ホーム >> AGAコラム >> 植毛 >> おでこを狭く、男女別植毛手術の費用相場を紹介

薄毛・抜け毛など ヘアトラブルでお悩みの方 薄毛対策まるわかりハンドブック 無料ダウンロード
更新日

おでこを狭く、男女別植毛手術の費用相場を紹介



AGA治療以外にも、植毛施術の需要が高まってきています。

今では、女性も植毛をする方が少なくはありません。

そんな植毛施術の費用相場など紹介していきます。

植毛施術をしようかなと考えている方は必見なので、参考にしてみてください!

  • すぐに治療をしたい方は植毛が一番!
  • 徐々に生やしていきたい方は育毛剤がおすすめ
  • AGAでおでこを気にしている方は内服薬もあります!
  • おでこの植毛は2種類も治療法がある

上記が今回の記事のポイントです。

広いおでこを狭くする植毛

画像名の画像

あなたは、「生まれつきおでこが広いのが気になる」または、「髪の生えぎわが薄くなったな」と感じますか?最近、以前よりも気軽に植毛を行う人が増えています。

植毛と聞くと、年配の人の頭のてっぺんや頭皮というイメージが強いかもしれません。

しかし、今は生まれつき人よりおでこが広いことを気にしている人や、M字のそりこみが多い人も多く受けている施術なのです。

現在、未成年~80歳代という、多くの幅広い年齢層の人たちが植毛治療を受けています

皆さんは、植毛クリニックに来る人たちはどのような人を想像しますか?私たちがイメージする、植毛クリニックに足を運ぶ主な人たちというのは30-50 歳代くらいの男性ばかりなのではという印象がありますよね。

近年は結婚の時期が遅い男女も多いうえ、なにより働き盛りで人に会う機会がとても多い時期ですから、当然といえば当然ですよね。

しかし、実際の国際毛髪学会の統計データによると、現在世界中で植毛を受けている割合は、20歳代の男女が約2割だと言われています

どうでしょうか、思ったよりも若い人が多いと思いませんか?20歳代で植毛を受ける人の多くは、生まれつきのおでこの広さを気にしている人や、けがや手術後に部分的に毛が生えない、という悩みから美容・見た目の改善目的で受ける植毛が多いのです。

特に女性の植毛の増えてきているというのが意外ですよね

男性型脱毛症(AGA)も、もちろんおよそ1~2割程度存在しています。

植毛・育毛剤・内服薬どれがいい?

AGA_画像名の画像

現在、おでこや頭皮に対して毛を生やすための効果的な方法は主に3種類と言われています。

それは「植毛治療」・「市販の育毛剤」・「クリニックでの内服薬治療」です。

ではいったい、植毛と別の治療法の効果や値段は、どんな風に違うのでしょうか。

それぞれのメリット・デメリットを医療的な観点から見ていきましょう。

植毛のメリットとは、確実な結果が長期間得られる、またプロフェッショナルのカウンセリングによる的確な診断により薄毛などの原因を解明した上で、それに基づいた適切な植毛治療を受けられるという点にあります。

その背景には、長い歴史の中でトップクラスの先進的な医療を多くの医師や研究者が日々我れ先に、と競っているという部分に基づいています。

医療としての植毛技術の歴史は長く、1800年代から今の地毛植毛の原形である、髪の毛がある部分の皮膚をない部分に移植する、という治療が提案され始めてきました。

実際に技術として行われ始めたのは19世紀からなので、はじめは「そんなのできるはずがない」と反対の声が大きかったことが想像できます。

なんといっても、医療としても行われてきた植毛ですから、一回で施術が完了することです。

毛の増毛や育毛を望む人が、目に見えてはっきりとすぐに満足を得られる結果を受けられる、数少ない治療法と言えるでしょう。

AGA治療などは、長い人で約3年ほど治療する方もいますが、植毛の場合施術は1回で完了します。

時間に忙しい人などは、植毛施術に向いている方かもしれません。

アイランドタワークリニック

★交通費全額返金!
無料でカウンセリング
★月8,500円~施術可能
(※医療ローン適用)

_

デメリットは、少しの薄毛であれば植毛に踏み切るハードルが高いこと・初期費用が他にくらべ高額で気軽に挑戦できないこと・数日間のダウンタイムがあること・徐々に変わるのではなく、突然印象が変化するので周囲に気付かれるおそれがあること、などがあげられます。

初期費用に関しては、60万から100万円ほど費用がかかる考えてください。

「植毛」という言葉自体におじさん臭い印象があって、若者や女性はクリニックに足を踏み入れるのにも勇気がいることでしょう。

また、植毛したことが周囲からわかってしまうのが嫌な人からすると、突然髪の少なかった部分に毛が増えることになるので、いつもおでこを出すヘアスタイルをしている人や頭の真上のつむじ部分の薄毛の人は、周りから絶対にばれないということは難しいと言えます。

植毛初期の皮膚には赤みがでることがあり、その部分だけが赤いと知人に指摘されることなどを気にする例もあるようです。

植毛治療のその前に、育毛剤を使ってみようと思っている方。

おそらく男性型脱毛症(AGA)を気にしだす30代男性なら、一生で一度は使ったことのある育毛・植毛関連の商品なのではないでしょうか。

1番身近な存在なのは、ドラッグストアで手に入る市販の育毛剤でしょう。

育毛剤は、CMや広告で見る機会が多いこと、また内容も男性の心にグッとくるような「グングン生える!」「早く効く!」という強いキャッチコピーも多く、誰にも言えないものの薄毛に悩む方からするとまるで救世主のような存在であることでしょう。

薄毛を気にしていることを人に指摘される前に誰にも知られず自分で治療が可能ですし、気軽に安価で試してみることが可能です。

もともとおでこが広い方も、ダメでもともと、1度くらい試してみたことがある人もいるかもしれません。

一番のメリットは、もしかして効くかも…という希望があること、気軽にトライできることです。

また安価なため、もし効かなくても仕方がないとおもえますし、それゆえにどの時代も、一定の売れ行きを保っているのです。

また、沢山の種類があることから「最初に購入したものはこの成分が入っていなかったから効かなかったのかもしれない」等、様々な商品を、選んで試してみるのも楽しみの一つとなることもあり得るでしょう。

結論から言うと、M字脱毛を含む男性型脱毛・おでこのが広くて悩んでいる人には、市販の育毛剤は、ほとんど効果がありません

男性型脱毛とは、ホルモンが原因で毛周期のサイクルに異常が起こり、正しく髪が育たないことから起こっています。

そして一旦異常の起こった毛包部は長い時間をかけてどんどん小さく細くなるため、太い毛をそこにまた生やすためには相当のパワーが必要になります。

また女性のおでこの広さに関しては、生まれつきなどの要因が大きいため、同様に女性用育毛剤を利用したとしても、劇的な効果は見込みづらいです

おでこが元々広く、毛のない部分に生やしたいという方も、育毛剤を塗ったらその部分だけ毛が突然グングン太く育ち始める、というのは難しいでしょう。

外からの刺激で毛根部分を簡単に変えることは、男性型脱毛症以上以上に強いパワーが必要です。

なにしろ、日常的に私たちが手にとれる育毛剤は、医師の監修のもと処方される医療薬ではありません。

たとえ効果的な成分が含まれていたとしても配合の割合が少ないのです。

目に見える効果があるということは副作用も強くトラブルも起こるため、それに対処・監修できる人間が必要になってきます。

プランテル

★なんと9,800円→6,980円!!
★へサイクルを保つケラチンサプリ付き!
(自動お届けコースの場合)

_

その中でも、あえて男性用の育毛剤あげるとすれば、厳選AGAがおすすめする育毛剤は、プランテルです。

この育毛剤は、市販の育毛剤の中で唯一とも言ってよい、M字に特化した育毛剤です。

この育毛剤は、6年以上の研究の結果から開発した育毛剤なので、効果は期待できるのではないでしょうか。

クリニックに通う時間がない方には、育毛剤と言う選択肢はいかがでしょうか。

また、この育毛剤は2018年にプランテルEXとしてリニューアル版も販売されています。

プランテルEX

★なんと13,800円→9,700円!!
★最高濃度のリデンシルが5%も配合!
★特許出願成分のペブプロミンaを配合!

_

プランテルEXは配合成分が豊富で、

●ミノキ系の発毛効果を凌駕するリデンシルを多く配合
●5aリアクターゼ阻害に効果を発揮!「特許出願成分ペブプロミンa」
●3種の発毛促進成分
●頭皮環境を改善してくれる23種の植物由来の成分
●体の内側から健康に!16種のアミノ酸

ここまでの成分が一本の育毛剤に集約されています。

この育毛剤は製薬会社との共同制作なので成分の配合バランスのほか、頭皮に悪影響を及ぼすようなものは一切配合しないなど、すべてが医薬品レベルの厳しい基準をクリアしています。

短期での劇的な効果は見込みづらいですが、植毛になかなか踏み切れない場合の選択肢として検討してみるのは良いのではないでしょうか。

クリニックで処方される内服薬は、後述の通り女性に対して利用できないケースが多いですが、男性型脱毛症(AGA)には医学的にも実証された効果があります。

臨床試験で高い効果があったことから、積極的にCMや広告で流すのを目にする機会も多くなりました。

思春期以降に増加する男性ホルモンの一部である「ジヒドロテストステロン(DHT) 」の影響で男性型脱毛症(AGA)が起こるという観点から、進行する薄毛のに対処するべく、ホルモンを抑える内服薬を服用するという治療です。

食事の有無に関係なく、1日1回・6ヶ月以上にわたって処方された薬を飲み続けるという方法で、結果を出すようです。

元々、前立腺肥大症の男性患者に処方した薬がなぜか多くの患者の、薄毛の改善につながったということが、この治療方法が発見されたきっかけです。

昨今、CMなどで有名になってきました。

クリニックで処方される薬剤は主に「ミノキシジル」・「フィナステリド」の2種類で、男性型脱毛症(AGA)の原因のひとつとされる、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制し、発毛サイクルを正常に促す効果があります。

実際に個々の脱毛の根本的な原因を含めて医師に相談を聞いてもらい、脱毛に関する知識を持つ医師の視点からの意見や、カウンセリングと監修のもと、安心して計画的に治療を受けられることは、なによりも安心感のあることです。

医療分野で実績のある、脱毛のメカニズムを解明された治療法として、体内のサイクル、システムそのものに働きかけ髪の毛を生やすということは、理にかなっているといえますし、「効果を感じた!」という人も多いようです。

女性は治療が受けられないこと。

※女性は、AGA治療ではなくFAGAの治療を指します。

生まれつきおでこが広い人への治療効果はないことが挙げられます。

そして男性型脱毛症(AGA)の人に対しては副作用として「性欲が減退した」「勃起不全になった」「仕事でやる気がなくなった」といった症状を感じる男性も多く、発毛効果を感じはじめてはいるものの治療を途中でストップしてしまうといった例もあります。

更に、この内服薬が女性の使用を禁止している点からもわかるように、これらの効果・副作用はすべてホルモンの変化からきています。

ホルモンは時に、精神等に時に影響を及ぼすデリケートな体内物質です。

ストレス等が原因でホルモンバランスが崩れることで、精神的に不安定になったり自律神経系に影響が出ることは有名ですね。

そのため、故意に薬によって体内のバランスを変えてしまうことは多少のリスクを伴うと分かった上での内服が推奨されます。

薬は頭皮にだけ働きかけるのではなく全身をめぐるため、長期的な服用によって起こる副作用については、医師自体確実なことはわからないまま処方しているというのが現在の内服薬治療です。

AGAスキンクリニック

✔費用:3,400円~/月
✔実績:発毛実感率99.4%
✔特徴:患者に合わしたオリジナルAGA治療

_

おすすめの植毛クリニック

次に、日本国内でおススメの植毛クリニックはどこか、見て行きましょう。

多くのクリニックは初回のカウンセリングが無料です。

Webサイトを見てよさそうでも、実際に病院に出向いて雰囲気を見たり、質問をして信頼できる施術者かどうかの見極めは大切ですよね。

アイランドタワークリニック

★交通費全額返金!
無料でカウンセリング
★月8,500円~施術可能
(※医療ローン適用)

_

  • 診療時間:10:00〜19:00
  • 休診日:年中無休
  • 院数:4院
    新宿院、名古屋院、大阪院、福岡院

新宿・大阪・名古屋・福岡に店舗あり。

日本一有名な毛髪治療クリニック

医師が植毛治療に専念できるようアドバイザーと医師が双方からサポートし、一度施術を受けたら終わりではなく、継続して相談にのってくれるという体制が人気の秘密のようです。

全国で植毛した6割以上の人がこのクリニックで治療を受けた実績があります。

というのも、個人だけでなく芸能事務所など会社ぐるみで受けている人が多いという理由からくるようで、技術力が高いゆえです。

費用は少し高額ですが、クレジットカードの数回払い・医療ローンが可能です。

以下の表は医療ローンした場合と他の施術との比較表です。

また、アイランドタワークリニックは、女性の方も施術を受けることができます。

施術別費用一覧
施術 月額費用
自毛植毛 8,500円~
AGA内服薬 6,000円~
発毛剤 7,000円~
増毛 10,000円~
育毛サロン 20,000円~

植毛の費用はどのくらい?

AGA_お金と電卓の画像

植毛は、健康保険の適用外の施術となり、自費診療となります。

そのため範囲にもよりますが、広範囲の場合は100万円以上と高額になることもあり得ます。

また、病院によってかなり金額は変わってくるため、クリニック選びは慎重に行いましょう

施術別(FUE法とFUT法)の費用相場に関しては、、FUE法の方が手間・時間・技術が必要になってくるため、5割~2倍ほど割高になると言われています。

そのため、もしも広範囲の植毛の場合は、FUT法一択となるでしょう。

こうしてみると割高に見えますが、一旦施術してしまった後に、再度追加で植毛しなければいけないなどの費用かかってくるということはあまりありません。

そしてメディカルローンの組めるクリニックもあることから、現実的な選択肢の一つとして考えることができるでしょう。

自毛植毛のFUE法・FUT法の施術費用の内約としては、クリニックにもよって様々ですが、シンプルな料金体系のクリニックであれば「手術料金+処置料金・薬代約1万円+消費税」といった費用になってきます。

M字のそりこみ部分の脱毛が30~35平方メートルほど進んでいる男性の場合(21,000株/10,000本)

  • *FUT法の場合:総額約65万円
  • *FUE法の場合:総額約90万円

M字のそりこみを埋めるメジャーな植毛方法です。

この場合は、まとまった植毛のできるFUE法が適しています。

また、この男性より範囲がもう少し広がった60~80平方センチメートルでの場合だと、治療費用は約100~110万円で、植毛密度は25~30パーセントほどアップすることが可能です。

さらに広い80~100平方センチメートルであれば、治療費用は約120~130万円となり、植毛密度は25~30パーセントほどアップすることになります。

範囲が大きければ大きいほど、埋めることのできる範囲は増え、金額的にはお得と言えるでしょう。

おでこの生え際ラインを1.5~2cm下げたい男性(10,000株/5,000本)

  • *FUT法(500株): 36万円
  • *FUE法(1000株): 63万円

広いおでこを狭く、生え際のラインを全体的に下げるするという場合も広範囲に植毛することになるためFUT方が適していますが、もともとのM字のそりこみの小さな範囲であったり、傷が残るのが嫌だという女性にはFUE法で施術が行われることも多くあります。

また、どちらの施術でも後頭部のくせの少ない毛が植毛されるので前髪の植毛部分だけが癖っ毛になってしまうなどという心配もありません。

この男性よりも更にもう少し大きな範囲で植毛を希望される人に対しては、30~35平方センチメートルであれば、治療費用は約60万円~70万円前後になります。

植毛の密度は35~50パーセントほどとになります。

1cm×4cmの傷あとがある女性(100株/50本)

  • FUE法:総額14万7,000円

傷あと・やけど・手術あとなどに毛が生えてこなくなると部分に対して、自毛植毛は効果的です。

傷あとなどには多くの場合皮膚のでこぼこや色素の変性があるケースが多いのですが、毛を植毛することにより、その部分を隠すということが同時に可能になります。

そのため、施術を受けた人は脱毛部分以外にも解決することが多いため、思っていた以上の満足度が得られることの多い植毛です。

子どもの手術跡に植毛の施術を受けさせたいと親の相談があるケースもあり、その場合は将来的に体や皮膚の成長とともに密度が下がることが予測されるため、中学・高校生ほどになってからの施術が推奨されます。

アイランドタワークリニックは、男女同様の金額と考えていただいていいでしょう。

まとめ

AGA_メリットの画像

おでこへの植毛治療には、数えきれないほど多くのクリニックと、多くの情報があふれかえっています。

施術をした方に「どうだった?」と聞きたいものですが、デリケートな部分であるからこそ聞きづらいですよね。

おでこは人から見える顔のど真ん中。

定着せずにまた薄毛になってしまったら、うまくいかなかったら…と不安になるのは当然です。

昔からおでこの広い人であれば、誰かに言われたことを心の傷としてずっと持っている人も多いでしょうし、毎日おでこを隠している後ろ向きな気持ちになる自分自身が好きになれない、身近な人にばれたらどうしよう、と感じている人は多いでしょう。

男性型脱毛症の人であっても同様です。

特に進行型のため、このままどうなってしまうのだろう、という心理的負担も大きいでしょう。

生活する中でも、朝のヘアスタイリング、トイレで鏡にうつる自分を見るとき、風の強い日中、毎晩の洗髪。

そのたびに自分で思う以上にストレスとしてあなたの中に蓄積していることでしょう。

植毛は、誰もが思う以上にシンプルな施術です。

自分らしく堂々といられると周りからは自信があって全く違う印象に映るものです

まずは一歩踏み出してみることです。

おでこへの植毛は、解決できない悩みでもなんでもないのです。

アイランドタワークリニック

★交通費全額返金!
無料でカウンセリング
★月8,500円~施術可能
(※医療ローン適用)

_