ホーム >> AGAコラム >> 植毛 >> 植毛の失敗例、デメリット。植毛成功のための3つの原則

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

植毛の失敗例、デメリット。植毛成功のための3つの原則


カテゴリ

薄毛改善のために規則正しい生活を心がけたり通院したりしているものの、もっと早くフサフサの髪の毛になりたいと思っている人の中には、『植毛』という手段を考える人も多いことでしょう。

いざ植毛をするとき、病院・施術をしっかりリサーチすることが大事になってきます。

ここでは、自毛植毛を行った人のブログや植毛結果に関する画像を通じて、自毛植毛の失敗例から学ぶことができる改善策について解説していきます。

ちなみにこちらが自毛植毛を低価格で行っているクリニックです。

植毛の失敗例

自毛植毛に失敗するとどのような見た目になってしまうのでしょうか。

いくつか実際にあった自毛植毛の失敗例をあげていきましょう。

植毛傷の画像

切開法(FUT)による自毛植毛をした場合、線状の傷跡が生じることがあります。

髪で覆いかぶせれば傷跡は隠せますが、文字通り皮膚を切開しているため、術後は、つっぱるような違和感が生じてしまう場合もあります。

一方で、FUE法の場合は、髪の毛の細胞をつくる箇所をくり抜きます。

この方法は、メスを使用しないので、FUT法よりも傷跡が残りにくいです。

FUT法とFUE法の違いをまとめました。

特徴 FUE法 FUT法(切開法)
価格 高い 安い
傷跡 少ない 大きい
自然さ
痛みがあるか ほとんどなし あり

植毛の完成はだいたい半年から1年といわれているので、まだ伸びきっていない状態だと、自毛植毛をした部分と植毛をした部分の差がはっきりと分かってしまいます。

※髪質がチリ毛になりやすいということはよく言われているので、気になる方はそう言った部分も先生に聞くとよいでしょう。

よく植毛をすると炎症が起きるといわれていますが、実際のところどうなのでしょうか。

実は聞くと当たり前のようですが、植毛は手術であるので、術後は頭皮がただ、ほかの手術と同じように時間が経過すればこのような赤みもなくなるでしょう。

もう一つの失敗例として、植毛をした後に髪の毛が定着しないこともあります。

このような事態にならないためには、施術前にしっかり医師と施術後の髪の毛の理想を擦り合わせることです。

つまり、自分が納得いくまで医師とのカウンセリングは繰り返した方がおすすめです。

失敗しないための原則

AGAの画像

2010年に日本皮膚科学会によってまとめられた『AGA診療ガイドライン』によると、ミノキシジルやフィナステリドといった薬に次いでAGAの治療効果があるとされているのが自毛植毛です。

AGAの治療として、失敗せずに自毛植毛を受けるためには、『3つの原則』を押さえておきましょう。

AGAの画像

自毛植毛にはメリットもありますが、自毛植毛は手術ですからもちろんリスクがあります。

主なリスクは以下の3つです。

自毛植毛には色々な方法があります。

中でも切開法(FUT)は植毛をした後も頭皮に傷(切れ目)が残ってしまいます。

髪の毛を伸ばすことでこの傷を目立たないようにすることはできますが、短髪でいることが好みだということであれば、リスクのひとつとして考えておくべきです。

FUE法であれば、傷跡が残りにくく、坊主スタイルでなければ、ほとんどわからないことが多いでしょう。

どうしてもいやだという人は、費用は少し高くなることが多いですが、FUE法がおすすめです。

自毛植毛はほかのAGA治療と同じく、保険適用外です。

そのため、費用はやはり高額です。

あくまでも一例ですが、1000株を自毛植毛しようとすると70万円前後はかかるようです。

しかし、AGA治療を続けることを考えてみると月々15,000円から30,000円近くを毎月何年もの間払っていかなくてはなりません。

そう考えると、植毛は基本的に一度してしまえば終わりなので、一生で考えてみると意外とお得かもしれませんね

クリニック名 合計費用
TOMクリニック 390,000円~
アイランドタワークリニック 600,000円~
アイランドタワークリニック
(医療ローン制度)
月8,000円~

ですが、アイランドタワークリニックは、医療ローン制度を導入しているため、月8,000円から治療出来ます

この医療ローンを使用しようすれば、AGA治療を受けている時と変わらない金額で植毛を施術できます。

自毛植毛をした結果、髪の毛は頭皮に100%定着するというわけではありません。

日本皮膚科学会がまとめた『AGA診療ガイドライン』(2010年)では、自毛植毛による髪の毛の定着率は82.5%以上だと示した文献があると記載しています。

以上の3点については最低限理解をした上、不明な点は医師に説明をして、自毛植毛の手術をするのかどうか判断しましょう。

POINT

✔FUE法なら傷は目立たない

✔医療ローンを使用すれば、お手頃な値段で施術できる

✔定着率は100%ではないが、大部分は定着する

AGAの画像

自毛植毛を受けるクリニックについても選び方は重要です。

自毛植毛をすることにリスクがある以上、複数の病院を調べて、

  • 手術方法
  • リスクを最小限にするために病院で行っている対策内容
  • 実績 (医師の力量)
  • 金額
  • 術後のケアの有無

などについてしっかり比較検討しましょう

一番大切なことは、自分がどこの条件を優先するかです。

金額を重視するなら、医療ローンを導入しているクリニックだったり、と考えなければなりません。

また、施術場所についても重要になってきます。

植毛クリニックを行っているクリニックは、AGAや薄毛専門クリニックに比べて少ないのが現状です。

厳選AGAがおすすめする植毛クリニックである、アイランドタワークリニックは、主要都市に4院も展開しています。

また、アイランドタワークリニックは、交通費と宿泊費をクリニック側が負担してくれます。

なので、とても通いやすいのではないでしょうか。

自毛植毛の手術方法としては、医師の手作業によるものと、機械によるものの2パターンがあります。

手作業と機械作業によってどこに差が出てくるかというと、移植をする自毛の採取です。

毛根をしっかり残した状態で自毛植毛をすれば、それだけ、移植先での定着率も期待できます。

しかし、この作業を手作業でしようとすると、相当な技量をもつ医師でないと難しいのです。

参考程度に、近年使われるARTASと高い技術力を誇るアイランドタワークリニックの1時間当たりの移動株数をみていきましょう。

単純に、機械のほうが、最低限の技術力を担保しやすいと考えられます。

人間の場合、その人の腕、症例数、技術力に頼らざるを得ません。

しかし、技術のある人間であれば、機械が行うよりも細やかな対応ができるので、悩みに合わるなどその人にあった施術が可能になるのです。

ARTASが1時間に400~600株とるとすると、 アイランドタワークリニックは、1000~1500株移植できます。

症例数がなんと25,000件と多く、技術があるからこそ、安心して施術を受けられるのではないでしょうか。

一概に比べることはできませんが、どちらが自分に合っているのかをよく考え、悩んだら、医師に聞いてみることが一番かもしれませんね。

今すぐ決断はしない方がいい

AGAの画像

自毛植毛はAGAに悩む人にとっては素晴らしい治療法です。

しかし、ここまで見てきたように、リスクもあります。

医師や自毛植毛の経験者から情報を得た上で、自分にとって何が大切で何をすべきなのか、取捨選択をしたうえで自毛植毛に向けた正しい判断をしたいものです。

まずは相談してみるのも手段の1つ

AGAの画像

最後にですが、植毛施術の失敗を恐れる必要はありません。

薄毛やハゲをクリニックで治療したいのなら、植毛施術にするのか、それとも、AGA治療をするのか決めてください。

そして、植毛施術で治療を行うと決めたら一度、クリニックに行って、相談をする所から始めるのもよいでしょう。

アイランドタワークリニックなら無料でカウンセリングをしてくれます。

ここで、そんなクリニックを紹介させて頂きます。

アイランドタワークリニックの基本情報
診療時間 10:00~19:00
休診日 年中無休
展開地域 新宿院、名古屋院、大阪院、福岡院

特徴

アイランドタワークリニックの最大の特徴は、自毛植毛が国内No'1シェアである点です。

症例数も25,000以上の件数もあり、植毛の実績数なら日本で多いです。

さらに、アイランドタワークリニックは、地方に住まれている方が通いやすいように、交通費、宿泊費を全額負担してくれるのも特徴の一つです。

まずは、カウンセリングだけでも行かれてみては、いかがでしょうか。

もちろん、専門のカウンセラーが年中無休かつ、無料で相談に乗ってくれるので、安心できますね。

また、無料カウンセリングを行っている専門病院もありますので、不安な方やお悩みの方は一度利用してみてはいかがでしょうか?

アイランドタワークリニック

★交通費全額返金!
無料でカウンセリング
★月8,500円~施術可能
(※医療ローン適用)

_