ホーム >> AGAコラム >> 育毛剤 >> 効果的な育毛成分【おすすめ育毛剤】

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

効果的な育毛成分【おすすめ育毛剤】



最近髪が薄くなってきたから、とりあえず育毛剤つけるかと考えているあなた! 残念ながら、育毛剤は万能薬ではないのです。

抜け毛の進行を抑えることや発毛作用など、用途によって使うべき育毛剤は違います。

育毛剤の成分と効果を比較しながらご紹介していきたいと思います。

最近髪が薄くなったなと思ってるあなた!育毛剤をはじめようにもどんな成分が良いかわかりませんよね。

そんな悩みを解決すべく、育毛剤成分を徹底比較していきたいと思います。

今までは気にならなかったフケやかゆみを感じる頻度が多くなると、抜け毛の原因となる病気の一因の可能性もあり、薄毛につながってしまうかもしれません。

薄毛の原因

AGA_鏡を持つ男性の画像

育毛剤を見る前にどうして薄毛になってしまうのか、理由を見ていきたいと思います。

薄毛の原因と言われているのはおもに以下の7つです。

遺伝

「うちのじいちゃんはげてるから俺も将来はげるなぁ。」

とよく聞く会話ですが、これはあながち間違ってはいないのです。

薄毛の大きな原因の一つである男性ホルモンの量ですが、これは遺伝がかなり大きく影響します。

男性ホルモンが多いと、テストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結び付き、 ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変わってしまいます。

このDHTは、抜け毛を促進や、育毛を妨害につながるので、薄毛の根本的な原因に深く関係しているのです。

仕事やその他、生きていると多かれ少なかれ、ストレスはたまりますよね。

しかし、ストレスは自律神経を乱してしまうので、髪にも体にも悪影響を及ぼしてしまいます。

自律神経が乱れると、どうなってしまうのでしょう。

まず、一番髪に対して影響が大きいのは血行不良です。

髪の毛が成長するのに必要な栄養は血液によって髪に送られるので、 ストレスは髪の成長の敵といえます。

ストレスをなくすのは難しいですが、ストレスを軽減できるように、適度な運動をするなどして、心の環境にも心がけましょう。

食事

昨日の食事を思い出してみてください。

肉ばかり食べてしまっていませんか?偏った食事は血液に影響を与えます。

特に野菜などを取らず、肉などの脂質を多くと取りすぎてしまうと、 血液をドロドロにしてしまいます。

血液の質が低下すると、髪に栄養を届けづらくなります。

サラサラで良質な血液にするためにも、バランスの取れた食事をとるように心がけましょう。

飲酒

お酒に含まれているアルコールですが、体内に取り込まれると、分解されます。

このアルコールが分解される過程で、出される酵素は中性脂肪を作る働きを増やしてしまうと言われています。

中性脂肪は、血液をドロドロにしてしまう作用があるので、お酒が大好きだけれど、薄毛に悩んでいる人は、頻度や量を見つめなおしてみて下さい。

タバコには血管を縮小させてしまう物質が入っています。

そうなってしまうと、血液に含まれた栄養が髪にと届きにくくなってしまいます。

タバコを吸っている人で、薄毛に悩んでいる人は禁煙された方がいいと思います。

睡眠

睡眠と髪の健康は実は大きく関係しています。

22時から2時までの時間はゴールデンタイムと呼ばれる髪が成長するといわれる時間です。

この時間帯に寝るのは難しいと思いますが、なるべく寝ることができるよう、意識してみてください。

睡眠をしっかりとれば、心も髪も健康になり一石二鳥です。

毛穴に皮脂や汚れがたまってしまうと、頭皮が健全な働きをすることが難しくなり、結果的に薄毛を進行させてしまうことになります。

またワックスなどが洗い流されないままになってしまうと、頭皮環境が悪化してしまうので、常に清潔にすることを心がけましょう。

育毛剤を始めるタイミング

AGA_画像名の画像

薄毛にはなってはないけれど、抜け毛が気になる、頭皮環境が悪化している(フケが目立つ、かゆい等)と感じた時、育毛剤の使用を考えてみても良いかもしれません。

少し薄毛になってきたなと感じる人は、育毛剤または、発毛促進剤で様子をみて、それでも改善がみられない場合、病院の専門医やクリニックに相談しに行くと良いと思います。

育毛剤とは何か

AGA_医者の画像

薄毛に悩む多くの人が最初の対策として考える育毛剤ですが、育毛剤ってなんなのだろう?発毛剤とは何が違うの?と思われた方のために育毛剤や発毛剤の違いを解説していきたいと思います。

育毛剤とは、毛髪の成長を促進させる成分が含まれている製品です抜け毛の予防や今ある髪を育てたいという方におすすめです。

養毛剤と似ていますが、 育毛剤の方が医薬品や医薬部外品に指定されているものが多いので、養毛剤よりも高い効果が期待できます。

発毛剤とは、基本的に医薬品に含まれ、AGA治療で処方されるような薬です。

効果、効能として発毛作用があることを国が認めています。

今髪が生えていないけれど、 新しい髪を生やしたい方は、発毛剤を使うことをおすすめします。

市販で買える発毛剤としてリアップが挙げられます。

発毛剤と同様に、新しく髪を生やしたいという方におすすめです。

発毛剤と異なるのは、成分と発毛の因果関係が科学的に立証されておらず、厚生労働省の認可はないところです。

科学的な立証がないだけで、効果が期待できるものもあります。

発毛剤よりも発毛促進剤の方が、副作用が少ないので、比較的安心して使えます。

薄毛で悩んでいるけど病院にいくのにためらいがある方は、 成分等を調べて利用してみるのも良いかもしれません。

抜け毛の予防と髪の毛の保護を目的とした成分が多く入っている製品です。

フケの予防や皮脂の除去、地肌の栄養促進ができます。

髪の毛を健康に保ちたいという方におすすめで、 比較的手軽に使用できるものが多いと思われます。

育毛剤や発毛剤、養毛剤を選ぶ上でのポイントは、自分の目的に合った成分が入っている製品を使うということです。

自分の求めているものを使用しても効果を感じられないかもしれないので、よく確認して選ぶようにしましょう。

また、副作用がある製品もあるので、その点もよく注意して選んでください。

しかし、自分ではよくわからない、たくさんありすぎて悩んでしまう方が多いと思います。

なので、一度病院やクリニックで相談してみるのがおすすめです。

育毛剤のタイプと成分

AGA_画像名の画像

育毛剤の中にもいくつか種類があり、主に以下の5つのタイプに分類されます。

  • 男性ホルモン抑制タイプ
  • 毛母細胞活性タイプ
  • 皮脂分泌抑制タイプ
  • 頭皮保湿タイプ
  • 血行促進タイプ

この5つのタイプとタイプ別おすすめ成分を紹介したいと思います。

生え際や頭頂部の髪が薄くなったという方は、このタイプに当たることが多いです。

男性ホルモンが過剰分泌を抑える成分が入った育毛剤を使いましょう。

男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる毛乳頭細胞の働きを妨害する物質を抑制する成分です。

毛乳頭細胞が正常に機能しなくなると、 毛穴に皮脂がつまり、頭皮環境が悪化します。

このことが薄毛につながり、さらにAGAを引き起こす原因でもあります。

ACA治療薬のプロペシアにも使われる成分であり、 プロペシアは厚労省から認可を受けている唯一の薄毛治療飲み薬です。

このプロペシアは専門の医療機関でしか処方されません。

またフィナステリドにはよく注意することが必要となります。

※女性の使用厳禁 女性は絶対に使用してはいけません。

特に妊娠している場合や授乳期に触れてしまうと胎児の発育に影響する可能性があります。

また、ホルモンが減少して気が落ち、うつ病になる人も少数ですがいます。

だからといって副作用を心配しすぎることはありません。

※子供をつくろうと考えている人 薬の副作用として、精子数の減少にもつながる可能性があります。

以上の人には注意が必要なので、よく確認をしてください。

漢方薬として使用されていたエキスで、抜け毛の原因となる5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。

男性ホルモンを抑える高濃度イソフラボンを含んでいます。

また、抜け毛を抑制する効果もありながら、副作用が比較的少ない成分です。

イソフラボンが主成分です。

女性ホルモンのエストロゲンと似た効果があると言われています。

男性ホルモンの影響を抑えてくれる成分を抑えてくれるので、抜け毛を止める効果が期待されています。

亜鉛

健康な髪の毛を育てるのに欠かせない成分だと言われています。

サプリメントなどで摂取できる成分なので、比較的取り入れやすいと思います。

男性の抜け毛の原因であるジヒドロテストステロンを抑制する成分です。

抜け毛を早くとめる成分として高級育毛剤に含まれることが多いそうです。

髪の毛の細さに悩んでいる人はこのタイプに当たることが多いです。

髪の毛の太さを決める毛母細胞に栄養が十分に行き渡ってないことが考えられるので、 亜鉛やビタミンなどの栄養素を接収できる育毛剤がおすすめです。

男性ホルモンに影響されることなく、栄養分を毛母細胞に栄養分を送る成分。

ビタミンB群の一種で、毛母細胞の活性化や抜け毛予防の効果がある成分。

M-034

血行促進や炎症を抑え、ジヒドロテストステロンの生成を抑制や毛母細胞の働きを阻害する対抗誘導因子の抑制、保湿効果があります。

毛母細胞の活性化に必要なタンパク質を安定化させる成分。

毛乳頭に働きかけ、育毛を促進させる効果がりあります。

また、健康な髪に必要な栄養を届けるといわれています。

アミノ酸やビタミン、ミネラル等の髪以外にも利用される、効果的な成分。

毛母細胞活性化のために髪に必要な栄養分や酸素を毛乳頭に届けるために血管を拡張して血液量を増加させる成分。

漢方の原料である甘草に含まれるグリチルリチン酸とカリウムがくっついた成分です。

頭皮の炎症やアレルギーを抑え、毛母細胞を活性化させる効果があります。

頭皮が脂っこいなと感じる人は、このタイプであると考えられます。

頭皮の脂が過剰に分泌してしまうと、毛穴がつまり、頭皮環境の悪化から、 髪の成長を妨げてしまう可能性があります。

これが進行すると、薄毛になってしまうかもしれないので、早急に対処しましょう。

ドグダミの葉や茎から抽出したエキスです。

消炎効果や皮脂分泌を抑える効果がある成分になります。

頭皮のかゆみや、フケ、炎症、皮脂の過剰分泌を抑制して頭皮のにおい等もケアすることができます。

シャクヤクエキスに含まれるペオネフリン、ペオニンなどの配糖体に、血行促進、消炎、抗炎症効果があり、頭皮環境を整え、フケやかゆみを抑制する効果があります。

また、血流促進効果もあり毛乳頭に栄養を送る効果や皮脂バランスを整える効果があります。

さらには保湿効果もあるので、比較的多くのタイプの方に効果的な成分になっています。

オドリコソウから抽出したエキス。

脱毛を促進させる皮脂の除去や、皮脂腺の活動を抑える効果があります。

頭が乾燥してフケが…という人はこのタイプにあたるでしょう。

頭皮の乾燥し過ぎは細菌が発生するなど、頭皮環境にあまりよくありません。

特に冬は空気が乾燥しているので、頭皮の保湿ができる育毛剤がいいでしょう。

人間の皮膚や筋肉や軟骨の主成分です。

また、細胞同士をくっつける働きがあります。

1gで6,000mlもの水分を保持できると言われる程、保湿性があります。

また、角質層の水分を保持し、水分の蒸発を防ぐ役割もあります。

アロエベラなどの葉や葉の汁から抽出されたエキスです。

保湿効果や抗炎効果があります。

育毛剤にアロエエキスが含まれていることで、頭皮の新陳代謝を促進し、血行が良くなるでしょう。

ヒオウギから抽出されたエキスです。

ヒオウギの主成分はイソフラボンで、ヒアルロン酸やコラーゲンの働きを促進させる効果があります。

また、頭皮環境を整え、毛母細胞を活性化する効果あります。

イチョウの葉を乾燥させた後、アルコールなどで、フラボノイドやギンコライドなその成分を抽出したものです。

乾燥している頭皮に潤いを与えたり、血管を拡張し、血液の循環をよくする効果があります。

吸湿性と湿潤性が高く頭皮の角質層に浸透して、乾燥から肌を守る効果がある成分です。

他成分の併用でより効用が増す効果があります。

刺激が少ないので、肌が敏感な人にもおすすめです。

美容品にもよく使われている成分の一つで、保湿効果や肌荒れ防止の効果があります。

男性ホルモン抑制タイプの育毛剤を使っても効果がなかった。

頭皮が固くなった気がする。

このように感じる方はこのタイプかもしれません。

頭皮が固いと血流が悪い可能性があると言われています。

血流が悪いと、髪の毛に酸素や栄養が行かないので、抜け毛につながってしまうことが多いです。

血流は頭皮環境に大きく影響してくるので、血流がよくなるよう、血管を広げる作用のある育毛剤を選ぶといいでしょう。

血圧降下剤として使用されていたこともあり、血管を広げて、一時的に血流を流しやすくする効果がある成分です。

血流が循環すると、毛根の中心にある毛乳頭が刺激され、発毛作用が促されるという効果があります。

また、ミノキシジルは、フェナステリドと同様に市販では買うことはできません。

取り扱いのある専門のクリニックで処方してもらいましょう。

参考:プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで

千振とうリンドウ科の植物から抽出された成分です。

血行促進作用があるスウェルチアマリンやスウェルチアニン、スウェルチアノリンが含まれています。

M-034

天然の海藻であるミツイシコンブから抽出した成分です。

副作用のリスクがあまりないので、使われやすいと思います。

ツヅラフジ科の植物のタマサキツヅラフジから抽出された成分。

血管を拡張する作用があるので、髪に栄養を送りやすくする効果があるので発毛促進が期待できます。

ミノキシジル誘導体とも呼ばれる成分。

ミノキシジルと同様に血管を拡張促進する効果があります。

育毛剤を使用する上で、前提となるのが、長期間使用しなければ効果が出にくいということです。

つまり、継続して使用できるかをまず考えなくてはなりません。

自分の肌との相性をよく調べて、自分の体に負荷がかからない製品を選びましょう。

自分の改善したいポイントにあったものを選ぶ必要があります。

先ほど挙げましたが、5つのタイプのどれに自分が属しているかを考えて選ぶかが、育毛剤の効果を実感できるポイントになってきます。

つまり、自分の悩みとしっかり向き合うことが育毛の肝となるのです。

おすすめ育毛剤

AGA_カウンセリングの画像

育毛効果が期待できると口コミ等でも比較的満足度が高い育毛剤を5つ紹介したいと思います。

育毛剤を選ぶ参考にしてみてください。

チャップアップ(CHAP UP)

【16秒に1本売れる育毛剤】
★育毛剤3冠受賞(楽天リサーチ調べ)
★業界唯一の全額返金保証書付き
★育毛剤売上ランキング1位(通販新聞調べ)

_

チャップアップは、脱毛予防という観点で、効果を発揮する製品です。

毛穴に生じている炎症を予防して、頭皮環境を改善することで脱毛がしにくくなるといわれている。

センブリエキスやグリチルリチン酸が含まれています。

また、血流改善を促すM-034が含まれているため、血液をサラサラにし、髪に栄養を送りやすくなるので、育毛効果を期待できるでしょう。

また、無添加、無香料で肌に優しく、副作用が少ないので、初めて育毛剤を利用する方や肌が弱い方も安心して使用できると思います。

こんなにもの効果が実感できるのにも関わらず、低価格というのも魅力です。

また、満足度が97%と高く、リピート率も高いことから使い続けやすいと評判です。

さらに、返金保証もしっかりしているので、育毛剤を試してみたい人にはうってつけの製品です。

多くのメディアに取り上げられたり、某大手ショッピングモールの育毛剤売り上げ1位にも選ばれたりとメディアや口コミでも人気です。

また、厚労省の認可はもちろん、「顧客満足度」「おすすめの育毛剤」「最も期待できる育毛剤」の3つの部門で3冠を受賞し、AGA治療を専門とする病院やクリニックの医師からも高い評価を得ています。

迷ったらお試しで試してみるのもいいかもしれません。

育毛剤とスカルプシャンプー

AGA_画像名の画像

育毛剤は抜け毛を抑えたり発毛を促進したりととても効果的です。

しかし、いくら血行を促進したり、発毛作用をもつ成分を取り入れたりしても、頭皮環境が悪いと、効果が薄れてしまいます。

そこで育毛剤とスカルプシャンプーを併用することで相乗効果を生み出し、効果をより高めることができます。

育毛剤で髪の毛への栄養補給をしながらスカルプシャンプーで、頭皮環境を整えてあげましょう。

薄毛のことで悩んでいるけれど、調べても何が良いのかわからない、不安だと思っている方。

とりあえず一度専門医に診てもらうのはどうでしょうか。

自分の頭皮がどうなっているのかを知ることこそが改善への第一歩です。

フサフサの髪を目指して、現状把握からやってみましょう。

AGAの専門医は数々の患者さんの頭皮と向き合ってきています。

きっとあなたにピッタリの治療法があるはずです。

まとめ

AGA_画像名の画像

いかがだったでしょうか。

今回は育毛剤の成分をみながら、おすすめの育毛剤を紹介させてもらいまいた。

あなたにぴったりの育毛剤をみつけられたでしょうか。

個々の髪の毛、頭皮の状態はみな異なります。

だからこそ薄毛、抜け毛の対策は、自分にあった方法で自分に合ったものを使っていかなくては効果を実感しにくくなります。

成分を調べたりするのは多少面倒かもしれませんが、自分の悩みとその悩みあった方法を探し、実践することが、一番の近道になります。

また、自分一人で悩んでしまうとうまくいかないことが多かったり、 知らぬ間に間違った方で対策をいたりして余計に頭皮へダメージを与えてしまう可能性があります。

それなのでまず、病院やクリニックの専門医に聞いてみるといいと思います。

本サイト厳選AGAでは、実績と信頼のある医療機関を紹介しております。

最近では無料カウンセリングを行っているクリニックもあるので一度探してみてくださいね。

チャップアップ(CHAP UP)

【16秒に1本売れる育毛剤】
★育毛剤3冠受賞(楽天リサーチ調べ)
★業界唯一の全額返金保証書付き
★育毛剤売上ランキング1位(通販新聞調べ)

_