ホーム >> AGAコラム >> AGA・薄毛 >> AGAの薄毛の真実とは?

AGAコラム

公開日 2017.10.3
更新日 2017.10.3
AGAの薄毛の真実とは?
カテゴリ
Man-2087436_640

※ 2017.10.3 一部内容更新

ふと枕元を見たら抜け毛がたくさんある。シャワーを浴びている時にふと鏡の自分を見たら頭頂部がやたら薄毛だと気付く…。 多くの人が髪の毛の悩みを抱えているかと思いますが、髪の毛の悩みと言えばAGAです。

 

近年は「AGA」という言葉も定着しつつあるのですが、AGAについてまだまだよく分かっていない人も多いようです。 そこで改めて、AGAと薄毛の関係を見てみましょう。

 

 

 

 AGAのメカニズム

AGA_スーツのおじさんの画像

 

Androgenetic Alopecia。日本語にすると「男性型脱毛症」と呼ぶこの単語がAGAの正式名称です。 名前くらいは知っているという方も増えているようですが、AGAのメカニズムも見てみましょう。

 

 

AGA、いわゆる「男性型脱毛症」は体の中での減少が抜け毛や薄毛を促進させます。 5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素がテストステロンと結合。

 

これにより、「ジヒドロテストステロン(DHT)」へと変化します。 ジヒドロテストステロンこそ薄毛や抜け毛の「元凶」とも言うべきもので、ヘアサイクルを乱します。

 

人間には無数のように毛が生えていますが、それぞれにヘアサイクルがあります。 成長期、休止期、退行期。正常な毛は時間をかけてこの三つを通り過ぎていきます。

 

ですがジヒドロテストステロンはヘアサイクルを乱しますので、成長期の最中でありつつ休止期や退行期にしてしまうのです。 毛が成長しきっていないのに成長を辞めて休止したり退行してしまうのです。

 

AGAで悩まされている患者の抜け毛を見ると、髪の毛が細くなっていることに気付かされます。 自分自身でも気付いていない人が多いのですが、髪の毛が細くなっていることこそ、ヘアサイクルの乱れでもあります。

 

本来であれば、そこから太く成長し、成長が終われば抜けていくのですが、ジヒドロテストステロンによってヘアサイクルが乱れていることによって、成長段階にありつつも成長が強制的に終了し、抜けてしまうので抜け毛を見ると毛が細いのです。

 

また、生えている毛も太くはなく、細いので薄毛が顕著になっていくのです。

 

参考:毛根から抜け毛の原因を分析!今すぐできる抜け毛・薄毛診断

参考:ストレス抜け毛にありがちな毛根と治療法

 

自分自身でも薄毛だと実感している人は、それなりに毎日育毛対策を行っているのではないでしょうか。 スカルプシャンプーなど、頭皮環境を改善してくれるであろうシャンプーを使うなど、頭皮を清潔に保とうと努力している人も多いようですが、AGAは先にもお伝えしたように、体の中の話になります。

 

そのため、残念ながらどれだけ頭皮の状態が良いとしても、毛穴の中が綺麗でもAGAはやってきます。 最近の育毛シャンプーにはオウゴンエキスなど5αリダクターゼの働きを抑制するものもあるのですが、5αリダクターゼやテストステロンに対してのアプローチがないシャンプーでは、AGAを防ぐことは出来ません。

 

ではスカルプシャンプー等を使用して頭皮を清潔に保っても意味がないの?と思うかもしれません。 この点に関しては「無意味」とは断言出来ません。頭皮環境を保つだけではなく、AGAに対してのアプローチを掲げているシャンプーもありますし、AGA治療でも頭皮の血行促進が大切なので、決して無意味ではありません。

 

 

 AGAだと自覚するために

AGA_本当??の画像

 

AGAは男性にとって良いものではないのは紛れもない事実なのですが、一方で決して「不治の病」ではありません。

 

医療の進歩により、AGAは治療出来るようになっているので、正しい治療をすればAGAは決して怖いものではないのですが、大切なことがあります。

 

それは自分がAGAだと気付くことです。AGAの怖い所は、ヘアサイクルは乱れるものの、体調そのものに悪影響を及ぼすものではないので、風邪や怪我のように自覚出来ないのです。

 

そのため、AGA治療の肝は自分がAGAだと気付き、早い段階で治療を始めることです。 ではどこでAGAだと気付けるのでしょうか。

 

 

いわゆる遺伝や体質は、自分自身がAGAなのではないかという大きな「ヒント」をもたらしてくれます。 親族にハゲがいる場合、悲しい言い方をすれば「ハゲになる素質が自分にもある」のです。

 

ハゲの全てが遺伝や体質ではありませんが、ツルツルの人や、あるいはまだまだ若いのに薄毛だなと感じる場合、AGAの可能性が非常に高いです。

 

毛深い

毛深い男性はAGAの可能性がとても高いです。 毛深さは男性ホルモンに起因する問題です。AGAのメカニズムは先にもお伝えした通りですが、還元酵素である5αリダクターゼがテストステロンと結合します。

 

テストステロン、そして5αリダクターゼ共に誰もが持っているものです。 AGAになるかどうかは、それらが活性化しているのかどうかにかかっているのですが、活性化している人はいわゆる「男らしさ」が出ます。

 

そのため、毛深い男性は5αリダクターゼとテストステロンが活性化し、ジヒドロテストステロンへと変化する可能性がとても高いのです。

 

かつて髭が濃い男や胸毛が生えている男はハゲるといった都市伝説がありましたが、実はこれらは決して都市伝説とは言い切れないのです。

 

頻尿

「?」と思うかもしれませんが、メカニズムは毛深さと同じです。 5αリダクターゼやテストステロンが活性化すると、「男らしさ」が出てしまいます。 その一つに前立腺肥大が挙げられます。

 

前立腺がんは男性しか罹らないことからも分かるように、前立腺そのものが男性の体にしか存在しません。 この前立腺もまた、男性ホルモンの働きに左右されるもので、前立腺肥大が進むと尿道を圧迫。

 

それにより、尿の際の出が悪いのです。 若い時は「寒いからかな」と思うかもしれませんが、前立腺の肥大によって尿道が圧迫されますので、尿が溜まっているのに、出が悪い。

 

結果、残尿感を覚えるのですが、この原因とAGAの原因は、同じ男性ホルモンなのです。 詳しくは後述しますが、AGA治療薬であるフィナステリドは元々は前立腺肥大症のための治療薬だったことが、この事実を証明しています。

 

 

日々の生活の中でAGAなのではないかと思われることもいくつかあります。 何となく当てはまっているのであればAGAの可能性がとても高いです。

 

ふと抜け毛を見た時、何となく細いなと感じるのであればAGAの可能性がとても高いです。 AGAは髪の毛のヘアサイクルを乱しますので、毛が細くなるのも特徴です。

 

他の原因であれば髪の毛はそのまま抜けますがAGAだと成長していない髪の毛も出てくるので、細い抜け毛が増えるのです。 特に後頭部の毛と比べてみると良いでしょう。

 

後頭部は男性ホルモンの影響が出にくい部分です。 世の中にはハゲは多いですが、後頭部までまったく髪の毛がない人は少数派です。 つまり、AGAの影響が少ない部位になりますので、後頭部の髪の毛と比べて明らかに細い場合、AGAの可能性があります。

 

こちらも毛が細くなっているために起きる現象です。 いつも通りのスタイリングをしているつもりなのに、しっかりと決まらない。 これもまた、毛が細くなって薄毛になっているからです。

 

薄毛になるということは、単純に毛の質量が違いますので、以前と同じスタイリングをしても決まらないのは当然です。 以前のスタイリングは、いわば「毛が太い時にマッチするスタイリング」になりますので、毛が細く、薄毛になりつつある状況ではスタイリングが決まらないのもある意味では当然です。

 

何となく寝ぐせが付くようになったり、あるいは寝癖がよりダイナミックになっていると感じる場合もまた、AGAの可能性が高いです。

 

これもまた、髪の毛が細くなってしまい、いわゆる「軟毛化」が起きているのです。 髪の毛云々ではなく単純な話として、太いものより細いものの方が柔らかいので、寝ぐせも付きやすくなってしまうのです。

 

寝ぐせだけを見て「AGAかもしれない」と思うのは難しいとは思いますが、それまでとは比較にならないほど、寝ぐせが激しくなっているのであれば、AGAの可能性がたかいです。

 

 

体質や遺伝・さらには自覚することも「AGAの可能性が高い」とまでしか分からないことです。これらすべてに当てはまっているとしても「AGAの可能性が高い」とまでしか言えません。

 

確実にAGAなのかどうかを調べるためにはAGA治療を行っているクリニックに足を運ぶと良いでしょう。

 

AGAクリニックは近年増加傾向にあるのですが、AGA治療のための専門クリニックになりますので、様々なAGA治療のノウハウを持っています。

 

但し、それらはAGA治療に有効なものであって、AGA患者でなければあまり有効ではないものもあります。

 

そのため、AGA治療の一歩目はまずはAGAなのかどうかを調べることになるのですが、基本的には血液検査が多いです。 血液検査によって様々な数値をチェック出来ますが、その中のAGAに関する項目が反応しているようであればAGAだと診断されるでしょう。

 

 

 AGAは治療出来ます

AGA_秘密の画像

 

AGAを知れば知るほど「ではどうすれば良いのか」という気持ちになってしまうかもしれません。 ですが先に少し触れたように、AGAは決して不治の病ではありません。

 

かつてはハゲてしまうのは体質の問題であって、受け入れるしかないと思われていました。 どれだけ薄毛になっても諦めるしかないものでしたが、今ではAGA治療は確立されています。

 

 

AGA治療の基本はフィナステリドです。 フィナステリドによって5αリダクターゼの働きを抑制。 先にも少し触れたように、フィナステリドは元々は前立腺肥大症の治療薬として誕生したのですが、臨床実験等により、AGAにも効果があると突き止めたのです。

 

それにより、AGA治療の際、用いられることになりました。 5αリダクターゼの働きを抑制しますので、飲み続けることによってヘサイクルを正常に戻します。

 

それまでは途中で成長を終えてしまっていた髪の毛が、しっかりと成長しますので薄毛が改善されていくのです。 ちなみにフィナステリドは医薬品です。効果が期待出来るかもしれない医薬部外品でありません。 そのため、効果に関する様々なデータがありますので、安心して服用出来ます。

 

フィナステリドのことを調べたり、あるいは育毛剤のホームページを見ていると「フィナステリドは副作用がある」と語られています。 これは事実です。

 

医薬品である以上、副作用は避けて通れません。 ですがフィナステリドの副作用は承認時の国内臨床試験で4.3%。この数字を高いとみるか低いとみるかは各々次第ですが、リビドー減退が1.1%。勃起不全が0.7%。

 

その他の症状もいずれも1%未満となっています。 数字としては低いものの、0%ではないと不安だという人もいるでしょう。

 

参考:知らないと怖いAGA治療薬の副作用と抑え方

参考:薄毛よりも怖いフィナステリドの3つの副作用

参考:プロペシアとミノキシジルの違いと効果が出始めるまで

 

フィナステリドはAGA治療薬として薄毛の改善に役立ってくれるでしょう。 ですが、勘違いしている人も多いのですがフィナステリドは育毛薬ではありません。

 

いわば抜け毛改善と言った方が良いでしょう。ヘアサイクルを正常に戻すので、それまで途中で抜けていた毛がしっかりと成長します。

 

そのため、毛が増えたかのように錯覚するのですが、毛が抜けてしまう力と、生えようとする力は別と考えると分かりやすいでしょう。

 

薄毛になるのは生えようとする力が損なわれるのではなく、抜けていく力が強いので毛が細くなり、薄毛となるのです。 そのためにフィナステリドによってヘアサイクルを改善し、抜け毛を防止。一方、毛を生やす力を補助してくれるのがミノキシジルです。

 

先にフィナステリドが前立腺肥大症のための治療薬だったものの、AGAに効果があることが確認されたのでAGA治療薬になったとお話しました。 ミノキシジルも同じで、元々は血圧降下剤として用いられていました。

 

血圧を下げるために、血流を増やす。血管を拡張し、血流を増やすことによって血圧を下げるというものでした。 ですが血流を増やすことによって、発毛が確認されたのです。 そのため、AGA治療薬として用いられるようになったのです。

 

ミノキシジルにはスプレーのように塗って使用するものと、タブレットタイプの二種類があります。 外用薬か内服薬かの違いなのですが、効果が高いのは内服薬と言われています。

 

内服薬のミノキシジルの場合、全身の血管拡張効果を促進。それにより、全身の血流を増やします。 一方、外用薬のミノキシジルは薄毛が気になる部分に塗ることで、薄毛が気になる部分の血管を拡張。

 

その部分周辺の血流を増大します。 両者の特性を考えると、内服薬のミノキシジルの方が効果が高いのは一目瞭然化と思いますが、一方でどのように毛が生えるのか分からないという特徴もあります。

 

外用薬の場合、毛が生えて欲しい所にのみ塗りますので、その周辺から毛が生えるとある程度計算出来ます。 ですが内服薬の場合、全身の血流が増大しますので、全身の体毛が濃くなったという症例も報告されています。

 

とにかく体の他の部位なんて気にしていられないくらい発毛力を求めているなら内服薬。 多少の薄毛で悩んでいる程度であれば外用薬といったように使い分けるのも良いでしょう。

 

 

 やはりAGAはクリニックの方が良いのか

AGA_画像名の画像

 

AGAがどのようなものなのかや、AGA治療の際に用いる医薬品のことが分かっても、やっぱりしっかりとした医師に相談して治療したい。

 

そう思っている人にとってはやはりAGA専門のクリニックの方が良いでしょう。 ですが、AGA治療は専門のクリニックだけで行われているものではありません。 ここでは治療を受けられる場所の特徴をチェックしてみましょう。

 

 

やはりAGAと真剣に向き合うのであれば一番のお勧めになるでしょう。 抜け毛や薄毛対策ではなく、あくまでも「AGA治療」専門になります。

 

治療に関しても投薬のみならず、栄養を頭皮に直接注入するなど、様々な方法があります。 特に症例が豊富なので、どのような状況なのかも分かります。

 

基本的にAGA専門のクリニックにデメリットはないのですが、強いてあげるとすればでしょうか。 大都市や繁華街であればAGA専門クリニックは決して珍しくはなくなりつつあります。

 

ですが地域によっては近くにAGA専門のクリニックが見当たらないケースもありますので、その場合は治療を受けるために遠方まで足を運ばなければならなくなります。

 

 

こちらでもAGA治療を行っている所があります。 美容外科は人間の外見を整えてくれるクリニックになりますので、頭皮や頭髪という外見もまた、専門分野と考えてよいでしょう。

 

ですが決して体の外側からのみアプローチするのではなく、投薬によって体の内側からAGA治療を行いつつ、独自のメソッドによって体の外側からもアプローチを行い、AGA治療を行ってくれています。

 

美容クリニックでのAGA治療にはさしたるデメリットは見当たりません。 強いてあげればAGA専用のクリニック同様、近くにあるのかどうかです。

 

また、美容外科は医師の力量によって左右されますが、AGA治療はそこまで高度な治療ではありませんので、医師の力量の差が出る程ではありません。

 

 

最近ではAGA治療の広がりを見せていますので、町医者でもAGA治療を診療科目に加えている所が増えています。 立地という点ではある意味最もありがたいのではないでしょうか。

 

もちろんすべてではありませんが、皮膚科などではAGA治療を行っているところも増えています。

 

参考:皮膚科でのAGA治療の内容と治療を行える病院

 

デメリットがあるとすれば、そこまで専門的な治療を行っている訳ではなく、あくまでもフィナステリドを処方するだけど、軽いものであって専門的な治療を行っている訳ではないところが多いです。

 

フィナステリドの処方はするものの、それ以上のことを求めるのであれば専門クリニックに行ってくれというスタンスの所も多いので、立地面以外のメリットはないでしょう。

 

また、フィナステリドの料金も高めに設定されていますので、とにかく薄毛のおかげでAGA治療を受けたいとは思っているものの、自宅や職場の周辺にAGA治療を受けられる所が見当たらない人以外は、そこまで大きな存在ではないかもしれません。

 

一方、ある程度治療も一段落し、後はフィナステリドを処方してもらうだけで十分という人にとっては良い選択肢です。

 

 

 植毛もAGA治療なの?

AGA_〇と×の画像

 

植毛といえば自分の髪の毛を植えるものであって、AGAとは関係ないと思うかもしれません。 ですが、近年は発毛効果をより高めるのであれば植毛も選択肢の一つとして確立されているのです。

 

 

薄毛で悩んでいる人にとって、植毛はどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

近年の植毛は自分の後頭部の皮膚と薄毛の部分に移植。 これにより、毛を増やすというものですが、増やすのみならず、成長因子を損ねないように移植しますので、移植した部分からは毛が生えてきます

 

しかも先に少し触れたように、後頭部は男性ホルモンの影響を受けにくい部分です。 そのため、後頭部は薄毛の影響を受けにくいので、頭頂部や前頭部が薄毛ではあっても、後頭部はそこまで薄毛ではない人もいます。

 

そのような人は、後頭部の太くて強い毛を薄毛の部分に「移動」することになりますので、薄毛で悩んでいた部分も皮膚に馴染み、後頭部のような太い毛が生えてくるのです。

 

かつて植毛と言えば、どうしても大掛かりなものになってしまいました。 料金はもちろんですが、医師の負担もそれなりのものでしたので治療費。

 

さらには頭皮への負担など、都合よく「毛だけを移動しました」とは言えないものでした。 ですが近年は医療の技術も高まっています。 そのため、日帰りでの植毛治療を行っている所もあるのです。

 

 

メリットだけではなく、デメリットも見てみるとしましょう。

 

料金

ずばりこれでしょう。 むしろ唯一のデメリットと言っても良いかもしれません。 かつてと比べれば安くなっているのは間違いないのですが、それでも通常のAGA治療と比べれば高いです。

 

頭皮への親和性や、その後の成長を考えると、一概に高いとは言えないのですが、費用対効果の面ではなく、単純な額面として「高い」と感じる人は多いでしょう。

 

どれだけ素晴らしいと分かっていても、その額をポンと出せるのかという問題もあります。 植毛に興味はあるけど、お金のことを考えたらやっぱりフィナステリドとミノキシジルで薄毛を改善しようと考える人がいても決して不思議ではありません。

 

立地

AGAクリニック同様、植毛も増えつつあるのですが、それでもまだまだ「身近」とは言えません

 

中には交通費を負担してくれるようなクリニックもあるのですが、全体的には少ないので、都市部や繁華街にお住まいであれば良いのですが、植毛を行っているクリニックまで移動の手間だけでもそれなりにかかるという人も多いでしょう。

 

 

 まとめ

AGA_メリットの画像

 

薄毛のすべてがAGAとは断言出来ません。 一方、AGAの可能性が高いのもまた、事実です。AGAはよく分からないとどうしても恐怖心や不安も出てくるでしょう。

 

それでも近年、AGA治療は広く普及しつつありますし、治療法そのものは確立されています。自分の薄毛がAGAに起因しているものだと分かれば、治療によって改善できる可能性が高いので、まずは自分がAGAなのかどうかから確認してみるとよいでしょう。

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

AGAスキンクリニック

【12月25日まで無料キャンペーン!!】
今なら、初診料  5,000円 → 0円
血液検査 20,000円 → 0円
さらに、「Balumoシャンプー&トリートメント」のサンプルプレゼント!!
※各院先着20名様限定、なくなり次第終了※  

            公式サイトへ          

↓関東の方はこちらから↓

mensPCの画像

新宿メディカルクリニック

*短期で効果が実感!
*無料でカウンセリング!
薄毛治療の効果が見られなかった場合...
   治療費用を全額返金制度実施中

            公式サイトへ