ホーム >> AGAコラム >> 女性の薄毛 >> 女性特有の薄毛症状(FAGA)とその病院での治療法について

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

女性特有の薄毛症状(FAGA)とその病院での治療法について



髪が薄くなってしまうことに悩んでいる男性は少なくなりません。

薄毛の原因は人それぞれですが、多くの男性の薄毛はAGA(男性性脱毛症)によるものと考えられます。

AGAは男性ホルモンと深く関係していて、ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質が髪の毛を細く短くすることで、脱毛が引き起こされると考えられます。

しかし薄毛は男性ばかりの問題ではなく、女性にも起こります。

その数は意外と多く、10人に1人が薄毛に悩んでいるとも言われます。

女性の場合はAGAではなくFAGA(女性男性性脱毛症)と言われ言葉は似ていますが、薄毛に至るメカニズムや症状が異なるため明確に区別されます。

FAGAの場合は女性ホルモンの減少などが影響していると考えられ、男性が局所的に薄くなってから進行するのに対して、女性の場合は全体的に髪が細く薄くなります。

FAGAは妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れによって生じるなど女性特有の理由で発症するケースもあり、薄毛の対策もAGAとは異なります。

今回はそんなFAGAについてそのメカニズムとなぜ発症してしまうのかについて述べ、そのうえで治療法とクリニック、サプリメントの紹介をさせていただきました。

いまは様々な治療法があるので、薄毛に悩まれている女性はぜひ一度クリニックで専門の医師などに相談してみてください。

女性特有の薄毛の症状FAGAについて

男性が薄毛の悩みを抱えていることはよく知られています。

薄毛のパターンは人それぞれですが、最近ではストレスが多く食事などの生活習慣が乱れがちなせいか、20代などの若い人でも薄毛の悩みを抱えている方はいらっしゃいます。

薄毛に悩まれている成人男性は1200万人以上、実に3人に1人が悩んでいるとも言われています。

このように薄毛というと男性のイメージもありますが、女性でも薄毛に悩まれている方は少なくありません。

見た目的にも男性ほど顕著に表れないので目立ちませんが、600~1000万人と約10人に1人は悩んでいるとされています。

薄毛は性別や年代を問わず、多くの人の悩みです。

しかし同じ薄毛であっても男性と女性でその中身は違います。

男性の場合は薄毛の90%以上はAGA(男性性脱毛症)と考えられています。

対して女性の場合は薄毛の理由の多くはFAGA(女性男性性脱毛症)とされています。

言葉こそ似通っていますが、そのメカニズムや症状は異なります。

男性性脱毛症であるAGAは主に男性ホルモンが影響しています。

とくに関係が深いとされているのが男性ホルモンである「デヒドロテスステロン」です。

これは同じく男性ホルモンである「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」という酵素の作用を受けることで生成されます。

ジヒドロテストロンが毛乳頭細胞のレセプターと結びついてしまうと、「成長期をやめて脱毛しろ」というシグナルが出て、細胞分裂が活発に行われなくなります。

また毛の周期が短くなるために、髪が短く柔らかい状態で成長を止めてしまい、抜け毛につながるとされています。

女性男性型脱毛症であるFAGAの場合は抜け毛に至るまでの過程が異なります。

女性の体内でも男性ホルモンは存在し、同じメカニズムで抜け毛などを引き起こします。

しかし女性の場合は女性ホルモンの働きが男性より強いです。

女性ホルモンである「エストロゲン」は男性ホルモンとは逆に毛髪を育てる働きがあります。

一般的に女性が男性よりも髪が強く抜けにくいのは女性ホルモンによる影響もあります。

女性ホルモンは若い時期には活発に分泌されます。

そのため血中の男性ホルモン(テストステロン)の割合は女性ホルモンの割合に比べるととても低いため、それほど髪に影響を与えません。

しかし加齢とともに女性ホルモンの分泌は減少していきます。

その程度は人によって異なりますが、早い人では35歳くらいから分泌量が減っていきます。

それによって相対的な女性ホルモンに対する男性ホルモンの割合が高くなり、結果的に薄毛や抜け毛などの症状が出る場合があります。

そのためFAGAは若い女性よりも中高年の女性に多く見られる傾向があります。

またAGAとFAGAでは脱毛のパターンが異なります。

男性の場合は頭頂部と髪の生え際(前頭部)などから部分的に薄くなり、それが次第に進行する傾向にあります。

しかしFAGAでは全体的に頭髪が細く弱まり、薄くなる特徴があります。

男性のAGAは進行性があり、一度抜け始めてしまうと対処しなければ髪の毛が減り続けます。

しかしFAGAではそれほどではありません。

女性ホルモンは加齢などの理由で減ったとしてもなくなることはないからです。

このように男性と女性では薄毛になってしまう過程や症状が異なるので、AGAとFAGAははっきりと区別されます。

FAGAが起きてしまう原因として以下のことなどが考えられます。

加齢

女性ホルモンは加齢によって少しずつ減少する傾向にあります。

女性ホルモンの分泌が少なくなると、男性ホルモンの割合が相対的に増えるために脱毛が起こりやすくなります。

さらに年齢が上がると頭皮の潤いを保つコラーゲンや皮脂も減少します。

頭皮が乾燥してしまうと、頭皮はダメージを受けやすくなりフケなども出てしまいます。

結果的に髪の毛の成長が妨げられたリ、抜け毛の原因になってしまうことなどが考えられます。

頭皮の乾燥を防ぐためには血行を良好に保つことなどが大切です。

妊娠時は女性ホルモンが活発に分泌されます。

しかし無事に出産が終わると分泌された大量の女性ホルモンは体内に必要なくなります。

そこで正常なバランスを取り戻そうと女性ホルモンの分泌が通常時よりも低くなることがあります。

ホルモンバランスは髪の毛にも少なからず影響があるために、出産後に3か月ほどたった頃から異常な抜け毛が生じることがあり「分娩後脱毛症」と言われます。

これは一時的なものなので自然に回復していきますが、ストレスなどがかかると長引いてしまうこともあります。

ストレスが溜まるとホルモンや自律神経のバランスが乱れます。

前述のように髪の毛はホルモンバランスに強く影響されるので、髪にも影響を与えると考えられます。

また、自律神経はストレスがかかると乱されてしまい、血行が悪くなってしまうこともあります。

そのため毛髪に栄養が行かなくなってしまう恐れもあります。

女性はダイエットをする人も多いですが、過度なダイエットは栄養不足となります。

結果として髪にも栄養が足りなくなってしまうことは脱毛につながる危険性もあります。

また加工食品やファストフードばかりになってしまうと栄養が偏ります。

亜鉛のような健全な髪の育成に必要な栄養素などが不足してしまうと、髪に影響が出てくることも考えられます。

洗浄力が強いシャンプーを継続的に使ったり、清潔に保つために日に何度も頭を洗ってしまうと、必要な分の皮脂も流れてしまいます。

皮脂は適切な量であれば頭皮を守る効果もあるため過度なシャンプーは皮膚トラブルのもとになります。

また髪の毛のカラーやパーマのやりすぎも頭皮の環境に悪影響を与えます。

女性における薄毛の症状として一番多いものがFAGAです。

びまん性脱毛症とも言われ、髪全体が薄くなってしまう症状です。

しかしそれ以外にも薄毛を引き起こしてしまう脱毛症もあります。

以下がその可能性があるものです。

円形脱毛症はストレスなどによって誘因され、コインのような円形の脱毛が起こるのが大きな特徴です。

女性のみならず、年齢や性別に関係なく誰にでも起こる可能性があります。

自己免疫疾患が原因で、リンパ球が誤って毛包を攻撃してしまうためにおこると考えられています。

症状の範囲が狭い時には自然に良くなることも多いですが、広い場合には適切な治療が必要になります。

長期にわたって髪の毛に負荷をかけることで起こる脱毛症です。

髪の毛を結わいたり、分け目をずっと同じにするなど、継続的に髪にダメージを与えてしまうことで起こります。

特定の場所ばかりでなく、ヘアスタイルを変えるなどで負担を分散すると防ぐことができます。

乾燥したフケが毛穴を塞いでしまうことで雑菌が繁殖して頭皮に炎症が起こり、髪の成長が妨げられることで起こる脱毛症です。

過度のシャンプーや不十分なすすぎ、パーマやカラーの刺激などで起こるとされています。

治療には医師の判断が必要ですが、刺激の少ないシャンプーで優しく髪を洗うなど余計な刺激を与えないことが大切です。

皮脂が毛穴を塞ぐことで雑菌が繁殖して頭皮が炎症を起こし、それが抜け毛を引き起こしてしまう症状です。

こちらも医師の判断が必要ですが、刺激の少ないシャンプー等で固着した皮脂を取り除くことが必要です。

自分の薄毛の原因は何かを特定することは、対策をする上ではとても重要です。

髪が細くなった気がする、地肌が目立つようになったなど薄毛が気になり始めたら、一度クリニックなどで専門医に診察してもらうことをオススメします。

薄毛で悩んでいる方はとても多いです。

男性で薄毛に悩まれている方は1200万人以上、女性でも600~1000万人とも言われ、成人男性の3人に1人、成人女性の10人に1人は薄毛で悩んでいるなどとも言われます。

性別を問わず普遍的な悩みになります。

現代はストレスが多く、食生活も加工食品などが多く乱れがちなせいか若い方でも薄毛に悩まれている方も少なくありません。

薄毛に関しては古くから様々な研究がされ、その治療法や対策が考えられてきたので、様々な知見があります。

今ではAGA(FAGA)や薄毛専門のクリニックもあり、病院で治療することも一般的になってきました。

前述したような生活習慣が影響して薄毛になっている可能性もありますが、なかなか素人では判断できず間違った判断をしてしまうかもしれません。

早期に発見して対策することは重要なため、医師に相談するようにしてください。

病院での治療法

AGA_画像名の画像

薄毛に対する治療法は様々ですが、もっとも一般的なものは薬の処方です。

治療の流れとしては <カウンセリング → 診察 → 血液検査 →薬の処方 → 経過の観察といった手順になることが多いと思います。

実際に治療に入る前にカウンセリングとして、現在の頭髪の状況や現状の悩みについてカウンセリングが入ります。

FAGAの病院での治療に関して代表的なものをあげました。

専門家とよく相談したのち、自分の症状や状況に合わせて適切な治療法を選ぶことをすすめます。

 

内服薬による治療

女性はAGAの治療などでよく用いられる「プロペシア」に代表されるフィナステリドを使用することができません。

特に妊娠中の女性の体内にフィナステリドが吸収されると、おなかの中の胎児に生殖器官の発達異常など悪い影響があると考えられます。

FAGAのメカニズム的にも、女性がフィナステリドをとっても効果はほとんどないとされています。

そのため女性向けの内服薬はあまり存在しませんでしたが、「パントガール」という治療薬が開発されました。

パントガールは毛髪や皮膚の組織を正常に維持する作用がある「パントテン酸カルシウム」、毛髪の主成分であるタンパク質の「ケラチン」、毛髪の主成分となるアミノ酸の「シスチン」、健康的な髪質を保つための「ビタミンB群」などの多くの栄養成分が含まる発毛促進効果のある薬剤です。

パントガールに含まれる様々な栄養素は毛根を活性化させることで、抜け毛の改善を見込めます。

サプリメントのような薬であり、効き目が穏やかな分、それほど即効性はありません。

3か月といった長期的な服用で効果が出てくる場合もあるので、長い目で見ることをオススメします。

ただし妊娠中や授乳中は注意してください。

外服薬としてはミノキシジルの使用がよく知られます。

ミノキシジルは「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果があると国から認められている薬品です。

このミノキシジル外用と上記のフィナステリド内用は「AGA(男性性脱毛症)診療ガイドライン」にてA判定つまり、つまり最も効果が期待できる治療法としても定められています。

それだけ安心感のある薬です。

これは日本皮膚科学会が出したもので、しっかりとした科学的根拠に基づいたAGAに効果があると見込める治療法をあげたものになります。

男性のAGA治療にも使われますが、FAGAの場合も効果を見込めます。

ただし男性用と女性用では濃度が違います。

男性用のものは女性用よりも濃度が高く、副作用の危険性があるので気をつけてください。

ミノキシジルは毛細血管を拡張させ毛乳頭に栄養分を多く届けるという効果があり、頭皮に直接塗布します。

毛髪の細胞に働きかけることで、毛髪の成長を促す物質が多く分泌されるように働きかけます。

ミノキシジルはあくまで壮年性脱毛症に関する脱毛に対して効果があるため、その他の原因による脱毛には効果が見込めません。

また副作用のリスクもないわけではないので、その点は注意が必要です。

ミノキシジルを含んでいる外用薬としてはリアップ が有名です。

育毛メソラピーは薬の服用でなく、直接頭皮の毛根に有効成分を含んだ薬剤を注入する医療技術のことです。

メソラピーという手法は以前からあり、医療薬を注射器等を用いて体内に注入し、種々の治療効果を得る医療手技のことを指します。

それを育毛に応用したものがこの育毛メソラピーになります。

注入する成分や注入法はクリニックによって異なりますが、「ミノキシジル」、「フィナステリド」、「ヒアルロン酸」、「銅ペプチド」などになります。

通常のAGA治療薬を塗布するよりも、毛根の部分に直接注入できるためより高い改善効果を見込めます。

AGAの初期でなく、中期、後期段階にある人だと受けることが勧められる治療法になるかと思います。

内服薬と違って直接作用させるために、その他の部分への影響が少なく副作用のリスクが少ないと考えられます。

AGA治療薬による治療に比べると高価ですが、AGAが進行してしまった方、内服薬や外用薬で効果が得られなかった、時間がかかっても確実に発毛させたい、植毛には抵抗があるなどにあてはまるような方であれば検討するのも良いと思います。

育毛剤の服用や外用と並行して行われることも多いです。

現在は注射針を使わない方法もあり、痛みをあまり伴わない手法もあります。

育毛成分であるミノキシジルによる血管の拡張効果などにより、頭皮が赤くなったり痒みがでるなどの副作用の例もありますが、事例としてはそこまで多くありません。

HARG治療は毛髪の再生能力を高めていく新しい治療法です。

幹細胞から抽出した、各種の成長因子を含むタンパク(AAPE)と、毛髪の成長をうながすビタミン類やアミノ酸が含まれたHARGカクテルと呼ばれる薬剤を頭皮に局所注入します。

それによって活動を停止した細胞にダイレクトに働きかけ、毛髪の再生及び成長を促します。

体質は一人ひとり違いますが、薄毛の状態に合わせて有効成分を調整することもします。

薄毛の治療は頭皮を改善し、新しい毛の発毛を促しながら育毛も行い、脱毛も抑制するとそれぞれを気にかけながら進めていかねばなりませんでした。

そのため複数の薬を同時に使用することも多かったのですが、ハーグ療法ではトータルでケアすることができます。

治療にはやや時間と回数もかかり高額ですが、その分発毛率は高いとされています。

HARG療法は比較的新しい治療法ですが海外では臨床例も多く、とくにこれまで難しかった女性の薄毛治療において、安全で効果的な方法と注目されています。

育毛メソラピーとの違いは注入する薬剤に成長因子が含まれているか否かという点です。

成長因子は毛髪を作る細胞に働きかけて、薄毛になる前の発毛状態を再現させることを目的としています。

再生医療であるために治療後も発毛が継続します。

最近では育毛メソラピーでも、注入する成分に成長因子が含まれることもありますが、HARG療法は日本医療毛髪再生研究会の認可を受けた病院でのみ受けられる治療です。

そして、指定されたHARGカクテルを用いて治療を行います。

参考:皮膚科でのAGA治療の内容と治療を行える病院

自毛植毛では患者自身の後頭部や側頭部の毛髪を、移植用の髪として使用することが多いです。

これらの部位の毛乳頭にはAGAの原因となるジヒドロテストステロン に対するレセプターが少ないです。

そのため他の部分の髪の毛よりも脱毛しにくいという性質があるからです。

移植した場所でも脱毛しにくいという性質を保ち続けるため、定着すれば生涯にわたって生え続ける可能性が高いためよく使われます。

人工の毛と異なり拒絶反応もなく、薬の使用などよりも即効性があります。

一度移植してしまえば通院の必要もなく、薬の副作用の心配もない点がメリットです。

しかし植毛はかなり高い技術が必要になります。

生え際だけ植毛することもできますが、形や密度を慎重に考えなければなりません。

直線過ぎたり、剃り込みが直角だったり、植え付けがまばらだったりすると、見た目に不自然になってしまうからです。

また薄毛はだんだんと進行していくもののため、植毛した部分の毛は元気に残るものの、その周辺が薄毛になってしまう危険性もあり、今後薄毛がどう進行していくかも予測しておかなければいけません。

総じて専門的な知識が必要になるので、多くの実績のあるクリニックや医師に診断を受け、様々なアドバイスを受けるなかで行うことをオススメします。

自毛植毛はAGA(男性性脱毛症)診療ガイドラインでもB判定を受けており、効果が高いとされています。

AGAの治療には基本的には保険が適応されません

育毛メソラピーやHARG療法は高価かつ時間も長くかかるので、辛いところかと思います。

理由としては、AGAの治療が厚生労働省が定めた医療保険の適応されるものに含まれていないからになります。

命にかかわる治療として見なされていないために、美容整形などと同じく対象外になってしまいます。

対処法としてジェネリック薬品を用いるというものもあります。

プロペシアのジェネリックとしてフィナステリドの「ファイザー」、ミノキシジルのジェネリックとして「ノキシジル」といったものがあります。

植毛やHARG療法と比較すると安価な薬による治療でも、長期間になるとかなり負担になります。

医師に相談のもと探してみてください。

また薄毛治療はほとんど保険適用外ですが、例外もあります。

FAGA(AGA)やその他の脱毛症は、精神的なストレスや病気などの影響で発症することもあります。

その結果治療を受けたということが認められると、医療費の控除に適応されます。

「AGAは自由診療だから医療控除費が適応されない…」などとあきらめずに、一度税務署に相談してみてください。

参考:AGA治療は保険適用外!?費用の相場と安く抑える方法まとめ

FAGA治療におすすめの病院

AGA_医者の画像

東京ビューティクリニック

★発毛満足率99.4%
★最寄駅から3分以内
★カウンセリング完全無料

_

特徴

女性のためだけに女性に特化した薄毛治療』を行うというコンセプトのクリニックで、内服薬や外用薬、オリジナルの発毛薬、育毛メソセラピー、植毛などさまざまな治療を受けられる専門病院です。

院内がとてもきれいで、落ち着いた雰囲気で受けられることも特徴です。

薄毛治療の実績も多く、安心して相談することができます。

東京では新宿、渋谷、銀座にありその他横浜、大宮、札幌、名古屋、大阪、福岡と全国展開しています。

東京ビューティークリニックの治療メニューは豊富です。

中でも、おすすめできる治療法は、Rebirth Lady(リバース レディ)です。

このリバース レディは、99.4%もの発毛実感を記録した発毛薬です。

リキッドとタブレットを同時に治療できるので、効果がより期待出来る発毛薬です。

費用

東京ビューティークリニックの費用は以下の通りです。

初診料 無料(初回)
血液検査 無料(初回)
リバースレディ 内服薬 1ヶ月;14,000円~21,000円
外用薬 1ヶ月14,000円~
育毛薬パントガール 5,000円

新宿メディカルクリニック

★女性の薄毛治療体験が3980円で受けられる!
30日間の全額保証返金保証付き!
★薄毛の悩みはお早めにご相談を

_

男性と女性の薄毛に関わる診療を主に行うクリニックです。

成長因子注入治療という先端的な治療を受けられます。

オリジナルの成長因子カクテルを頭皮下に直接注入することで、発毛を促進します。

他の院で行われるHARG治療や植毛治療と比較してリーズナブルに受けられることも利点です。

病院での治療以外の予防法

AGA_画像名の画像

日々の生活習慣も薄毛にかなりの影響を与えていると考えられます。

病院での診察や治療も大切ですが、食事や禁煙といった日常の暮らしを改めることも大切です。

生え際の毛が薄くなってきたら気をつけておきたい生活習慣をいくつかあげました。

特定の栄養素が不足してしまうと髪の毛にも影響が出ると考えられます。

バランスよい食生活が基本ですが、髪の毛の材料ともなる良質なタンパク質とその合成をサポートする亜鉛、ビタミンB群を摂取することが薄毛対策には重要です。

ビタミンB群は皮脂の過剰な分泌を抑える、タンパク質の吸収を促すことで髪の主成分であるケラチンの合成を促進する、細胞の新陳代謝を促すなど健全な毛髪づくりに大きく貢献します。

お酒

アルコールも毛髪に影響を与えます。

適度ならばそれほど問題はありませんが、飲みすぎは髪の毛に悪いとされています。

体内にアルコールが入った場合、肝臓がその分解に忙しくなってしまい、血液の循環が正常に働かなくなります。

結果として栄養素が行きわたらなくなったり、タンパク質の合成が阻害されてしまう可能性があります。

禁煙

タバコは体にとても大きなストレスをかけるために、薄毛や抜け毛の原因になってしまうことが考えられます。

タバコを吸うことで、ニコチンやタール、一酸化炭素といった有害物質が体に入ってしまいます。

それから細胞を守るために、体内に活性酸素が多く生じることで負担がかかります。

またニコチンやタールは末梢の血管を収縮させてしまうことで血液循環を悪くします。

これによって毛根に髪の成長に必要な栄養素が届かなくなってしまう危険性もあります。

薄毛のみならずタバコは様々な悪影響があるために、とくに生え際の後退が気になる方は控えた方がいいかもしれません。

睡眠の時間が不規則になってしまうと、毛髪の健康も損なわれてしまうといわれています。

睡眠不足は、成長ホルモンの分泌の低下を招きます。

成長ホルモンは髪や爪などの成長には欠かせないホルモンです。

質が高い眠りを十分にとることは髪の発育にも大切です。

なかなか難しいかもしれませんが自律神経の働きを考えると、午後11時から午前0時くらいに就寝し、午前6時から7時ごろに目覚めるのが理想的です。

参考:若はげ対策として今すぐできる3つの方法

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

その他の治療法

AGA_画像名の画像

基本的には医師の判断のもと治療を受けるのが確実だと思いますが、生活習慣の乱れから特定の栄養素が足りなくなってしまうことも薄毛の原因のひとつです。

FAGAの対策になるサプリメントや育毛剤をあげてみました。

FAGAはAGAと原因や症状が異なります。

5αリダクターゼによって生成されたジヒドロテストステロンが抜け毛を引き起こしてしまうメカニズムは共通していますが、女性ホルモンの減少なども大きく関わるため男性と必要な成分が変わってきます。

原材料名:ビール酵母、ミレットエキス粉末、デキストリン、亜鉛含有酵母、ツバキ種子抽出物、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、ケラチン加水分解物、植物醗酵エキス、酵母(ビオチン含有)、クロム含有酵母、セレン含有酵母、粉末油脂、銅含有酵母、黒梅エキス末、ヒアルロン酸ナトリウム、ヒハツ抽出物、プルラン、シスチン、タウリン、メチオニン、V.C、V.B12、貝カルシウム、V.B6、フラボノイド色素、葉酸  非常に多くの成分が含まれていますが、無添加で安心です。

副作用などの心配もほとんどなく体に優しいサプリメントです。

109種類にも及ぶ植物の酵素や各栄養素を含み、毛髪や頭皮によいだけでなく、健康を維持したり美容のためにも良いとされています。

ミューノアージュ

★使用満足度92.7%
美容液と育毛剤で頭皮にWアプローチ
無添加だから肌に優しい

_

女性ならではの薄毛の問題に対して、「頭皮を健やかに整える」と「太い髪を育てる」の2パターンのアプローチで強い髪の育成を促します。

育毛研究・技術の発想から生まれた新しいタイプの育毛剤です。

無添加ノンアルコールで体に優しいのも特徴です。

ベルタ

★毛穴や頭皮の奥まで浸透
ノンシリコンだから肌に優しい
★育毛成分が56種類も配合

_

ベルタ育毛剤は女性のための育毛剤になります。

抜け毛や薄毛の原因は男性と女性で異なり、出産によるホルモンバランスの乱れなど女性特有の原因もあります。

育毛や頭皮ケアに関する成分を56種類濃縮して配合し、毛穴の奥まで浸透することでハリやコシのある髪の発毛や育毛のサポートをします。

チャップアップ(CHAP UP)

無添加・無香料女性の方にもおすすめ!

_

男性向けの育毛剤というイメージも強いですが、チャップアップ育毛剤は女性でも使用することができます。

FAGAは女性ホルモンの分泌が少なくなることで、男性ホルモンの血中の濃度が高まるために起こりますが、チャップアップはそれを抑える効果が期待できます。

まとめ

AGA_画像名の画像

女性に起こる薄毛の症状(FAGA)について、AGAとの違いや生じてしまうメカニズムについてまとめさせていただきました。

言葉は似ていますが、AGAとFAGAは抜け毛に至るメカニズムや脱毛の症状も違うため対策も変わってきます。

薄毛が気になっている場合はひとりで悩まずに、一度病院でに相談することをオススメします。

いまは市販の薄毛対策商品もあるので個人的にも対策できますが、原因や対策を間違ってしまうと悪化してしまう可能性もあります。

今は成人女性の10人に1人が薄毛に悩んでいるとされ、女性の薄毛に関する治療を専門的に行っている病院もあります。

そのため首都圏を中心におすすめのクリニックも紹介させていただきました。

早期に発見して手を打てば、その分対策の効果も上がります。

いまは育毛メソラピーやHARG療法といった新しい薄毛の治療法もあるため、自分に合わせた治療法がきっとみつかるはずです。

病院にて診断を受けることが最も確実ですが、生活習慣を見直したり、サプリメントや育毛剤を使うことも一定の効果が見込めます。

そのため評判が高いサプリメントや育毛剤もその特徴と合わせて記載させていただきました。

多くの商品がネット上では見受けられますが、確実に安全が保障されていないものもあるので使用の際にはよくご確認ください。

東京ビューティークリニック

★発毛満足率99.4%
★最寄駅から3分以内
★カウンセリング完全無料
★初診料&血液検査費無料

_

ヘアメディカル

★たった2分で予約完了
★最寄りから徒歩5分
★カウンセリング無料<

_