ホーム >> AGAコラム >> シャンプー >> 育毛剤とシャンプーの選び方を考える時が来たのかもしれない

AGAコラム

公開日 2017.9.8
更新日 2017.9.28
育毛剤とシャンプーの選び方を考える時が来たのかもしれない
Shampoo

※ 2017.9.28 一部内容更新

「男性型脱毛症診療ガイドライン」によると、男性型脱毛症の発症率は、20 代で約 10%,30代で20%,40代で30%,50代以降で40数%と年齢とともに高くなっていきます。

 

職場でも次々と髪の毛が薄い人たちが増え続け、自信を無くしたり、スポーツをやめたりしている方も多く、豊かな生活を送るためには、薄毛の予防や育毛は欠かすことができません。

 

薄毛になりたくないと思った時が、育毛の始め時です。育毛は育てる髪の毛がなければいけません。育毛を始めるタイミングは早ければ早いほど良いことは世代別の発症率をみれば一目瞭然です。

 

育毛活動の最初の一手は、育毛剤と育毛シャンプーになるでしょう。抜け毛の予防に効果的な育毛剤とシャンプーの選び方を解説していきます。

 

 

 

 育毛剤の選び方

AGA_デメリットの画像

 

山のようにある育毛剤は、「毛根に効く」「脂をねこそぎ除去」「男をあげる」などのキャッチコピーで私たちの購入意欲を煽ります。

 

口コミを見ても、それぞれの育毛剤で、効果があったという人もいれば、効果がなかったという人の意見が混在し、どの育毛剤が良くて自分に最適なものなのか、商品や口コミを見るだけでは判断に迷います。

 

育毛剤のキャッチコピーに惑わされず、冷静に育毛剤を見極めるための知識をまずは身に付けていきましょう。

 

 

育毛剤は薬事法により効能や成分の違いで3つに分類されています。目的は、消費者に対し、育毛剤の効能と影響の範囲を明確に提示するためです。

 

育毛剤がどのように分類されているのかを見ておきましょう。

 

医薬品

医薬品とは、厚生労働省が評価と審査をきちんと行い、効果と安全性を確認した後に、認可したものです。厚生労働省が効能を認めているため、商品に効果効能を記載することができます。

 

医薬品の中でも2つに分類されています。ひとつは、医師の処方箋が必要な「医療用医薬品」。もうひとつは、薬剤師がいる薬局などで販売できる「一般医薬品」です。

 

一般医薬品は、さらに3つに分類されます。分類の基準は、副作用のリスクレベルです。副作用のリスクが高いものから、第一類、第二類、第三類医薬品というように分類されています。

 

医薬品として代表的な商品は、大正製薬のリアップ(一般医薬品)です。

 

その他、第一三共ヘルスケアのカロヤンガッシュ(一般医薬品)、円形脱毛症や粃糠性脱毛症などの治療に使われる第一三共のフロジン液(医療用医薬品)などがあります。

 

髪の毛を育てていく育毛よりは、抜け毛が発症した後の発毛に使われるものが多いのが特徴です。

 

医薬部外品とは、厚生労働省が認めている有効成分の濃度がある一定量を配合しているもので、医薬品よりは人体に対する作用が緩やかではあるものの、その効果が期待できるものです。

 

医薬部外品は、厚生労働省が認めた有効成分と濃度を満たしているため、商品に育毛剤の効果を記載することができます。

 

薬機法(旧薬事法)によると、医薬部外品の定義は、「脱毛の防止、育毛又は除毛」として定められています。

 

医薬部外品は、薄毛を治すことよりも、どちらかといえば「薄毛の防止」や「頭皮や毛髪の衛生」が目的になります。

 

医薬部外品の他に、薬用シャンプーなどの「薬用」という表記も目につきます。この薬用も医薬部外品のひとつです。

 

医薬部外品も薬用とつく商品のどちらも購入するにあたっては、医師からの処方箋は必要ありません。

 

薄毛の治療ではなく、薄毛の予防や今ある髪の毛を育てていくという観点では、まず医薬部外品から商品を選んでいくことになるでしょう。

 

 

育毛剤とは、「髪の毛を育てる」ことができなければいけません。髪の毛を育てるために必要なはたらきとは一体どのようなものがあるのでしょうか?

 

育毛に効果のある育毛剤を購入するために、理解を深めておきましょう。

 

育毛剤のはたらきとして、まず必要なのが「血行の促進と改善」です。髪の毛の成長や、頭皮の細胞を活発にするためには、多くの栄養素を必要とします。

 

頭皮の細胞を活発にするための栄養素を供給するのが血液です。血液は、頭皮に張り巡らされた毛細血管を通って、髪の毛や頭皮の細胞に栄養を届ける役割があります。

 

血液が血管を流れ、体の隅々にまで循環させる力は心臓と筋肉のはたらきによって作られています。心臓はもちろんですが、筋肉が収縮する力も血流にとってとても重要です。

 

ただし、頭皮には筋肉がありません。そのため、他の体の部分よりも血行不良が起こりやすいと言われています。

 

さらに喫煙習慣、生活習慣が不規則、加齢などにより、血液の通り道は細くなっていきます。

 

そうなれば、血行はますます悪くなり、髪の毛や頭皮細胞に栄養が行き届かず、抜け毛や薄毛を引き起こす原因になります。 それらを防ぐために育毛剤では血行の促進と改善は必須です。

 

頭皮の表面に炎症が起きていると、血液から髪の毛の成長細胞に必要な栄養が届きにくく、髪の成長を阻害してしまいます。

 

また場合によっては、頭皮の炎症は、髪の成長活動を停止させ、抜け毛の原因になることもあります。 頭皮の炎症の原因は、雑菌の繁殖、毛染め、紫外線などがあります。

 

頭皮に常駐する雑菌が繁殖すると、頭皮に炎症を引き起こします。夏場の強い日差しの中、たくさんの紫外線を浴びることでも、頭皮が炎症する場合があります。

 

髪の毛を染める方もたくさんいらっしゃいますが、髪の毛を染める液の成分が頭皮に付着すると、頭皮が炎症を起こしてしまうこともあります。

 

頭皮が炎症の炎症を防ぎ、育毛の阻害や薄毛の進行をさせないためにも、育毛剤には、頭皮の炎症を鎮めて健康な状態に抗炎症作用が必須です。

 

抗炎症作用がある成分で代表的なものには、グリチルリチン酸があげられます。グリチルリチン酸は、甘草という植物の根から抽出される成分で、多くの化粧品に使われています。

 

毛根の一番下には毛乳頭と呼ばれる組織があります。毛乳頭の周りには毛母細胞と呼ばれる細胞があり、その毛母細胞が分裂を繰り返すことで、髪の毛は作られていきます。

 

毛母細胞の分裂は、たくさんの栄養分を使うことで活動が活発になります。毛母細胞に必要な栄養分は、血液から毛乳頭が受け取って供給しています。

 

毛乳頭には、毛母細胞に栄養を供給する役割の他に、毛母細胞に髪の毛の成長を指示する役割もあります。

 

毛乳頭のはたらきを活発にすることで、毛母細胞の分裂が活発化し、髪の毛もぐんぐん成長していきます。

 

育毛剤のコマーシャルでよく耳にする「毛の栄養補給」というフレーズは、このような毛乳頭や毛母細胞のはたらきをさらに活発化させるという狙いがあるのです。

 

毛母細胞を活発にさせる成分で代表的なものは、センブリエキスやオウゴンエキスが知られています。

 

センブリエキスとオウゴンエキスはともに、植物から抽出できるエキスで、育毛剤には定番の成分です。

 

 

抜け毛や薄毛の予防をするための育毛剤は、まず医薬部外品に分類される商品の中から選択するのが一般的です。

 

自分の頭皮の状態、髪の毛の状態、また遺伝的な要素も検討しながら、効果のある育毛剤を選んでいきましょう。

 

喫煙習慣、栄養の偏り、睡眠不足、運動不足、そのような状況はでは、頭皮の血行が悪くなっている可能性もあります。

 

頭皮は筋肉がなく、心臓よりも高い位置にあるため、血行不良が起こりやすい場所です。頭皮の温度は、血行不良の場所は低く、血行が良いと高くなります。

 

「やってはいけない頭皮ケア」(板羽忠徳 青春出版社)によると、頭皮の数か所の温度を計れば抜け毛の起きやすい場所がわかるそうです。

 

非接触温度計を使って頭皮の温度を測ってみると良いでしょう。頭皮の血行に不安がある方は、血流を促進する成分を多く含むタイプの育毛剤を選ぶと良いでしょう。

 

血行改善に効果が期待できる代表的な成分としては、ミノキシジルやセンブリエキスがあります。

 

ミノキシジルを含むのは大正製薬のリアップですが、これは医薬品となるため、医薬部外品から選ぶ場合は、センブリエキスを配合しているかどうかという点で選んでみてください。

 

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

参考:頭皮の炎症はこうして起きる!各症状原因と対策・ケア方法

参考:プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで

 

遺伝と薄毛の関係は、全てがまだ解明されているわけではありませんが、薄毛や脱毛の影響は、遺伝の要素も関連していると言われています。

 

男性型脱毛症は、テストステロンとよばれる男性ホルモンが、頭皮細胞の中にある5αリダクターゼとよばれる酵素と結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。

 

このジヒドロテストステロン(DHT)が、毛乳頭の細胞内に入り込み髪の成長をとめる因子を発生することがわかっています。

 

このように男性型脱毛症は、男性ホルモンの分泌が関係して起こります。そして、男性ホルモンの分泌や、男性ホルモンの影響の受けやすさは遺伝すると言われています。

 

男性型脱毛症の要因は遺伝ひとつではありませんが、祖父や父親が薄毛というように薄毛家系で、遺伝が心配な方は、男性ホルモンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化するのを防ぐはたらきがある成分を配合する育毛剤を選ぶとよいでしょう。

 

 

自分の状態もある程度わかってきたところで、いよいよ育毛剤を選んでみましょう。

 

ただ初めての育毛剤を購入する方の中には、数ある育毛剤の中から1つを選びだすことはむずかしいと思う方もいるかもしれません。

 

頭皮の血行を良くする育毛剤、遺伝的な要因にはたらきかけたりする育毛剤という観点で、人気の育毛剤をピックアップしました。 はじめての育毛剤選びの参考にしてください。

 

チャップアップ(CHAP UP)

無添加・無香料・永久返金保証書付き!
安心・安全が第一の方におすすめです。


公式サイトを見る→



 

チャップアップは人気の育毛剤のひとつです。その理由のひとつが、高い品質であるということ。モンドセレクションの金賞受賞はその証です。

 

血行促進効果のあるセンブリエキスが配合されているほか、グリチルリチン酸の配合により皮脂の過剰な分泌を抑えます。気になる添加物ですが、香料、着色料、防腐剤は無添加です。

 

  • 価格 1本(120ml)7,400円(税込み)。
  • 1日あたりのコスト 246円
  • 返金保証 あり(定期購入で永久返金保証)

 

はっきりとわかった変化としては、抜け毛が減ったってことですね。チャップアップの前はジェンヘアーを使用していましたが、その頃は毎日100本以上、多い時は200本近い抜け毛がありました。それがチャップアップに切り替えて3週間を過ぎたあたりから、すっかり減って1日70本程度まで落ち着きました。

 

日本産!!男女兼用!無添加・無香料で敏感肌の方も安心!副作用もなくドクターも推奨されています。使用して2週間。なんとなくですが、1日の中で頭皮のかゆみを気にする回数が減ったように感じます。

出典:@COSME

 

HPを見ると男性向けの商品なのかなって思ったのですが、女性にも効果があるそうです。スプレーした瞬間は少しひんやり感を感じたのですが、スッキリ感はないので物足りなく感じる人もいるかも。無添加・無香料で刺激なく使えたのは好感触です^^使用して日が浅く、育毛効果についてはまだわからないのでこれからに期待です。

出典:@COSME

 

1年くらい前までは、女性でも効果ありますとの情報から、チャップアップを使用しておりましたが、私には合わなかったようです。育毛剤にも相性があるようですね。

出典:@COSME

 

チャップアップの詳細を見る

 

イクオスの画像

イクオス

すぐに効果を実感したい方におすすめ!


公式サイトを見る→








 

イクオスも人気の高い育毛剤です。人気の理由は、まず実感が早いということ。イクオス公式ページでは、イクオスを使った78%で3ヶ月以内に育毛実感を得られたと発表しています。

 

男性型脱毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を作る細胞内の酵素をブロックする成分を多く配合しているのもイクオスの特徴です。

 

こちらもモンドセレクション金賞を受賞しており、品質面も安心。薄毛家系での遺伝の心配がある方にはおすすめの育毛剤です。

 

  • 価格 1本(120ml)5,980円(税抜き)
  • 1日あたりのコスト 215円(税込みで算出)
  • 返金保証 あり(初期購入から45日以内)

 

リニューアルの定期イクオスセット(サプリと育毛剤)を先月買って使ってます。臭いベタつきないです。2週間で抜け毛が2/3なくなった気がします。髪の艶やコシが出てきました。私の場合こんなにも早く効果が現れるとは思いませんでした。因みに、R1ヨーグルト、ガセリ菌ヨーグルト、ラクトフェリン、ユーグレナ、ヤクルト、鉄分、オメガ3、ビタミンC、B群等、イクオスサプリとは別に飲んでます。

出典:Yahoo!知恵袋

 

イクオスを使用しての効果ですが、まず最初に痒みやフケがなくなりました。乱れてた頭皮の状態が改善されていったのでしょうね。その後から徐々に髪の毛のハリや艶がでてきた感じですね。ちゃんと効果を実感出来るまでは不安ばかりで途中で諦めようかと思っていたのですけど、諦めずに根気良く続けていたら少しずつ実感できるようになってきたといった感じですね。

出典:Yahoo!知恵袋

 

育毛剤イクオスってもう半年使ったが効果無しで止めた。

出典:Yahoo!知恵袋

 

イクオスの詳細を見る

 

プランテルの画像

プランテル

M字ハゲが気になる方におすすめ!


公式サイトを見る→





 

プランテルの特徴はM字部分専用の育毛剤です。前頭部の生え際の育毛を全面に押し出している育毛剤はプランテル以外にありません。

 

プランテルの特徴的な有効成分は、血行促進効果のあるセンブリエキス。ツヅラフジ科の植物のタマサキツヅラフジの根から抽出した血流促進作用のあるセファランチン。

 

抗炎症作用・抗アレルギー作用を持つ甘草の根から抽出するグリチルリチン酸2Kです。生え際のM字部分の育毛を始めたい方にはおすすめの育毛剤です。

 

  • 価格 1本(150ml)で6,980円(税込み)。
  • 1日あたりのコスト 140円
  • 返金保証 あり(初期購入から30日以内)

 

スプレー式なので、手が汚れません。細かいミストで、何べんなくつけられます! べたつかないので、使い心地がいいです。透明で、サラッとしたテクスチャーです。気になるようなにおいがないので、うれしいです。頭皮がしっかり潤ってくれました。主人と一緒に使ってのですが、分け目が気になっていたのに、2か月使って産毛がはえてきて気にならなくなってきました。

出典:@COSME

 

産毛がちらほら出てきた、これは気のせいなのか?前から生えていたのか? 写真を撮っとけばよかった・・・

 

普通の育毛剤と変わらない感じまあ三ヶ月くらいはつけてみるわ

 

プランテルの詳細を見る

 

 シャンプーの選び方

帽子の人形の画像

 

育毛にとって、育毛剤と並んで重要なのが洗髪です。多くの人が、洗髪は毎日行っているかと思います。 洗髪時に、育毛することができれば、その効果も期待できます。

 

逆にシャンプー選びを間違えて、頭皮や髪の毛に毎日ダメージを与えているとどうなるでしょうか。考えるだけでもぞっとします。

 

シャンプーにもいくつもの種類があり、育毛にてきしたもの、そうでないものがあります。シャンプーの知識を高めて育毛の促進をしていきましょう。

 

 

シャンプーは3つの種類に分類されます。アミノ酸系シャンプー、高級アルコール系シャンプー、石鹸系シャンプーです。

 

これらは、成分、頭皮や髪への影響、洗浄力に違いがあります。それぞれの特徴をみていきましょう。

 

アミノ酸系シャンプーの特徴は、頭皮への刺激が弱く頭皮に優しいシャンプーです。敏感肌の方や、アトピー肌の方でも、安心して使うことができるシャンプーです。

 

アミノ酸シャンプーは弱酸性のため、洗髪後の髪はしっとりとした仕上がりになります。その反面、洗浄力が弱いことがアミノ酸シャンプーの弱点です。

 

アミノ酸シャンプーを選択するうえで、ひとつ注意が必要です。「アミノ酸配合シャンプー」というものがあります。

 

アミノ酸配合シャンプーは、洗浄力の高い高級アルコール系シャンプーにアミノ酸洗浄剤を少量配合しているものですので、どちらかといえば高級アルコール系シャンプーです。

 

肌が敏感な方やアトピー肌の方は、成分表を確認してから購入するようにしてください。

 

確認の方法は、成分表の初めにアルコール系シャンプーの成分である「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」「スルホン酸」などが記載されているものはなるべく避けるようにしましょう。

 

高級アルコールと言っても、価格が高いアルコールが配合されているわけではありません。アルコールに含まれる炭素数が多いことを指して高級といいます。

 

炭素の数が多いとシャンプーの泡立ちが良く、適度な洗浄力があります。 高級アルコール系シャンプーには、天然由来成分の高級アルコールと石油由来の高級アルコール系シャンプーがあります。

 

市販されているシャンプーのほとんどは石油由来で、頭皮への刺激が強いです。 高級アルコール系シャンプーの中に「弱酸性」と表記するシャンプーがあります。

 

弱酸性は肌に優しいという印象ですが、一概には言えません。 洗浄成分の合成界面活性剤が肌に合わない場合もあり、弱酸性のシャンプーは、肌の弱い高齢者には使われないようです。

 

人福祉施設では、弱酸性のシャンプーや石けんなどが使われることはほぼありません。免疫が低下した高齢の方に、弱酸性は向かないようです。

 

 

石けん系シャンプーは、脂肪酸ナトリウムとよばれる天然素材から作られる界面活性剤が使われています。

 

石けんシャンプーは弱アルカリ性で、とても高い洗浄力があるため、頭皮の脂が強い人に向いているシャンプーです。

 

石けんシャンプーは、容器のデザインがシンプルなものが多く、肌に優しい印象をもっている方も多いかもしれません。

 

実はその逆で、石けんシャンプーは頭皮への刺激が強く、肌が敏感な方、アトピー肌の方、乾燥肌の方には向きません。

 

またシャンプー後の仕上がりはパサパサ感が出るのも、石けんシャンプーの弱点でもあります。 石けんシャンプーのタイプには2つあります。

 

液体のタイプと個体のタイプです。液体タイプには、グリセリンが含まれていて個体タイプよりも保湿効果が高くなります。

 

石けんシャンプーは、皮脂を取り過ぎることや、石けんカスなどが残りやすいというデメリットもあるため、使用する際は十分な注意が必要です。

 

 

アミノ酸系シャンプー、高級アルコール系シャンプー、石鹸系シャンプーの一般的な3つのシャンプーの他に、育毛シャンプーとよばれるものがあります。

 

一般のシャンプーと育毛シャンプーの違いを見ていきましょう。

 

シャンプーの分類の中で、「育毛シャンプー」という正式なカテゴリーはありません。育毛シャンプーとは、あくまで通称です。

 

一般のシャンプーと育毛シャンプーの違いは、その目的にあります。一般のシャンプーは、髪の毛や頭皮の洗浄を最優先にして作られているシャンプーです。

 

もちろん育毛シャンプーも、頭皮や髪の毛を洗浄するはたらきがあります。

 

育毛シャンプーでは、さらに血行の促進や改善のように、育毛にとって必要なはたらきを促進させる効果のある成分を配合して、薄毛の予防や育毛促進を目的にしているシャンプーです。

 

ただし、育毛シャンプーを使ったからといって、劇的に髪が増えるわけではありません。育毛を助ける成分を配合しているシャンプーです。

 

「薄毛を改善」「髪が伸びる」というようなことをうたうシャンプーは、疑ったほうが良いでしょう。 育毛シャンプーは、育毛をサポートするシャンプーと考えておくべきです。

 

一般的シャンプーと育毛シャンプーには明確な定義が設定されているわけではありませんが、洗浄力を優先するの一般的なシャンプー。

 

育毛効果のある成分が含まれている成分が育毛シャンプーと考えて良いでしょう。 育毛シャンプーは、育毛が促進されるように、血行促進や抗炎症成分が配合されています。

 

血行を促進や、抗炎症作用のある成分として代表的なものは、センブリエキス、サリチル酸、グリチルリチン酸2Kなどです。

 

育毛成分が配合されているという特徴の他に、頭皮に刺激のある成分を控えているという点も育毛シャンプーとして大切なポイントです。

 

例えば、石油由来の洗浄剤、シリコン、パラベンなどの防腐剤が無添加であるということです。

 

その他、育毛シャンプーとよばれるシャンプーには、アミノ酸系のシャンプーも多いです。頭皮や髪の毛の洗浄をしながら、頭皮への刺激を抑えるというバランスを取った結果といえるでしょう。

 

 

育毛シャンプーは直接的に髪を増やすわけではありませんが、育毛の促進をサポートするシャンプーです。

 

育毛を始めるときに、育毛剤とあわせて使うことで育毛の促進したい方もたくさんいます。ただ、中には育毛を阻害するシャンプーもあります。

 

そのようなシャンプーで頭皮環境を悪化させないために、注意すべき3つのことをお伝えします。

 

シリコンは、傷んだ髪の毛をコーティングしてツルツルにしてくれます。洗い上りも指通りが良く、とても気持ちが良いです。

 

ただしシリコン髪の毛がツルツルになっても、髪の毛の状態が良くなったわけではありません。また頭皮環境にとってもシリコンは決して良い成分とは言えないのです。

 

シリコンが頭皮に良くないと言われる理由のひとつが、毛穴にシリコンが入り込み、毛穴を詰まらせることです。

 

「最後に読む育毛の本」(久田篤 佐野正弥著 みらいパブリッシング)では、シリコンは車のワックスと同じだと言います。

 

髪に必要以上のワックスをかけ、頭皮もコーティングされる状態です。これでは通常あるべき自然な頭皮状態ではなくなってしまいます

出典:「最後に読む育毛の本」久田篤 佐野正弥著 みらいパブリッシング

 

もし車のワックスと同じであるならば、それが頭皮に乗っていると思うとぞっとします。

 

洗浄力の強いシャンプーは、洗い上りはさっぱりとして気持ちが良いですが、皮脂を落としすぎてしまうことが弱点でもあります。

 

頭皮の皮脂は、髪の毛をべとつかせ、周りから見ると清潔ではないため、悪者のように扱われるケースが多いようです。

 

頭の皮脂の役割は、頭皮を保護するうえでとても重要な役割を担っています。 皮脂は、汗と混ざり合って皮脂膜をつくり頭皮をコーティングします。

 

このコーティングによって、頭皮が乾燥することを防いだり、雑菌などの刺激から頭皮を保護したりしています。

 

頭の皮脂を取り過ぎると、頭皮が乾燥し、頭皮に炎症が起こる場合があります。頭皮が炎症すると、毛根を傷ついてしまい、抜け毛や薄毛を引き起こしてしまうことになります。

 

同様に皮脂は雑菌が頭皮の内部に侵入するのを防ぎ、頭皮環境を守ってくれています。皮脂を取り除くことを強くうたった育毛シャンプーは避けるほうが賢明です。

 

育毛シャンプーを選ぶのですから、育毛効果があるシャンプーを選ぶのは当然です。 育毛効果がある成分はいくつかりますが、代表的なものはセンブリエキスです。

 

育毛に効果が期待できるセンブリエキスの成分には以下のようなものがあります。

 

  • スウェルチアマリン(フラボノイドを含む):抗炎症、血行促進作用
  • ゲンチオビクロシド:抗酸化作用
  • トリテルペン、トリテルペノイド(オレアノール酸を含む):抗腫瘍作用
  • スウェルチアニン、スウェルチアノリン(キサントン誘導体):血行促進作用
  • スウェロシド:消炎鎮痛作用
  • アマロゲンチン、アマロスウェリン:毛乳頭細胞増殖促進作用
  • キサントン:抗炎症・抗酸化作用

 

毛乳頭にたくさんの栄養分が運び込まれ、活毛母細胞の活発な活動によって分裂が起き、髪の毛は作られていきます。

 

センブリエキスこれらの活動に必要な栄養分を運ぶ血液の流れを促進するはたらきがあります。育毛剤を選ぶ際には、確実に押さえておきたい必須の成分といえるでしょう。

 

 

 おすすめの育毛系シャンプー

AGA_シャンプーの画像

 

 

血行を促進させるセンブリエキスが配合されていて、髪や頭皮に優しく、それでいて洗浄力も実現している人気シャンプーから2つピックアップして紹介します。

 

育毛シャンプーを選ぶときの参考にしてください。

 

 

↓スカルプ研究所も大絶賛!↓

チャップアップシャンプー

【スカルプシャンプー部門第1位】

男性が本当に使いたくなるシャンプー
美容師、スタイリスト、プロからもおすすめ
まとめセット購入で最大4,680円割引
万が一効果を実感できなくても…
永久返金保証付き!



チャップアップ公式サイト


 

育毛剤で人気が高いチャップアップのシャンプーです。チャップアップシャンプーの特徴は、ノンシリコン、弱酸性、アミノ酸、オーガニックと4拍子揃ったシャンプーであるということ。

 

もちろん合成着色料や防腐剤のパラベンは不使用。ローズマリー葉やゴボウ根エキスなど頭皮環境を整えるオーガニックエキスが10種類配合されています。

 

頭皮への刺激を少なくするため高純度の水を使用していることや、育毛剤のチャップアップ同様にモンドセレクション金賞を受賞していることも安心材料です。

 

  • 価格 1本(300ml)3,280円(税込み限定価格)。
  • 1日あたりのコスト 53円
  • 返金保証 あり(プラチナ定期購入で永久返金保証)

 

美容師&毛髪診断士が共同開発したプレミアムオーガニックシャンプーです。スカルプシャンプーなので、育毛効果もあるとか。香りはフルーティローズの香りで、とてもいい香りです。(個人的にはりんご剥きたての香りだなと思いました)泡立ちもよく、泡切れもよく、シャンプーだけでうるおいますが、トリートメントをするとなおうるおいアップ!1週間使ってみましたが、髪の毛がサラサラでお気に入りになりました。

出典:@COSME

 

モニター使用です。固めの透明なジェルのようなテクスチャーでした。うっすらと黄みがかています。泡立ちが良く、天然のオーガニックの香りも気に入りました。癒し効果もあると思います。一般的なアミノ酸シャンプーといわれているモノには石油系洗浄剤が混ざっている事が多いですが、CUシャンプーは一切使用していないんだとか!子供さんがいらっしゃるご家庭でも安心して使えますし、肌の弱い方にもおすすめできそうですね。泡立ちも良かったのですが、髪を洗った後のキシキシ感も無く、髪がつるつるしていました。無添加オーガニックのシャンプーですので、安心して使えます。

出典:@COSME

 

頭皮の油臭さに悩み、口コミを見てこちらが評判よく、シャンプーのみ購入。一か月ほど使用したけれども、においの改善はされませんでした。あと、微妙にぬるぬる感が残り洗い流しが難しい感じも

出典:@COSME

 

 

BUBKAスカルプシャンプーシャンプーの特徴は、頭皮の保湿を重視し、アミノ酸系シャンプーのほどよい洗浄力で、頭皮の皮脂を適度に保ってくれるところです。

 

もちろん、血行を促進するセンブリエキスをはじめ、同じく血行促進が期待できるローズマリーエキス、抗炎症や保湿に優れるオウゴンエキスなど、アミノ酸系洗浄成分に12種類の必須アミノ酸と頭皮環境を整えるための和漢植物エキス14種類が配合されています。

 

  • 価格 1本(250ml)3,990 円(税込み定期購入すると初回1.980円)
  • 1日あたりのコスト 66.5円
  • 返金保証 なし(濃密育毛剤BUBKAの初回購入のみ全額返金対象)

 

お勧めは・・・BUBKAスカルプケアシャンプーです。育毛剤のBUBKAの会社が開発したスカルプシャンプーで低刺激を謳ってました。実際に使ったところ頭皮の皮脂が適度にとれていて、頭皮へのダメージが全くありませんでした。乾燥肌の自分がシャンプーをした後に痒みもない為、頭皮が乾燥してる方には特にオススメのシャンプーです。

出典:Yahoo!知恵袋

 

抜け毛に悩みんで先月購入し、使い始めて一月経ちました。個人的な感想ですが、シャンプーの際の抜け毛が以前より減ったと感じます。シャンプーだけの使用で、育毛剤などは使っていませんが、育毛剤・サプリメントなどと組み合わせれば更に効果が出そうな予感はします。色々試してみたいです

出典:Amazon

 

洗い上がりがヌルヌルするシャンプーですので、サッパリ爽快感はありません。ヌメリを取るためのすすぎが大変です。(バイタリズム程ではありませんが。)しかしながら、どのシャンプーより痒みは有りません。

出典:Amazon

 

 

 まとめ

AGA_メリットの画像

 

育毛を効果的なものにするためには、育毛剤や育毛シャンプーだけでなく、普段の生活でも育毛に意識を持ちながら過ごすことが重要です。

 

寝不足、喫煙、栄養の偏り、栄養の不足などの生活習慣の改善も必要です。 ストレスの軽減も育毛にとって重要です。

 

ストレスは、自律神経の乱れにつながり、薄毛の原因となる男性ホルモンの過剰な分泌を促します。

 

できる限りリラックスできる時間を多くとって、心を落ち着かせる環境に身を置くように心掛けてください。

 

運動不足も薄毛の原因のひとつになると言われています。週末に時間を取って、ウォーキングやジョギングなどから始めても良いでしょう。

 

アウトドアで出来る趣味を見つけるのも、リラックスできて一石二鳥です。もし、週末に時間を取ることがむずかしいのであれば、通勤時間やお仕事の合間に少し工夫をしてみましょう。

 

階段で上るのも良いですし、ストレッチなどで体を動かしてあげましょう。こういった日常の生活習慣を見直しながら、育毛剤や育毛シャンプーをするとより育毛の効果も期待できるはずです。

 

周りで毛が薄い人のことが気になり始めたら、生活習慣の見直し育毛剤とシャンプーの選び方を考える時なのかもしれません。

 

チャップアップの画像

↓育毛剤ランキング三冠達成↓

チャップアップ(CHAP UP)

「顧客満足度」「おすすめの育毛剤」「最も期待できる育毛剤」のランキングで1位を総なめにした今話題の育毛剤です。天然植物成分、アミノ酸独自配合!無添加・無香料。今なら定期便申し込みで56%OFF!永久返金保証書付き!
公式サイトをみる→