AGAコラム

公開日 2016.7.18
髪型や睡眠にも気をつけたい、薄毛の人の生活習慣
カテゴリ AGA・薄毛の対策
%e5%8e%b3%e9%81%b8aga%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a09

薄毛の悩みと言えば、男性に特有の症状と思われがちですが、最近では女性でも髪が薄いことに悩む人たちが増えています。女性はおしゃれに気を遣うぶん、シャンプーを頻繁にしたり、カラーリングやパーマ、髪型のアレンジなどで髪の毛にダメージを与えてしまうことが関係しています。また、こういった直接のダメージだけでなく、ストレスや不眠といった普段の何気ない生活が薄毛の隠れた原因となっていることもあります。

スポンサーリンク


 日本では3人に1人が薄毛に悩んでいる

AGA_3人の男性の画像

 

最近何かと話題になることの多いAGAという言葉を、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。AGAというのは、男性型脱毛症のことで、日本人男性のうち約3人に1人がこの症状にかかっていると言われています。主に前髪の部分や頭頂部が薄くなることが特徴で、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種が関係しています。芸能人やモデル、スポーツ選手などでも髪が薄いことに悩んでいる人は多く、薄毛であることを公表しながら活動している人たちもいます。

男性ホルモンと聞いて、女性はかからない症状と思われる方もいるかもしれませんが、じつは女性でも薄毛になることがあり、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれる病気にかかることもあります。AGAとは異なり、部分的な薄毛ではなく、頭部全体の髪の毛が薄くなっていく症状が見られます。とくに、女性ではストレスなどから体のホルモンのバランスが崩れやすく、きれいな髪を保つためには、ヘアケアだけでなく健康な生活を心がけることが欠かせません。

参考:若はげ対策として今すぐできる3つの方法

参考:頭皮環境のチェック法と2つの正常化・改善方法

 

 こんな人は要注意!

AGA_注意の画像

 

仕事でPC画面を見ていることが多い、辛い物やコーヒーなどの刺激物を摂ることが好き、髪を染めたりパーマをかけているといった普段の生活が、薄毛に関係していることもあります。とくに煙草を吸う人は、煙草に含まれているニコチンが血管を収縮させて、頭皮の血行を悪くしてしまうので注意が必要です。

また、コーヒーや刺激物を摂りすぎることも、血液の循環を悪化させる原因になります。普段からパーマをかけたりブリーチをしていると、髪の毛だけでなく髪を作り出す毛母細胞や頭皮にまでダメージを与えてしまうことになるので、髪が薄い人は、こういった日常生活にも気をつけることが大事です。

PC画面を見ることが薄毛に関係していると知って、驚かれる方もいるかもしれません。これは、モニタを見続けることによって眼精疲労になりやすく、首すじや目の周りの筋肉を硬直させてしまうことに由来しています。筋肉が固くなると、頭皮にはりめぐらされている毛細血管が圧迫されて、髪の根元にある毛母細胞に十分な栄養が届かなくなり、薄毛を招いてしまうのです。

※辛い物やコーヒーは育毛を促進するという説もあるため、必ず控えなければいけないという意味ではないということをご留意ください。なによりも、偏った食事をしないことが薄毛をはじめ、健康になるための手段であるとご認識ください。

 

 

 女性でも薄毛の人が増えてきている

AGA_3人の女性の画像

 

女性で髪が薄いことに悩んでいる人では、髪全体が薄くなったり、つむじの部分や髪の分け目が薄くなるという傾向が多く見られます。
とくにロングヘアにしている人では、頭皮がつねに引っ張られているために負担がかかりやすく、まだ十分に成長しきっていない髪の毛が抜け落ちてしまう原因になります。髪をゴムなどで止めている人も、毛根に強い力がかかって抜け毛や薄毛につながりやすいため気をつけましょう。
また、ホルモンが関係しているAGAやFAGAでは、不規則な生活や体内環境の乱れなども薄毛の症状を進行させてしまう要素の一つです。女性では、過度のダイエットやストレスで眠れないといった精神的な不安が、ホルモンバランスを崩したり、体内循環を悪くしてしまうことがあるので注意が必要です。ピルなどの薬物を飲みすぎることも、女性ホルモンのバランスを乱して薄毛につながることがあります。

 

 薄毛が隠せるヘアスタイル男性編

AGA_男性の髪型の画像

 

髪が薄い場合、髪型をどうするかでも悩んでしまいがちですが、そんな時には髪の毛の薄さを目立たなくさせたり、逆にアピールポイントの一つにしてしまう方法があります。男性では、髪の毛が薄い場合には思い切って髪を切ってしまうと薄毛が目立たなくなります。とくにソフトモヒカンやオールバックなどの髪型では、薄さが気になる部分であるおでこを強調することで、薄毛をヘアスタイルのなかに溶け込ませることができます。また、ツーブロックのようにサイドを刈り上げる髪型では、自然な短髪として仕上げることが可能です。

もみあげや髭などを剃り残して、ワイルドさをアピールするといった表現方法もあります。薄毛の男性のヘアスタイルでは、無理に薄毛を隠して不自然な髪型にならないことが決め手です。前髪を下す場合には、ゆるやかなカーブをつけるとM字部分の薄さを隠すことができます。

 

 薄毛が隠せるヘアスタイル女性編

AGA_美人の髪型の画像

 

髪が薄い女性は、髪や頭皮に負担をかけるような髪型は避けたほうが良いでしょう。極端なロングにしていたり、おだんごやポニーテールのように髪を結んでいると、抜け毛を進行させてしまいますから注意してください。

薄毛の女性は、全体的に髪の毛の量が少なくなっていることが多いですから、髪全体をふっくらとさせる髪型が似合うことがあります。マッシュショートやゆるカールは、見た目が軽くなり薄毛を目立たなくさせます。レイヤーを入れて髪の毛を不揃いにし、ボリュームを上げるという方法もあります。

また、薄くなっている部分で髪の毛をまとめたり、ターバンやヘアアクセサリーなどで抜け毛が気になる部分を覆ってしまうこともできます。ロングヘアよりはミディアムくらいまでの長さにして、毛先にアクセントを持たせるような髪型であれば、髪の毛の薄さが強調されません。頭頂部が薄い人では、前髪を後ろに流して三つ編みにしたり、ヘアバンドなどでゆるやかにまとめるのも効果的です。

 

 まとめ

AGA_まとめの画像

 

髪の健康を保って薄毛にならないようにするには、やはり普段からのこまめなケアが大切です。毛穴に皮脂が残っていてフケなどが生じていると、頭皮が炎症を起こして抜け毛や薄毛の要因となりますから、あまり刺激の強くないシャンプーを使って毛穴の汚れをしっかりと落とすようにしましょう。トリートメントを使えば、髪の内部まで浸透して、傷んだ部分や枝毛などを補修することができます。

また、睡眠をしっかりとることや、バランスの取れた食事をして、ストレスのない生活を心がけることも薄毛を防ぐポイントです。

 

どうしても自分では薄毛の対策がわからない、自分に合った治療を受けたい、という方は、本サイトの病院検索からAGA治療のプロを探すことをおススメします。間違った方法で対処してしまうと、悪化する可能性があるため、まずは、病院を探すところから始めましょう。

↓関西・名古屋・九州その他の方は↓

AGAスキンクリニック

【業界最安値に挑戦!】月4,200円~薬で手軽に治療を。多くの患者様が納得した発毛実感率99.4% !全国45院(提携院含む)の大規模AGA治療クリニックです!



AGAスキンPC公式サイト

 

 

mensPCの画像 ↓関東の方はこちらから↓

新宿メディカルクリニック

来院した方の多くが短期間で発毛を実感しています。1カ月で効果が感じられる方も!無料でカウンセリングもしてもらえます。左の画像をクリックすると公式サイトに飛べます。ぜひチェックしてみて下さい!


mensPC公式サイト

 

 

スポンサーリンク