ホーム >> AGAコラム >> 植毛 >> 植毛手術って失敗することもあるの?失敗しないためにできること

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

植毛手術って失敗することもあるの?失敗しないためにできること


カテゴリ

鏡を見て、頭を触ってふと気づく頭皮の「できもの」。

みつけたときの衝撃は大きいですよね。

実は頭皮のできものは男女共に、そして幅広い年齢で現れる可能性がある存在です。

頭皮にできものができたら病院に行くべきなのでしょうか。

それとも自宅で治すことができるのでしょうか。

今回の記事では、意外と身近な頭皮のできものについて、その正体から原因まで詳しくご紹介していきます。

頭皮にできもの!?正体はなに?

シャワーの画像

頭皮にできるできものは1種類だけではなく複数です。

その代表的なものは「ニキビ」「脂漏性皮膚炎」「ウイルス性疣贅(ゆうぜい)」「老人性疣贅(ゆうぜい)」だといわれています。

それぞれの特徴と原因についてみていきましょう。

ニキビは「青春のシンボル」ともいわれていますが、頭皮ニキビについては男女問わず思春期以降でも登場します

しかも、頭皮のニキビは決して珍しいものではありません。

もし、頭皮にニキビができても、基本的にはそれほど心配しなくて大丈夫です。

あまり触らないように、そして頭皮を清潔にするように心掛け(洗いすぎには注意)様子をみているうちに自然と治ることが多いです。

特徴

頭皮のニキビは、皮脂分泌が盛んな生え際から頭頂部にかけてできることが多いです。

顔にできるニキビ同様、場合によっては膿が出てきたり痛みを感じたりするくらい悪化する可能性があります。

原因

頭皮にできるニキビの原因は、ストレスや不規則な生活でホルモンバランスが乱れることによって引き起こされる、通常よりも過剰な皮脂分泌だと考えられています。

皮脂分泌という言葉から、何となく男性のほうが頭皮にニキビができる方が多そうなイメージですが、女性にも多いようです。

シャンプーとの相性でも頭皮のニキビに繋がることがあるのだとか。

新しいシャンプーに換えてから突然頭皮にニキビが発生した場合には、シャンプーを別のものに換えたら治まるということもあるようです。

中年期以降に発症しやすいと考えられている病気ですが、老若男女問わず発症のリスクはあります。

脂漏性皮膚は頭部から顔面まで、皮脂分泌が盛んな広い範囲に発症しやすいです。

また、時には背中や胸にも発症することもあります。

特徴

頭皮が脂漏性皮膚炎になった場合、かゆみやフケを伴うことが多く、特にフケについては女性が発症した場合、精神的なダメージが大きくなりやすいので厄介です。

見た目の印象からニキビと間違えられることが多いのですが、脂漏性皮膚炎とニキビは似ているようで別のものです。

脂漏性皮膚炎は一旦治っても再発の可能性があります

原因

原因は皮膚に存在している菌がバランスを崩すことです。

菌のバランスは、体質、肌質、生活習慣、加齢、ストレス等の複数の要因がきっかけで崩れやすいといわれています。

HPVウイルスに感染することで発生するイボです。

成人男性に発症する割合が高めです。

若年層にも表れることがあります。

病院を受診して医師から「イボ」といわれたら、基本的にウイルス性疣贅(ゆうぜい)を指しています。

特徴

ウイルス性疣贅(ゆうぜい)は頭皮にだけできるものではなく、あらゆる箇所にできます。

そして、特別珍しい存在でもなくウイルス性疣贅(ゆうぜい)は幅広い世代で発症の可能性があります。

イボの見た目上、ある日突然頭皮にできると「悪い病気なのではないか・・・」と恐怖心を感じる方が多いようです。

しかし、基本的には怖がる必要はありません。

ちなみに、HPVウイルスには健康な状態の頭皮に感染してウイルス性疣贅(ゆうぜい)を発症させるだけの力はないと考えられています。

つまり、本来はウイルス性疣贅(ゆうぜい)が頭皮にできる確率は高くないのですが、頭皮に傷があると一気に確率が変動します

HPVウイルスが傷口から侵入することでウイルス性疣贅(ゆうぜい)を発症するのです。

ウイルス性疣贅(ゆうぜい)は1つだけに留まらず数が増える可能性はありますが、一定以上の大きさにはなりません。

原因

HPVウイルスという存在が皮膚(頭皮)に感染することで発症します。

HPVウイルスと一括りにしても実際は範囲が幅広いです。

その中でも知名度が高いのは性感染症の「尖圭コンジローマ」です。

尖圭コンジローマも症状として陰部にイボを発症します。

どちらも同じHPVウイルスの感染によるもの。

つまり、違う病名でも原因は仲間の菌ということなのです。

先ほどご紹介したウイルス性疣贅(ゆうぜい)と同様に疣贅(ゆうぜい)という言葉がついています。

こちらは感染症のウイルス性疣贅(ゆうぜい)とは違って加齢による自然な発症が中心となります。

名前の通り、基本的には中年期~シニア層の方がメインです。

いわゆる「加齢によって自然に登場したイボ」という感じです。

ちなみに、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)が「イボ」と呼ばれることが多いのに対し、老人性疣贅(ゆうぜい)について医師が「イボ」と表現することは、ほとんどないようです。

特徴

誰もが一度はシニア層の方のお肌にイボができている姿を目にしたことがあるのではないでしょうか。

老人性疣贅(ゆうぜい)は特に顔、頭皮に発症しやすいという特徴を持ちます。

色味は自然な肌色から濃すぎない褐色が一般的で、どちらかというとサイズは小さめの傾向があります。

原因

老人性疣贅(ゆうぜい)は加齢によって引き起こされる皮膚の老化現象の一種だと考えられています。

ウイルス性疣贅(ゆうぜい)とは違って、外部から侵入したウイルスにより発症するものではありません。

発症の確率は遺伝的な問題や、日光に当たってきたことによる影響にも左右されるようです。

ここまで挙げてきた頭皮のできものは女性にもできてしまうことは大いにあり得ます。

その中でもすぐに病院に行った方がいい症例もありますので、気になる方はぜひ厳選AGAのオススメクリニックへ行ってみませんか?

東京ビューティクリニック

★発毛満足率99.4%
★最寄駅から3分以内
★カウンセリング完全無料

_

男性の方はこちら!

頭皮にできものができたら病院で治療できる?

医者の考え事の画像

頭皮のできものには複数の種類があるということを確認したところで、続いてはそれぞれの治療方法をみていきたいと思います。

頭皮にできものができると、とても気になってしまいますよね。

できれば早く治って欲しいと感じるものだと思います。

先ほどご紹介したできものは、病院で治療を受けることはできるのでしょうか。

それとも自然治癒にまかせたほうが良いのでしょうか。

頭皮にできたニキビについては、その大半が病院に行かなくても自然に治るものです。

ニキビの場合は悪化すると痛みを伴うことも多いので、頭皮にあると不安になりやすいかもしれませんが、顔にできるニキビと同様、自然治癒が定番です。

頭皮のニキビはストレスによる皮脂の過剰分泌や、衛生面の問題が引き金になって発生することが多いので、まずはストレスを溜めないようにしながら頭皮の状態を清潔にしましょう

しっかり睡眠をとり、栄養バランスの良い食事を摂取し、適度に運動をする。

地道ではありますが、ニキビ対策にはライフスタイル改善がおすすめです。

万が一それでも「ずっと治らない」という場合は皮膚科で専門治療を受けることもできます。

脂漏性皮膚炎は病院での治療が推奨されています。

初期は症状が軽いので、すぐ治ると思って放置してしまったり、ニキビと誤解して放置してしまったりする方が多いですが、日数が経つにつれて悪化していく可能性が高まります

できれば早めに病院に行きましょう。

脂漏性皮膚炎の治療は外用薬を処方されることが多いです。

症状が重い場合にはビタミンや抗生物質、尿素入りのローション(お肌の回復)が処方されることもあります。

病院でも治療は可能ですが、ただし、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)は基本的に自然治癒をします。

自然治癒するまでにかかる期間は人それぞれです。

すぐに治る方もいれば、数年かかるという方もいます。

自然治癒するとはいっても、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)を頭皮に発症した場合は見た目で目立つことが多いので、その前に病院に行く方が多いようです。

見た目でわかっても「気にしない」という方であれば、自然治癒に任せるのが最もリーズナブルですが、万が一出血したり痛みを感じたりして、自然放置しておけるような感じではない場合は、すぐに病院に行くようにしましょう。

主に炭酸ガスレーザーでイボを削り取る「レーザー療法」 電気メスを使用してイボを焼きながら削り取る「電気焼灼法」 マイナス200度近い液体窒素を染み込ませた医療器具をイボに押し当て、急速に冷やしてイボを壊死させ除去する治療方法「冷凍凝固法」 いわゆる一般的に「イボ」というイメージを持たれているものについては上記の治療方法が定番です。

ただし、保険適用なのは冷凍凝固法のみです。

治療方法や回数によっては高額になることもあるので注意が必要です。

病院で治療を希望する際には必ず方法と料金を確認するようにしましょう。

老人性疣贅(ゆうぜい)が自然治癒することはありません。

HPVウイルスが引き金のウイルス性疣贅(ゆうぜい)については、免疫力がつくことで治癒に期待できるものの老人性疣贅(ゆうぜい)は、細菌ではなく皮膚の老化が原因になっているため、自然治癒しないのは当たり前だといえます。

老人性疣贅(ゆうぜい)の場合は出血や痛みを伴うことは滅多にないので、できていても気にならないという方は放置しても大丈夫です。

老人性疣贅(ゆうぜい)が肉体へ悪影響を与える可能性は低いです。

しかし、老人性疣贅(ゆうぜい)の見た目が気になってストレスを感じている等の場合は思い切って病院に行き治療しましょう。

日常生活の中でできる頭皮のできもの対策

基礎知識の画像

ここまでご紹介してきた通り、頭皮にできるできものは基本的に重篤な病気によるものということはなく、自然治癒したり病院ですぐに治せたりします。

頭皮にできるできものは、大きさ次第では見た目の衝撃度はとても大きいですが、大半が、それほど心配する必要はありません。

それでもやはり普段から予防を心掛けて、できものの発生確率を下げたり、できてしまったならすぐに治したりしたいですよね。

ニキビと脂漏性皮膚炎はともかく、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)は頭皮に傷をつけないように(傷ができてしまったら清潔に心掛ける)するのが基本で、老人性疣贅(ゆうぜい)にはこれといって予防策はありませんが、それでもお肌に優しくして、健康な体を作ることは免疫力アップや代謝アップに繋がるので無意味ではないです。

続いては、予防の面でも改善の面でも押さえておきたい、頭皮のできもの対策についてご紹介します。

頭皮のニキビや脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌が原因になることが多いので、毎日のシャンプーで余分な皮膚を落とし、清潔に保つことが大切になります。

既にニキビや脂漏性皮膚炎に悩まされている方なら、低刺激のシャンプーを選択するのがおすすめです。

場合によっては病院側で専用のシャンプーを勧めてくれることもあるようです。

頭皮を洗いすぎると乾燥して、乾燥から頭皮を守るために逆に皮脂が出てくることもあるので、洗いすぎには注意が必要です。

自分の肌質にあった洗髪ペースで頭皮ケアをしましょう。

頭皮環境を整える!シャンプーのランキングが見たい方はこちら

大切なのは脂っこい食事を避けることです。

脂っこい食事は皮脂の分泌を活発にします。

食事は栄養バランス良く、特にビタミンBとビタミンCを積極的に摂取するようにしましょう。

「睡眠不足はお肌の大敵」ともいいますが、睡眠不足は皮膚の抵抗力や回復力を低下させます。

普段から規則正しく睡眠をしっかりとるように心掛ければ、頭皮にできものができる確率を下げることができます。

ストレスによってホルモンバランスが乱れることにより、本来よりも皮脂の過剰分泌が起こる確率は上がるといわれています。

皮脂の過剰分泌はニキビや脂漏性皮膚炎に繋がることがあるので、普段からメリハリをつけてストレスを発散するリズムを作ると、頭皮にできものができる確率を下げることができます。

ストレスケアは人それぞれですが、定番といえば軽い運動やアロマオイル等ではないでしょうか。

紫外線に当たったからすぐに頭皮にできものができるというわけではありませんが、紫外線は皮膚にダメージを与えるので、できれば無防備に当たることは避けたいものです。

毎日外に出れば絶対にあたる紫外線。

外に出るときは帽子を被るのがおすすめ。

ただし、帽子の中が蒸れてしまうと意味がないので、その点は注意しましょう!

頭皮にできものができたときに押さえたい注意点

赤ちゃんの画像

続いては、上記の対策をしつつ、既に頭皮にデキモノができてしまった場合の注意点についてご紹介したいと思います。

頭皮にできものができた最初のうちはおそるおそる見る方が多いのですが、時間が経つとあまり頭皮のできものの存在を意識しなくなりやすいです。

そうなるとついつい雑に扱ってしまうことも・・・ 早めの改善を目指したいなら以下で注意点をチェックして守るようにしましょう!

何が原因の頭皮のできものであっても、できてしまったら爪等で頭皮を傷つけないように気を付けましょう。

頭皮の傷はウイルス性疣贅(ゆうぜい)の発症のきっかけになることもあります。

染髪時はマッサージするように優しく丁寧に洗うようにしましょう。

まずはシャワーで髪と頭皮をしっかり濡らします。

そして泡立てたシャンプーで髪と頭皮を優しく洗います。

頭皮にできものができている位置についてはあまり触らないように注意してください。

マッサージをしつつ優しく洗ったら、すすぎ残しがないようにシャワーでしっかり洗い流してください。

染髪時は気持ちいいからと、ゴシゴシ洗ったり爪を立てて傷をつけたりするのは絶対にだめです。

頭皮は洗いすぎると乾燥し、乾燥から守るために皮脂をたくさん分泌しやすくなるからです。

本来、余分な皮脂を落とすためにしっかり洗ったのに、それが原因でさらに皮脂が分泌されたらショックですよね。

頭皮を清潔に保つことを意識するにしても、染髪時は洗いすぎないようにしてください。

洗髪のしすぎ以外にも、様々な原因で乾燥することはあると思います。

乾燥は頭皮の皮脂の過剰分泌を招くことがあるので、頭皮を乾燥させないように注意しましょう。

秋や冬といった乾燥する季節は、髪も頭皮も乾燥気味・・・と、感じている方でも、実はそれは表面上で、実際は皮脂が過剰分泌状態になっていることも。

つけすぎはNGですが、ドラッグストアで1,000円以下購入することができる「ハトムギ化粧水(ナチュリエスキンコンディショナー)」は頭皮の乾燥予防におすすめです。

こちらの商品は女性誌等で安いのに使いやすいと取り上げられることも多い女性に人気の化粧水です。

肌荒れを防止する働きに期待できる「ヨクイニン」という成分が配合されているのが特徴で、乾燥に強いです。

ハトムギ化粧水はサラサラした液体で、頭皮に軽くつけても不快感がありません。

時々どうしても乾燥が気になる時等、対策として使ってみても良いのではないでしょうか。

頭皮にできものができた場合、頭皮のできものを他人にみられないように外出時には帽子を被るという方も多いと思います。

その際、頭皮がムレないように注意してください。

汗をかいてムレ、そのせいで頭皮の毛穴に汚れが詰まり頭皮のできものの改善に悪影響になることもあります。

夏場は特にムレやすいので、帽子は通気性の良いものを選んだり、こまめに脱いで風通しをよくしたり、意識して調整するようにしましょう。

頭皮のできもの対策におすすめのシャンプーとその口コミ

シャンプー名 価格 オトク度

ブブカシャンプー

5,980円 初回77%OFF

haru黒髪スカルプ・プロ

2,880円 20%OFF

イクオスブラックシャンプー

5,480円 54%OFF

ウーマシャンプー

3,460円 20%OFF

CA101シャンプー

4,666円 10%OFF

ZACCスカルプシャンプー

3,564円 ×

頭皮にできものができたからシャンプーを換えるのではなく、できれば普段からできもの予防のためにシャンプーを選んでおくほうが安心といえるのではないでしょうか。

頭皮のできものを予防するにはアミノ酸系の優しいシャンプーがピッタリ。

頭皮に既にできものができている場合は、病院で医師からシャンプーを勧められることもありますが、予防のために使用できるシャンプーを、できものができた後の毎日のシャンプーとして使用することも問題はありません

予防のために使用できるシャンプーは成分が優しいので、できものができてしまった後の方でも使用しやすいのです。

どちらにせよ、おすすめしたいのは「アミノ酸系」の、しっかり汚れは落とせてお肌に優しいシャンプーです。

以下では、数あるアミノ酸系のシャンプーの中でも特に人気の高いものをピックアップ。

1つずつ「特徴」「費用」「口コミ」を確認していきたいと思います。

ブブカシャンプーは、122万本を突破した育毛シャンプーです。

育毛剤で有名なブブカが出すシャンプーで、お客様満足度は、驚異の98.1%もあります。

特徴

ブブカシャンプーの特徴は、乳酸菌です。

頭皮のバランスを保っている常在菌を整えるのが乳酸菌だと、研究の結果わかりました。

また、乳酸菌は、バリアサポートやうるおい菌を育てたり、しっとりした肌を保つ効果があります。

この乳酸菌がブブカシャンプーの効果を支えているのです。

費用

ブブカシャンプー
BUBKAスカルプケアシャンプー 3,132円(税込)
BUBKAスカルプケアシャンプー定期コース 2,505円(税込)

また、定期コースですと、配送料も無料なのでお得ですね。

まず、使い心地がいいです。

泡立ちもよく、オールインワンなのに洗い上がりの独特のきしみも僕は少なく感じます。

乾いた後の髪がふわっと感じ、非常にスタイリングしやすいです。

haru黒髪スカルプ・プロは、エイジングケアシャンプーです。

エイジングケアシャンプーとは、シリコンや合成ポリマーなどが無添加な100%天然由来のシャンプーです。

高品質なだけあって、リンスやコンディショナーを行う必要はありません。

特徴

haru黒髪スカルプ・プロの特徴は、100%天然由来でできていることです。

従来のシャンプーは、ノンシリコンシャンプーや、植物由来のシャンプーなどありましたが、「ポリマーが配合されている・・。」

「90%が植物由来だけど、残りの10%は何?」など不安点がつきものでした。

ですが、エイジングケアシャンプーは、こんな不安点を解消してくれました。

費用

haru黒髪スカルプ・プロ
haru kurokamiスカルプ 3,888円(税込)
haru kurokamiスカルプ定期購入 3,110円(税込)
haru kurokamiスカルプ3本セット 8,748円(税込)

また、定期コースですと、30日間以内なら、全額返金保証付きに、シャンプーブラシもセットでついてきます。

季節の変わり目は悩みが気になるのですが、2~3回使ってみて使用感、やわらかい香りなどが気に入りました。

元々ねこっ毛で髪のボリュームはない方でしたが、ドライヤー後は分け目もセットしやすくいい感じ!

イクオスブラックシャンプーのお客様満足度は、96.8%ととても高いです。

育毛剤で有名なイクオスが出しているシャンプーなので、育毛剤との併用で使われる方が多いのではないのでしょうか。

特徴

イクオスブラックシャンプーの特徴は、紀州備長炭を使用している点です。

紀州備長炭は、髪の毛のニオイや汚れを炭の力で吸収してくれます。

また、頭皮の皮脂や角質もスッキリ洗い流してくれます。

費用

イクオスブラックシャンプーを購入するなら、定期コースのトリートメンセットで購入されたほうがお得です。

お値段は54OFFの5,480円(税別)で購入できます。

しかも、定期コースですと、毎月変わらず同じ金額で購入できるので、毎月6,500円もお得です。

シャンプーのニオイはそんなに強くないですが、

成分由来の天然っぽい香りがして気になる頭皮のニオイも抑えられるような気がします。

今まで気になってたのはなんだったのかな?って感じです!

女性向けの化粧品等で人気の「馬油」を配合した珍しいシャンプーです。

馬油は、火傷、ひび、切り傷等の改善に働きかけるといわれています。

そのような馬油を配合しているということで頭皮のコンディションも整えてくれます。

ウーマシャンプーは使い心地が優しく、それでいて洗浄力もあるのでスッキリとした洗髪タイムを演出してくれます。

マイルドな洗浄成分を配合し、優しさへのこだわりも抜群。

頭皮を清潔に保ち、頭皮にできものができづらい状態に導きます。

特徴

頭皮のできものの原因になりやすい過剰な皮脂はしっかり洗い流してくれます。

過剰な皮脂分泌で頭皮のニオイが発生することがありますが、ウーマシャンプーを使うと皮脂が原因のニオイも抑制に期待できます。

費用

300ml(約2ヵ月分) 4,950円(税込み) 上記以外にも、定期コースや詰め替え用等、ウーマシャンプーをリーズナブルに購入できる方法がいくつかあります。

「早速ウーマシャンプー使ったわ(☝︎ ՞ਊ՞)☝︎見た目の割に泡立ちがすごいのと

長めのミディアムでもシャンプーだけで毛が絡まないのがいいね初日なのにしっかり栄養が浸透してるのか

ボリューム感や洗った後の髪の重みにずっしり感があるのがすごい(゚ω゚)馬油の力か?」

オススメの女性用育毛シャンプーとしてCA101シャンプーを強く推します!CA101シャンプーは、「株式会社 エル・デ・ボーテ」が販売している、女性用のヘアケア用シャンプーです。

特徴

CA101シャンプーは、頭皮環境を改善させることを目的として開発されており、頭皮の生まれ変わり(ターンオーバー)が正常におこなわれるよう、ミネラルを豊富に配合しています。

CA101シャンプーはミネラルを多く含む薬用炭や海泥が配合されているためその配合濃度からシャンプーが黒色なほどです。

費用

CA101シャンプーはトリートメントとセットで販売されており、通常価格が5,600円(税別)となっていますが、初回購入に限り3,360円(税別)となっています。

これは定期便にした場合の価格ですが、いつでも解約できるので、定期便で購入した方がお得となっています。

2回目以降は4,760円(税別)となっています。

洗浄力と低刺激どちらも欠かせないという方にオススメのシャンプーとなっております。

スルホコハク酸ラウレス2NaやコカミドメチルMEAの配合によって「できるかぎり低刺激でかつ汚れをしっかりと落とす」ことを達成しています。

特徴

美容師がオススメするシャンプーにも選ばれているZACCスカルプシャンプーは自然派のシャンプーでツヤ手触りも求めたいという要望に応えたシャンプーです。

髪の細部にまでこだわりたいという女性の方や髪本来の輝きを取り戻したいという方は一度試してみてはいかがでしょうか。

費用

定期便で1本税込3,564円で購入できます。

まとめ

今回は頭皮にできる気になるできものについて、種類や特徴や原因、そして対策をご紹介しました。

頭皮のできものは遠い存在ではなく、老若男女問わず誰でもできる可能性が高いものが多く、予防するためには頭皮を清潔に保つシャンプーを使ったり生活を規則正しくしたりすることがおすすめです。

頭皮がべた付きやすいと自覚している場合や、頭皮に傷がある場合は特に注意が必要で、普段からしっかりケアをして、健やかな頭皮を目指しましょう。

既に頭皮に発生したできものについては、正体がわからないと悪い病気ではないかと、とても心配になると思いますが、基本的には自然治癒または病院での治療ですぐに治ります。

頭皮のできものは見た目で目立つタイプのものも多く精神的なストレスに繋がりやすいものです。

見た目がもし、気になってストレスに繋がるようであれば、様子見はせずにすぐに病院で相談するようにしてください。

些細なことでトラブルが発生しやすい頭皮のコンディションを整えて、頭皮トラブルに悩まされない毎日を目指していきましょう!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_