ホーム >> AGAコラム >> 育毛剤 >> フィンジア買うならどこがいいの?【徹底解説】

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード

AGAコラム

更新日
フィンジア買うならどこがいいの?【徹底解説】

カテゴリ

フィンジアは比較的新しく発売された育毛剤で、発売当初から何度も売り切れが起こっているという、育毛剤業界の中でも異例のヒット商品です。フィンジアはamazonでも販売されています。

 

普段からよくamazonを利用している方からすると、「いつも利用しているamazonから買えるのであれば、フィンジアをamazonから購入しよう」と考えるのは自然な流れですよね。しかし、実はそこに大きな落とし穴があります。フィンジアをamazonで購入する際に、注意しなければいけないことは、一体何なのでしょうか。

 

 

 

 フィンジアとは?

woman_doctor

 


フィンジア
【スカルプケアの限界突破!】

★独自の成分カプサイシン配合!
★毛穴を開き、髪本来の頭皮を実現!
★髪の奥までぐんぐん届く!

公式サイトを見る→

フィンジアは、2015年に発売が開始された育毛剤です。正確に言えば、育毛剤ではなくスカルプエッセンスというジャンルになります。

 

というのも、フィンジアに配合されているメインの成分であるキャピキシルとピディオキシジルは、最新の育毛成分であるため、現在のところまだ厚生労働省に育毛成分としての認可を受けておらず、医薬部外品として申請ができないため、化粧品というジャンルで販売されているからです。

 

薬事法では、医薬部外品扱いの商品でなければ「育毛剤」を名乗ることができません。そのため、このフィンジアは「化粧品」または「スカルプエッセンス」という扱いで販売されているのです。 育毛剤を語る上で、「医薬部外品が良いのか、化粧品が良いのか」という議論がよく起こりますが、多くの場合結論が出ません。

 

やはり育毛剤は人によって合う・合わないがあったり、効く・効かないがあったりするからです。様々な種類の育毛剤を試してみながら、自分に合う商品を探す必要があります。しかし、そのように商品を探す際に、一種の博打性が問われる育毛剤の中でも、このフィンジアという商品はかなり高確率で「当たり」になる育毛剤だと言えます。

 

なぜなら、キャピキシルとピディオキシジルという2種類の成分が育毛にとって非常に効果的であるというデータが存在しているためです。この2種類の成分については後述しますが、それだけフィンジアという育毛剤は期待度が高いということが言えるでしょう。

 

詳細はこちら

 

 

 

 フィンジアは大人気の育毛剤!

画像名の画像

 

フィンジアは非常に人気がある育毛剤です。 それだけの人気の理由は、その配合成分や、メーカーのブランド戦略にもよるものです。

 

フィンジアは、2015年8月に発売が開始されました。発売開始前から非常に大きな話題になっていましたが、実際に発売が開始されると、その直後に売り切れが起き、その後流通が再開されると再び売り切れが起きるということが繰り返され、現在までに4回の売り切れが発生しています。育毛剤の業界でこのようなことが起こるというのは前代未聞であり、フィンジアの人気のすごさを物語っています。

 

高級感のあるブランド戦略や、イメージキャラクターに元K1WORLDMAX世界王者の魔裟斗さんを起用しているなど、若くして薄毛に悩む方を上手にターゲットにしている販売元のアイデアや努力の結果もあると思いますが、やはり一番の理由はその配合成分によって高めた期待度なのではないでしょうか。

 

育毛剤といえば、80年代や90年代は「使っても生えないもの」というイメージがありました。実際、配合されている成分に発毛を促進させる類のものはほとんどなく、頭皮環境が良くなるだけのものや、水にアルコールを足して香料をつけただけの詐欺まがいのものも存在しました。

 

そんな中で、ミノキシジルによる発毛効果が確認され、フィナステリドによる男性型脱毛症の進行を止める効果が確認されました。このミノキシジルとフィナステリドを合わせた治療方法は、AGAクリニックで現在でも主流とされる治療方法です。これにより、「薄毛は治療できる」という考え方が広まっていきました。

 

通販で購入できる医薬部外品や化粧品ジャンルの育毛剤にも、効果が期待できるものが増えてきました。しかし、やはりミノキシジルやフィナステリドに比べれば効果は薄くて市販の育毛剤を使ってもなかなか効果が出ずに悩んでいる人が多かったようです。そんな中で、満を持して発売されたこのフィンジアに、多くの人が希望を託したのも頷けます。

 

何と言ってもその成分が「ミノキシジルの3倍の発毛効果がある」と言われるキャピキシルと、「ミノキシジルから副作用を抜いて浸透力を高めた」と言われるピディオキシジルだからです。これは育毛についての知識がある人であればあるほど、その効果に期待してしまいますよね。

 

また、その他の育毛剤と比較すると、ふた回り近く小さいパッケージや、ボトルのデザイン、そしてぱっと見ただけでは育毛剤とわからないようなオシャレで高級感のある見た目は、これまで育毛剤を使うことに抵抗を感じていた若い世代の方にも広く受け入れられました。こうしてフィンジアは2017年の現在でも売れ続けているのです。

 

 

 

 フィンジアの2大育毛成分

フィンジアがそれほどまでユーザーに支持されたのは、メインとなる2種類の成分が育毛にとって非常に効果的であると証明されたものだったからです。その2種類の成分は、キャピキシルとピディオキシジルです。フィンジアが4回も売り切れを起こすほど注文が殺到した原因であるこの2種類の成分、一体どのような効果があるのでしょうか。ひとつずつ解説していきます。

 

1種類目がキャピキシルです。キャピキシルは2011年にカナダのルーカスマイヤーコスメティック社が開発した育毛成分です。世界規模の化粧品原料展示会であるインコスメティックスでもブロンズアワードつまり、銅賞を受賞しています。

 

キャピキシルは、たこ焼き粉やお好み焼き粉などと同じように、複数の原料を混ぜ合わせて一つの成分を織りなしているという種類のプレミックス育毛成分で、そのメインとなる原料はアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3です。

 

アカツメクサ花エキスの中にはビオカニンAと呼ばれるイソフラボンの一種が配合されており、これは毛根に存在する5αリダクターゼという酵素のはたらきをストップさせてくれます。5αリダクターゼは、健全な男性ホルモンであるテストステロンと結びつくことによって、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを生み出します。

 

このジヒドロテストステロンが前頭部や頭頂部の髪の毛を強制的に脱毛させてしまうという働きを持っているのです。つまり、ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症の原因物質であるということです。アカツメクサ花エキスの働きによって、5αリダクターゼの活性が抑制されれば、テストステロンが結びつくことがなくなり、ジヒドロテストステロンも生まれなくなります。

そうすれば男性型脱毛症の進行がストップし、髪の毛が本来の寿命をまっとうできるように成長できるのです。

 

 

もう一つの育毛成分がピディオキシジルです。ピディオキシジルは、一言で言えば、ミノキシジルの誘導体です。誘導体とは何かというと、モデルとなる成分に分子構造が非常によく似た別の成分のことです。分子構造がよく似ているので、その働きもほとんど同じであることが多いです。

 

多くの場合、誘導体は元となる成分よりも人体に作用した時にすぐれた効果を発揮するケースが多く、ピディオキシジルの場合は、ミノキシジルと比べ、浸透する力がアップし、副作用が発症するリスクが低くなったといわれています。ミノキシジルは、AGAクリニックでも処方される医師が認めた発毛促進剤です。

 

しかし、どうしても、使用した際の副作用が問題視されていたり、頭皮に塗布しても、毛根の奥まで浸透していかないということが課題になったりしていました。そんな中で、このピディオキシジルは、副作用と浸透力というミノキシジルが持つ問題点の2つをクリアした新成分なのです。

 

マウスを使用した実験では、ミノキシジルと変わらない発毛促進効果が見られました。つまり、「ミノキシジルのいいとこ取り成分」と言っても過言ではない成分です。 育毛剤フィンジアには、この2種類の成分が限界濃度で配合されています。

 

限界濃度というのは「これ以上の量を配合しても効果は変わらない」とメーカーが判断した分量です。これだけ期待できる成分が限界の濃度で配合されていれば、薄毛で悩む人の希望の光になるのは当然といえば当然ですよね。2ちゃんねるで口コミなどを見てみても、「3ヶ月で生えた」「半年で生えた」「1年使って生えた」など、試用期間はバラバラですが、高い効果が出たというレビューが寄せられています。

 

 

 

 フィンジアのゲートアクセス理論とは?

画像名の画像

 

フィンジアという育毛剤を特徴づけている物は、前述のキャピキシルとピディオキシジルという配合成分だけではありません。実は「ゲートアクセス理論」と呼ばれる特殊な成分の浸透方法もフィンジアの大きな特徴の一つになっています。

 

このゲートアクセス理論というのは、簡単に言うとカプサイシンによって頭皮を柔らかくして、育毛成分の浸透を助けるという。メカニズムのことをいいます。男女問わず人間は年齢を重ねるごとに頭皮が硬くなっていきます。頭皮が硬くなるということは、育毛剤を外側からつけたとしても、その成分が浸透しにくくなってしまうということです。

 

ゲートアクセス理論は、その現象を解決されせるために作られた理論です。フィンジアには唐辛子に入っていることで有名なカプサイシンが配合されています。辛いものを食べると、汗がどっと噴き出しますよね。これと同様に、フィンジアに含まれているカプサイシンが、頭皮に作用し、毛穴を開き、育毛成分であるキャピキシルやピディオキシジルが毛根の奥深くまで浸透していく働きを助けるのです。

 

このように考えると、実はフィンジアという育毛剤は非常にその構造がシンプルです。その他の育毛剤は、何十種類もの成分を配合しているであるとか、噴射ノズルが使いやすいであるとか、アルコール成分をカットして肌に優しいであるとか、様々な要素を複合的に売りにしていますが、このフィンジアに関しbて言えば、「キャピキシルとピディオキシジルをゲートアクセス理論によって浸透させる」という一文で説明できてしまうのです。

 

多くの育毛剤ユーザーにフィンジアが支持された理由も、この1点突破のようなシンプルな構造がわかりやすく、その効果が期待できると感じてもらえたからなのではないでしょうか。

 

 

 フィンジアを購入する場合、amazonを使うべきか?

ここまでで、フィンジアという育毛剤にどれだけの期待度があるのかという部分がお分かりいただけたでしょう。実際、2ちゃんねるなどのクチコミを見てみると、フィンジアによって髪の毛が増えたというユーザーが多く存在します。

 

もちろん何割か「効果がなかった」というマイナスの口コミを書き込んでいる人もいますが、育毛剤は人によって効果が出たり出なかったりするので、ある程度は仕方がないでしょう。

 

また、育毛剤を使用することによって抜け毛が増えるというのは、ヘアサイクルが正常に回りだした証拠であり、その後、髪の毛が一気に増えてくる予兆でもあるので(これを初期脱毛といいます)、数か月は継続して利用しなければいけません。ではそんなフィンジアを購入する時、どのサイトを利用して購入すればよいのでしょうか。

 

ちなみに、フィンジアは販売元が大手の化粧品会社などではないため、薬局やドラッグストアなどといった実店舗では置かれていません。購入する場合はインターネットを通じて注文するしかありません。

 

ネット上の通販サイトには、Amazonや楽天Yahoo!ショッピングなどをはじめとして様々なものがありますが、それらを使用して購入するのはあまりお勧めできません。というのも、そういったショッピングサイトで購入した場合、定期コースに申し込むことができないからです。

 

公式サイトから申し込むことができる定期コースは、月に1回、あるいは2ヶ月に1回など自分のペースで定期的に自宅までフィンジアを送ってもらうというコースです。毎回買いに行く手間が省けますし、価格も単品で買うより大幅に安くなります。

 

amazonで購入する場合も、返金保証制度が付いてくるという文面がありますが、amazonは、販売者が公式ではない可能性があるので、そのような内容が書いてあったとしても、実際に返金保証制度を使用しようとしても受理されない可能性があります。

 

amazonは、簡単に販売者としてのアカウント登録ができてしまうので、公式な販売元ではないamazon上の販売者が、粗悪品や偽物を周りの反応を上手に納得させながら販売している可能性がゼロではないのです。

 

公式サイトからの購入であれば、偽物が届くということはまずありませんし、定期コースで申し込めば、定価より大幅に安い金額で購入することができます。育毛剤は同じ種類のものを数ヶ月使うことでようやく効果がわかってくるので、そういった意味では単発で購入してもフィンジアの効果はわかりません。

 

まとめて複数本購入するか、定期購入で毎月購入するという形が、経済的にも最も負担が軽く済むのです。もしamazonを利用してフィンジアを購入しようと考えている方がいるのであれば、公式サイトから購入する方法に変更することをお勧めします。

 

どうしても「普段からamazonを使っているのでAmazonで購入したい」という場合は、単発で1本だけお試し購入をしてみるという形にしましょう。複数本同時に購入するのであれば、どう考えても公式サイトからの方がお得です。

 

 

 まとめ

発売開始直後に4回も売り切れを起こしたという大人気の育毛剤であるフィンジア。人気の理由はキャピキシルとピディオキシジルという2種類の最新育毛成分が限界濃度で配合されているということです。また、カプサイシンの成分で毛穴を開き、毛根の奥まで成分を浸透させる「ゲートアクセス理論」も人気の理由の一つです。

 

そのおしゃれなパッケージや、イメージキャラクターの魔裟斗さんのかっこよさなども相まって、若くして薄毛に悩む方からも人気があります。ホルモンに作用する成分が配合されていませんので、女性でも使用することができます。このように効果が期待できる育毛剤であるフィンジアですが、購入する際にAmazonで購入しようとする方が多いようです。

 

確かにamazonを頻繁に利用する方は、数が多いので、いつものようにamazonを利用しようと考えるのは当然かもしれません。 しかし、Amazonで購入してしまうと、返金保証制度はついてくるものの、定期コースに申し込むことはできなくなってしまいます。

 

また、amazonで販売されている。フィンジアは、必ずしも中身が本物であるとは限りません。万が一ですが、悪質な販売者から偽物が送られてくる可能性もゼロではないのです。そのように考えると、amazonよりも公式サイトから購入するのが最も賢い選択であるといえるでしょう。


フィンジア
【スカルプケアの限界突破!】

★独自の成分カプサイシン配合!
★毛穴を開き、髪本来の頭皮を実現!
★髪の奥までぐんぐん届く!

公式サイトを見る→