくまでの期間は必ず必要になりますが、植毛だとその期間は不要に近いです。

これは植毛の嬉しいポイントだといえます。

また、今回はAGAが原因の薄毛を前提に触れていきますが、AGAが原因の薄毛以外にも、事故や病気が原因で毛が生えなくなった頭皮にも植毛は可能です。

植毛は事故や病気で髪の毛が生えなくなってしまった方々を、すぐに髪の毛がある状態に戻すことができるため、精神的な助けになるのです。

そのような特徴をもつことから、AGA対策としての面だけではなく植毛技術は様々な方面から注目されているのです。

植毛は髪の毛以外にも眉毛、ヒゲ、まつ毛といった部分にも対応可能で、実際そのような箇所を選択する方もいます。

植毛は今後にも期待できる技術、様々な可能性を持った分野なのです! ちなみに、髪の毛の植毛と一括りにいってみても「頭皮に毛をくっつける」というイメージしか持っていないという方も、結構多いのではないでしょうか。

植毛については費用や方法など細かい内容を知られていないことが多いです。

そこで今回の記事では、植毛の基礎知識お得な植毛を行っているクリニックまでしっかり確認して植毛に対する理解を深めていきましょう!

植毛にも種類がある!

古いノートの画像

植毛とは、頭皮に穴をあけて髪の毛を植え付ける手術のことを指します。

手術なので医療行為にあたり、必ず医療機関で受ける必要があります。

一般的に薄毛対策として選ばれる育毛剤や、AGA治療薬から期待できる増毛、発毛とは違い、改善していく過程を持たない、即効性のある医療行為です。

手術として受けることから費用面についてはその他の薄毛対策と比較すると高額な傾向にありますが、終了後すぐに改善が実感できることから精神的な喜びが大きい方法となっています。

ちなみに植毛には2つの種類があります。

1つは人工の髪の毛を頭皮に付ける「人工植毛」で、もう1つは自分の髪の毛を、自分の頭皮の髪の毛がある程度生えている場所(基本は後頭部)から、薄毛が気になる場所に移植する「自毛植毛」です。

それぞれの方法の特徴とメリット、デメリットについて確認していきたいと思います。

合成繊維(ポリエステル等)で作られた人工の髪の毛を植毛針と呼ばれる特殊な道具を使用して頭皮に埋め込む手術のことを指します。

人工の髪の毛を頭皮に埋め込むため、量の調整も自在で好みに合わせることも可能です。

人工の髪の毛を使用するので、伸びる過程を待つ必要はなく手術後すぐに増毛に期待でき、また広範囲の植毛対応も可能です。

手っ取り早く髪の毛のバランスも好みに合わせられます。

現在は植毛に関連する技術が進化してきているので、人工の髪の毛であっても見た目を自然な感じにしやすい傾向にあります。

人工の髪の毛、つまり異物を人間の体に埋め込むことになるので、定着率は良いとはいえません。

定期的なメンテナンスをしないと抜け落ちてしまったり不自然になったりする可能性が高いです。

そして人工の髪の毛である以上、時間の経過と共に劣化していきます。

デメリットは他にもあります。

頭皮に傷ができる最初の手術直後以外でも、常に人口の髪の毛をつけている以上細菌感染のリスク等は付き物なのです。

そのため、衛生面の管理には充分注意する必要があります。

イボとして知られる、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)は平常時には頭皮への感染の心配はないものの、頭皮に傷がある場合には感染率が上がり、感染するとイボを作りだします。

頭皮にイボができると、目立ちやすく精神的なダメージも大きいので、人工植毛後は特に気を付けるようにしてください。

2型5α-リアクターゼというAGAの原因となる酵素があまり存在しない後頭部のあたり等、自分の頭皮のうち髪の毛がある程度生えている場所から、薄毛が目立つ場所に髪の毛を移植する方法です。

人工植毛よりも注目度が高く、選択する方が多い植毛方法となっています。

ただし、費用については少々高めの傾向にあります。

自分の髪の毛を採取して、自分の頭皮の別の場所に移植するわけなので、拒否反応のようなものがありません。

人工の髪の毛を付けるわけではなく、自分の髪の毛をつけるので安心感も強いです。

また、移植後は一般的な薄毛治療を選択することができるので、薄毛の根本的な原因解決に取り組んでいくこともできます。

まずは、自毛植毛することで頭皮の見た目を改善して精神的な負担を減らし、その後発毛のための対策を取るというやり方ができるのです。

自毛植毛は確実に髪の毛を増やしやすい方法なのでで安心です。

さらに人工植毛とは違って定着率が良いので、手術終了後にメンテナンスする必要がなくとても楽です。

自分の髪の毛を移植するという特徴上、移植するのに充分な髪の毛が生えていることが手術をするための条件になります。

そのため、髪の毛の状況によってはこの方法を選択できないこともあります。

それから、手術をすることにより傷跡が残るため、人によっては気にする人もいらっしゃいます。

傷ができた箇所については人工植毛の場合と同様、衛生面には注意しなければなりません。

ちなみに自分の髪の毛を移植するのだから材料費がかかっていない分、「安い」はずだと思われやすいですが、費用は少々高めです。

気軽にできる方法ではありませんが、植毛の方法としてはとても魅力だといえます。

植毛は人工植毛であっても自毛植毛であっても、手術です。

すなわち医療行為にあたります。

専門治療を行っている医療機関でしかできません。

植毛といっても、どれだけの実績を持っているか、どの方法が得意か、口コミの評判はどうか、そして総額費用といった面は、各医療機関で実にバラバラな傾向にあります。

植毛を希望する場合は、以下で紹介しているクリニックに相談してみることをオススメします。

理想の頭皮の状態を目指すためにも、情報収集をして医療機関を選択するようにしましょう!

植毛の詳しい料金は以下でご紹介しますが、他の薄毛対策、例えば育毛剤なら1ヵ月あたり5,000円~10,000円くらい。

AGA治療薬なら処方する医療機関にもよりますが、1ヵ月あたり5,000円~15,000円くらいです。

それに対して植毛はどの方法であっても、手術を受ける段階でまとめて費用が発生するので、比べると高額です。

また、手術を受ける医療機関によって費用がバラバラという特徴も持ちます。

どちらも前提として決してお安いとはいえませんが、方法によって料金面に差はあるのでしょうか。

それぞれの費用を確認していきたいと思います。

どこまでの範囲手術を行うかにもよりますが、狭い範囲で50万円~広い範囲で150万円くらいになる可能性もあります。

非常にばらつきがあるので、検討の段階から手術を希望している医療機関に足を運び、相談して確定料金を出してもらうほうが良いと思います。

自毛植毛も人工植毛と同様に高額です。

1000グラフトを基準とすると50万円から150万円くらいになる可能性があります。

自毛植毛も自分の希望する内容、そして手術を受ける医療機関によって費用面では非常にばらつきがあります。

検討の段階で医療機関に足を運び確定料金を出してもらうほうが良いといえます。

基本的には人工植毛も自毛植毛も同じ状況下なら費用面は同じくらいです。

ただし、人工植毛については手術後もメンテナンスが必要になり、その度にある程度の料金が必要になるので、長い目でみると自毛植毛のほうがリーズナブルな傾向にあるかもしれません。

人工植毛、自毛植毛、どちらも基本的なベースは安くないとはいえ、最終的には自分の希望に合わせて費用面が決まってくるので、ひとまず医療機関で相談してみると良いかと思います。

医療機関に相談してみると、頭皮の状況に合わせて元々自分が希望していた植毛方法ではないほうを勧められることがあったり、思っていたより費用が安くなったりするという可能性があります。

以下は植毛を行っているクリニックの料金の目安です。

ぜひ参考にしてみてください。

■厳選AGA調べ■
 クリニック名  合計費用

 TOMクリニック

390,000円~

 AGAルネッサンスクリニック

 490,000円~

 アイランドタワークリニック

 600,000円~

手術を受ける時点でどちらにも短期的にそれなりの手間がかかってきます。

比較は難しく、どちらも大変といえます。

ただし、植毛はその他の薄毛治療と比べて短期決戦スタイルで、短期間に手術や費用面で負担はかかりますが、それ以降は楽をしやすいという特徴があります。

人工植毛と自毛植毛でみると手間についてはどっちも基本的には同じくらいですが、植毛とそれ以外の治療方法なら、長い目でみれば案外植毛のほうが手間はかからないといえるかもしれません。

参考:それぞれの植毛方法について比較と解説!

植毛はどの位置でもできる?

考える人の画像

頭皮の範囲であれば、基本的には植毛はどこでも可能です。

頭皮、髪の毛以外だと、眉毛やヒゲやまつげといった「毛」にも対応している医療機関があるようで、技術面では問題なく植毛することが可能だそうです。

頭皮への植毛(髪の毛)が、植毛の分野の中でも知名度が高く一般的といえますが、髪の毛だけに留まらず植毛の選択肢は幅広いのです。

「頭皮以外の場所に毛を生やしたい」という方も「頭皮のような定番の箇所ではないからできない」と諦める前に、医療機関に相談してみるようにしましょう。

無料で相談にのってくれるクリニックはたくさんあります。

植毛後の生え際が不自然って本当!?

ここまで植毛の特徴について様々な面に触れてきました。

人工植毛も自毛植毛も現在の技術だと自然な頭皮の状態にしやすく、期待度は高いですが、それでも完全に自然な状態ではない分、不自然さの可能性というものを100%排除することはできません。

気になる各箇所。

不自然になりやすい箇所というのはあるのでしょうか。

植毛で目立ちやすいと思われている箇所について、1つずつ確認していきたいと思います。

おでこの生え際は顔に近く、他人からもみられやすい箇所であり、仮に不自然になるとしたら最もそれが目立ちやすい箇所だといえます。

顔の皮膚と頭皮の皮膚(髪の毛が生える皮膚)の境目に隣接している分、目にもとまりやすくなります。

不自然にならないように注意するなら、おでこは最も重視したい箇所です。

おでこの生え際が不自然になる原因は、本来ならありえないくらい髪の毛たちが足並み揃えた状態で植毛されていることや、自毛植毛の際に髪の毛が足りなくて生え際に隙間が目立つことだと考えられます。

移植する髪の量が、前髪の生え際を自然な状態にするほどの量に足りなさそうなら自毛植毛ではなく人工植毛の選択を検討してみましょう。

生え際の髪の毛が不自然にならないくらい、きちんと密集した状態に作れる場合には、あまりにも真っすぐ足並みをそろえた生え方にならないように医師と相談してデザインしていきましょう。

今の技術であれば、事前にしっかり打ち合わせをしておけば不自然にはなりづらいです。

頭頂部に植毛を行う場合は、ポツンとした感じではなく、全体的に毛が生えている状態に作り上げるかと思います。

頭頂部は前髪のように顔の皮膚との境目があるわけではないので、植毛で不自然になるリスクは低いです。

寝ぐせ等で極端に髪の毛が盛り上がっている場合はこの限りではないかもしれませんが、基本的にはあまり心配しなくても良いかと思います。

おでこや頭頂部以外の箇所についても基本的には不自然になるリスクはそれほど高くないかと思います。

おでこの生え際以外なら、髪の毛の生えていない皮膚の境目に隣接していても他人の目にとまりづらく、目立ちづらい位置になります。

つまり、生え際の不自然さのリスクが最も高いのはおでこの生え際ということになります。

医療機関で植毛をする際には、事前に医師としっかり完成後のデザインについて打ち合わせをするようにしましょう。

現在の植毛技術なら、生え際を不自然にしないで作り上げることは難しくありません。

あとは医師の感覚による部分で左右されやすいので、緻密な打ち合わせは重要な役割を持ちます。

植毛をすると、分け目を変えるといった簡単な、生え際を自然にみせる対策はできるものの、自力だとできることも限られているので、植毛「後」ではなく植毛「前」から対策について、今回ご紹介した内容を意識するようにしましょう。

参考:【必見】自毛植毛の失敗例と改善策

参考:M字はげ植毛の効果と費用はどれくらい?対策方法と各費用について解説

植毛後の生え際を自然にするためのテクニック

帽子の人形の画像

先ほどもご紹介した通り、生え際の状態が自然か、不自然かどうかは実のところ個人的な問題というより医療機関のクオリティに左右される可能性が高くなっています。

万が一手術後の生え際が不自然になってしまうとしたら、高い確率で手術を行った医療機関の生え際の作り方によります。

自然な生え際を目指すには、技術力のある医師にお願いするのが一番です。

先ほど、費用を抑えるためには医療機関に関する情報収集がおすすめとの旨を記載しましたが、情報収集の際には、併せて医療機関の評判も調べておくと良いかと思います。

高額になるとしても後のことを考えると人気と実力がある医療機関で対応してもらうのが一番です。

ちなみに、万が一生え際が不自然になってしまった場合にどうしたら良いかというと、意外にも逆に植毛した髪の毛を減らしておでこを広く取るという方法が用いられることもあるようです。

せっかく植毛した髪の毛を減らしたら、さらに不自然になるイメージを持たれやすいですが、女性のメイクで眉毛を濃く太く書きすぎると違和感、マスカラも付けすぎると違和感を覚えられることがあるように「バランス」で印象は左右されます。

実際に不自然になった生え際の対策でおでこを少し広く調整するかどうかは、状況や医師の判断にもよりますが、どちらにせよ不自然になるとカバーするのには大変さが伴います。

最初に植毛する段階から、自分の意思を明確にして手術を行う医療機関を選択するようにしましょう。

分け目を変える等の方法でもある程度、生え際を自然にカバーすることは可能だと思います。

しかし、生え際を自然に作るためのテクニックは「医師次第」という要素が強めとなっています。

ちょっと待って!前髪の後退なら育毛剤で改善できるかも?

本と花の画像

植毛は、手術後すぐに髪の毛が生えている自然な状態を作り出すことができ、自毛植毛であれば基本的にメンテナンスも不要。

とても魅力的な手段だといえますが、費用面では負担が大きく頭皮に傷ができるというデメリットもあります。

どうしても頭皮の状態に悩んでいて、すぐにでも何とかしたいという場合においては迷いなしに植毛を選択して良いかと思いますが、そうではなく「生え際が少し気になる」程度であれば、植毛の前に一旦他の対策も検討してみて良いかと思います。

成人男性の薄毛の原因として代表的なものがAGAです。

割合で言うと10人に1人がAGAになると言われています。

AGAは頭皮に存在する5αリダクターゼというものが、男性ホルモンのテストステロンと結びついて、強力な男性ホルモンのジビドロテストステロンに変換されることで発生すると考えられています。

ジビドロテストステロンには、毛周期と呼ばれる毛の生えるサイクルを乱す働きが確認されていて、そのために本来抜けるタイミングではないときに髪が抜け落ちたり、成長ペースが乱れたりします。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在していて、Ⅰ型5αリダクターゼがきっかけの場合は後の後ろ側が、Ⅱ型5αリダクターゼがきっかけの場合は前髪の生え際から頭のてっぺんまでの範囲でAGAの症状が現れやすくなるといわれています。

すなわち、どこが薄毛になっているかによって、Ⅰ型Ⅱ型、どちらの5αリダクターゼが影響を与えているのか(もしくは両方なのか)を判断しやすくなります。

その部分の判断ができれば、それぞれに合わせたAGA対策をとることができます。

例えば前髪の後退が気になるのであればⅡ型5αリダクターゼがテストステロンと結び付いてジヒドロテストステロンに変換されるのを抑制する、プロペシア(フィナステリド)といったAGA治療薬を選択したり、対策は既にいくつか定番化されています。

基本的には植毛以外のAGA対策のほうが費用面は抑えやすい傾向にあるので、もし「薄毛で少し悩んでいる」程度であれば、植毛以外のAGA治療を選択しても良いかと思います。

もちろん「薄毛で精神的にまいっている」場合や「すぐにでも何とかしたい」という場合には、すぐに結果が出る植毛が、最も心強い方法になります。

必要な「期間」でいえば、育毛剤では植毛にはかないません。

植毛は手術さえ終われば頭皮に毛が生えている状態になりますが、育毛剤については例えスムーズに効果が表れたとしても、髪の毛が頭皮に出てくるまでの発毛期間は必ず必要になります。

育毛剤、それからAGA治療薬を使用しても、植毛に近い状態を即座に目指すのは不可能です。

ただし、期間がある程度かかっても問題ない場合については植毛に近い状態を目指していくことは不可能ではありません。

植毛よりもさらに個人の体質やペースに左右されるものの、髪の毛が生えた状態は目指すことができます。

AGA治療の場合は、気持ち次第で植毛以外の方法を選択しても問題ないかと思います。

育毛剤やAGA治療薬といったものは、最初から最後まで共にする手段なのに対し、植毛は最初の手段としても、そして最後の手段としても導入可能な手段です。

AGAに悩んだ初期段階で手術を受けても良いですし、その他の様々な方法を試してみてから手術を受けても良いです。

どちらにせよ手術後になれば希望通りの状態になっています。

植毛を希望する方がどのタイミングで選択するかは自由ですが、色々な面を加味してそれが良いと思うのであれば、その他のAGA治療もぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

基本的に植毛ができる医療機関は、その他のAGA治療にも対応していることが多いです。

植毛の相談と併せて、それ以外のAGA治療についても相談してみるのも良いかもしれません。

チャップアップ(CHAP UP)

【16秒に1本売れる育毛剤】
★育毛剤3冠受賞(楽天リサーチ調べ)
★業界唯一の全額返金保証書付き
★育毛剤売上ランキング1位(通販新聞調べ)

_

満足度が97%と極めて高く、リピート率も高い育毛剤のチャップアップです。

育毛効果が期待できるだけでなく、副作用が少ないといった誰でも安心して使える理想的な育毛剤となっています。

チャップアップは無添加・無香料という点も特徴のひとつで、肌に優しく、肌荒れの心配なども少ないので安心して使えます。

さらに、血流改善にも効果があります。

これにより健康状態も改善されるケースもあり、これを機に忙しさにかまけて乱れてしまった生活習慣を正常な状態へと導きます。

極めつけは、モンドセレクション2017金賞を受賞しています。

実績を残している育毛剤なのでまずはこちらから試してみてはいかがでしょうか。

参考:【厳選AGA】育毛剤の人気ランキングTOP5!

まとめ

コーヒーの画像

今回は植毛について詳しくご紹介しました。

植毛は費用面では高額でありつつ、即座に自然に髪の毛が生えた頭皮の状態を目指せる魅力的な方法です。

自毛植毛を選択すれば、自分の髪の毛を使用するので拒否反応もなく、とても自然。

植毛後に根本的なAGAの原因改善目指して、治療や対策をしていくこともできます。

植毛は最初の手段としても最後の手段としても選択可能で、そして、どこで取り入れても即座に髪の毛の生えた状態を手に入れることができるのです。

AGAの治療という面だけではなく、事故や病気で髪の毛を失ってしまった方々向けの治療としても注目をされています。

眉毛やヒゲやまつげといった、髪の毛ではない毛への対応も可能です。

選択肢と可能性がとても幅広い技術で、今後も重宝されていくことが予想されます。

不自然にならないか心配されやすい生え際についても、自毛植毛にしたりきちんと対策を取ったりすることでカバーしていくことは可能です。

AGA治療といえばここ最近では育毛剤やAGA治療薬が高品質であることから注目度が上昇していますが、今一度、植毛という方法に注目してみてはいかがでしょうか。

植毛に興味ある方は、まずは医療機関に足を運んで相談してみてください

植毛の費用については医療機関ごとにばらつきがあるので、費用を抑えたい場合には事前に通院を希望している医療機関の情報収集をしておくようにしましょう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、植毛という選択肢に興味がある方の参考になれば幸いです。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_